*

ふわふわかき氷が年中楽しめる彦根市のかき氷専門店「氷茶屋百笑」

公開日: : スイーツ , ,

氷茶屋百笑外観

かき氷といえば夏のスイーツという枠を越え始めている2018年今日この頃。かき氷は低カロリーで安心して食べられるスイーツとして年中通して食べられるスイーツに変化してきています。

そんな折、滋賀県彦根市に2018年7月に新しいかき氷専門店がオープンしました。「氷茶屋百笑(ひゃくわらい)」という名前で年中通してかき氷が提供されるお店です。冬場はぜんざいなどのメニューも予定されている模様。

氷茶屋百笑に早速行ってまいりました。

氷茶屋百笑の場所

彦根市の古き商店と住宅が並ぶ花しょうぶ通り商店街にあります。位置的には JR 彦根駅の南、徒歩15分。彦根城から南東、徒歩20分の距離です。

車の場合、彦根城キャッスルロードの本町一丁目交差点を東へ。そのままローソンがある銀座町交差点を直進、車で1分ほど進んで北側にあります。

氷茶屋百笑へ向かう小路は車1台通るのがやっとな程細いです。車が対向するにはやや道が広い場所で待機するしかないです。

最寄り駅は近江鉄道の彦根芹川駅で西へ徒歩3分程度で着きます。

駐車場について

氷茶屋百笑の専用駐車場は乗用車3台分のスペースが用意されています。お店の東向かいにある民家に挟まれた共用駐車場の2番、6番、7番です。どこに停めても良いわけではありません。

3台しかないのですぐにいっぱいになってしまうと思います。もし満車だった場合は、細い道で右往左往してしまう事になります。やや歩きますが銀座町付近のコインパーキングを利用するのも一手です。

店内の雰囲気について

店内はレトロながら和モダンな空間が広がっており、とてもおしゃれ。中央には1枚木のカウンター席があり、2人がけテーブルが2卓、4人がけテーブルが1卓あります。あまり席数が多くありません。また、注文を受けたあと一つずつ手作りでかき氷を作るので提供にお時間がかかる場合がありますの張り紙もありました。時間には余裕がある時に訪れたいですね。

耳障りが良い静かな BGM が流れていてとても落ち着きました。

レトロな家具や内装にもこだわりが感じられます。

彦根の町並みを見ながらかき氷を…。良いではありませんか。

席に案内されたら、冷たいお茶とおしぼりを出してくれました。

氷茶屋百笑のメニュー

かき氷の定番、いちごミルク、抹茶ミルクなどから、ほうじ茶ミルクという変わったものもあります。価格は700円から。かき氷のトッピングとして追加料金で白玉やあずきを追加できます。

かき氷の他にはあんみつなどの甘味も。

季節が笑うかき氷と題して特別メニューが3種類。生桃、すだち、マンゴーミルクがあります。他のお客さんの所でちらっと見ましたが、生桃は桃の実がドンドンドンと乗っていました。

珍しいものを食べようという事で、ほうじ茶ミルク(750円)を注文しました。スプーンですくっても型くずれしないふわふわ感で、楽にスプーンが入ります。奥で電動かき氷機で削られていましたが、ブロックアイスで作ったかき氷はふわっふわで、食べてもキーンと頭が痛くならないんですよね。そしてなかなか溶けにくい。

口に入れるとふわふわですっと雪のように消えていきました。ほうじ茶の和風の味わいとミルクの甘味が意外と合いますね。上から下まで味が染みていて美味しくいただけます。甘さは控えめで大人な味だなと思いました。お子様には定番のいちごミルクなどの方が喜ばれるでしょうね。

トイレ

冷たいかき氷を食べたらトイレに行きたくなるかもしれません。氷茶屋百笑のトイレはとてもこだわりを感じるものでした。

トイレはお店の奥に行って小さな中庭らしき場所の一角にあります。

小さな中にはには日本庭園のように整備されていました。小さな庭園にとても癒やされます。

トイレに行くまでの道のりに植物があったり目で楽しませてくれます。更にトイレの小窓からはあの小さな庭園が見えるんです。実に良いですね。

この右側の木の扉がトイレです。

おわりに

レトロな雰囲気でとても落ち着ける空間のかき氷と甘味のお店でした。かき氷は7月~9月で終了してしまうお店も多い中、氷茶屋百笑では通年かき氷メニューが提供されます。秋や冬にでもかき氷が食べたくなったらフラッと立ち寄りたいと思います。

お店情報

氷茶屋 百笑(ひゃくわらい)
住所:滋賀県彦根市河原3-4-25
営業時間:11:00~18:00(L.O17:30)
定休日:火曜日
食べログ:氷茶屋 百笑 – 彦根/かき氷 [食べログ]

関連記事

お肉屋さんが提供する彦根市のかき氷店

滋賀県彦根市のお肉屋さんの天然ふわふわかき氷が食べられる「小西精肉店」
滋賀県彦根市には何とお肉屋さんがかき氷を販売しているお店があります。それは彦根城の近くにある小西精肉店本店です。お肉屋さんのかき氷だからっておまけのようなかき氷ではありませ

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

ボンボンショコラ
珠玉のチョコレート専門店!滋賀県長浜市の黒壁近く「ボンボンショコラ」

滋賀県長浜市に本格チョコレート専門店があります。その名前は「LE BONBON ET CHOCOLAT(ボンボンショコラ)」。ボンボンショコラはオーナーがフランスでショコラティエとして修行を積み、地元長浜で開業された本格 […]

やわらかシロコッペ
養老SAのコッペパン専門店!コメダ謹製「やわらかシロコッペ」岐阜県で買えるのはここだけ!

岐阜県の養老サービスエリア下り(大阪方面)にコッペパン専門店がオープンしました。お店はやわらかシロコッペといって、あのコメダ珈琲のコメダが出店しているコッペパン専門店です。 日本各地にいくつか店舗がありますが全国に11店 […]

大垣限定かき氷!岐阜県老舗