*

滋賀県彦根市のお肉屋さんの天然ふわふわかき氷が食べられる「小西精肉店」

公開日: : 最終更新日:2018/08/19 スイーツ , ,

こにし本店

滋賀県彦根市には何とお肉屋さんがかき氷を販売しているお店があります。それは彦根城の近くにある小西精肉店本店です。お肉屋さんのかき氷だからっておまけのようなかき氷ではありません。それはもう本格的なかき氷専門店で提供されるようなふわふわかき氷なのです。かき氷が食べられるお店は滋賀にもたくさんありますが、天然かき氷が食べられるのは滋賀県でここだけです。

小西精肉店へのアクセス

JR 彦根駅からも彦根城からも徒歩約15分ほどかかります。彦根城観光がてらはちょっと遠いですね。このあたりは滋賀県彦根市でも銀座と呼ばれる場所です。古き商店街が並んでいます。

konisi4

この古き町並みの奥に小西精肉店があります。

駐車場について

konisi3

小西精肉店のちょっと手前(西側)に5台分ほど停められる専用駐車場があります。近江牛の旗が目印です。

konisi2

また、手前(西側)の交差点には1時間100円のコインパーキングがあります。こちらの方が広くて駐車台数も多いのでこちらに停めても良いでしょう。

天然かき氷とは?

氷なんて全部天然なんじゃないの?と思われるかもしれません。天然氷とは、冷凍庫などで冷やして凍らせたものではなく自然の寒気でゆっくりと凍らせた氷です。水はゆっくりと時間をかけて凍らせると不純物のない純度の高い氷ができるのです。冷凍庫で作った氷は中心が白く濁ったようではないでしょうか?それは、水の中の不純物も一緒に凍ってしまった為です。ゆっくりと凍らせた氷は本当に無色透明です。この無色透明の氷を個人で作るには難しく、世に氷屋さんがある理由です。

小西精肉店では日光の大人気甘味処「松月氷室」から天然氷を直接取り寄せ、6月~9月の土日祝のお昼のみお肉屋さんでありながら天然かき氷を提供しています。

彦根で食べる天然ふわふわかき氷

かき氷の販売がスタートするのは土日祝の13時からです。その時にはもう既にかき氷を求めて2人ほど待っていました。下町のお肉屋さんにかき氷を求めて列が…少々異質な光景ではありました。

かき氷メニュー

konisi5

かき氷は500円~700円です。いちご、メロン、レモンなどの定番は500円、果汁入りのかき氷は600円、果肉がのった高級かき氷は700円となっています。

お店の中にはわずかながらかき氷を食べる為の席も用意されています。うーん、近江牛のショーケースを眺めながら食べるかき氷。こんな経験は初めてです。

白桃かき氷

白桃かき氷

かき氷のシロップとしては珍しい白桃かき氷(600円)を注文しました。これはいろいろ味を誤魔化したシロップではなく桃そのものの味がしました。やはり果汁が入っていますからね。高さは18cmほどあるでしょうか。結構大きなかき氷です。

お肉屋さんのかき氷

日光の天然氷の塊を薄くスライスして作られたかき氷は本当にふわふわでスプーンで楽にすくえるほどです。冷凍庫の氷を粉砕して作ったかき氷とはわけが違います。薄くてふわふわできめ細かく、口の中でふわっと溶けます。お肉屋さんのかき氷ですが、アイスモンスターや岐阜のかき氷の名店「赤鰐」に比肩するほどの上質なかき氷だと思います。東京や岐阜、大阪へ行かなくてもふわふわかき氷が彦根でも食べられますよ!

konisi8

お肉屋さんですから、コロッケやメンチカツなどお惣菜も売っています。近江牛コロッケが60円、メンチカツが100円です。かき氷を食べて冷えてしまったら、出来立てコロッケを食べるのも一興です。

おわりに

有名かき氷店は夏場は行列ができるほどでゆうに2,3時間は並ぶ事もあります。岐阜の赤鰐あたりはまさにソレです。

開店前から大行列!かき氷の名店、岐阜の「茶屋赤鰐」は並ぶ価値ありだった
岐阜のかき氷の名店と名高い「茶屋赤鰐」へ行ってきました。いつも行列ができる程と噂では聞いていましたが、6月ならかき氷を求める人は程々だろうと思いながら余裕ぶっこいて開店15

彦根のお肉屋さんのかき氷「小西精肉店」はかき氷を食べるなら穴場スポットだと思います。本格天然かき氷、彦根に観光に来たならぜひチェックしてみてください。かき氷は9月末の最終土日までです。

お店情報

小西精肉店本店
住所:滋賀県彦根市河原2-3-5
営業時間:かき氷 13:00~16:30(6月~9月土日祝のみ)
定休日:水曜日
食べログ:小西本店 – 彦根/デリカテッセン [食べログ]

関連記事

彦根市のおしゃれなかき氷専門店

ふわふわかき氷が年中楽しめる彦根市のかき氷専門店「氷茶屋百笑」
かき氷といえば夏のスイーツという枠を越え始めている2018年今日この頃。かき氷は低カロリーで安心して食べられるスイーツとして年中通して食べられるスイーツに変化してきています

小西精肉店の近くにある民家カフェでランチ

彦根市の緑豊かで温かい雰囲気の民家カフェ「MokuMoku」でランチ
滋賀県彦根市にある隠れ家的民家カフェ「MokuMoku(モクモク)」へ行ってきました。上の写真のように見た目は完全に民家。民家の1階を改装したカフェで緑豊かでとてもあたたか

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

空気ケーキ
奈良市の「空気ケーキ」は空気のようなふわっと新食感で感動の美味しさ

空気ケーキ。は古都奈良にお店を構えるケーキ屋さん兼カフェ。奈良の大仏で有名な東大寺や春日大社のすぐ近くにあります。 空気ケーキ。では奈良の自然豊かな空気をたっぷり含ませたケーキやお菓子を製造販売していて、カフェも併設して […]

ふわふわかき氷が年中楽しめる彦根市のかき氷専門店「氷茶屋百笑」

かき氷といえば夏のスイーツという枠を越え始めている2018年今日この頃。かき氷は低カロリーで安心して食べられるスイーツとして年中通して食べられるスイーツに変化してきています。 そんな折、滋賀県彦根市に2018年7月に新し […]

ムースグラッセ
新千歳空港限定!ショコラティエマサールのお洒落で洗練されたアイス「ムースグラッセ」

北海道には多くの洋菓子専門店がありますが、ショコラティエ・マサール(Chocolatier Masále)は雰囲気・デザイン・商品全てに洗練された美しさを感じさせるお店でした。2017年6月にそのチョコレート専門店ショコ […]

ぶたとら氷のいちご
瑞穂市のふわふわかき氷カフェ「ぶたとら氷」でソースも手作りのこだわりかき氷が絶品です

岐阜県のかき氷名店と言えば茶屋赤鰐が第一声で出てきますが、岐阜県瑞穂市にもかき氷をメインで提供するカフェがあるという話を聞いて行ってきました。お店の名前は「ぶたとら氷」と言って JR 穂積駅の近くにあります。お洒落でオー […]

世界一のジェラート
彦根市にある世界一のジェラート店「ジェラテリアアズーロ」で滋賀ならではの味を堪能

世界一のジェラートのお店が滋賀県に、彦根市にあるなんて。半信半疑でしたが本当でした。ジェラート職人の柴野大造氏はジェラートの本場イタリアで開催されている Sherbeth Festival 2017にて日本人で初めて総合 […]

ぽたぽたいちご
札幌のいちご大福専門店「ぽたぽたいちご」は時期を選ばずいちご大福を食べられる

札幌の地下鉄東西線「西11丁目駅」近くに2017年1月にオープンしたといういちご大福専門店があります。それがぽたぽたいちごです。おばあちゃんのぽたぽた焼きを彷彿とするようなどこか素朴なネーミングが素敵です。前々から噂には […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
ゆうメールが厚み3cm以上の規格外サイズを廃止!代替の発送方法は

先日久しぶりに郵便局へゆうメールを発送しに行ったのですが、受付

梱包用ppバンドのストッパーのはさみを使わない外し方

ダンボールで荷物を梱包する時、より強固にする為に pp バンド

ローチョコレート
彦根市に生カカオが活きたローチョコレート専門店「ハレトケト」

滋賀県彦根市、彦根城周辺の古き町並みが残る地に滋賀県初のローチ

アサシンクリードオデッセイ
アサシンクリードオデッセイPC版をGeforce GTX 1070でプレイした感想

2018年10月5日に発売されたアサシンクリードオデッセイの

大垣市のお洒落なビストロ「洋食もくれん」でディナー

岐阜県大垣市の大垣駅近くに「洋食もくれん(洋食 MOQLEN)

→もっと見る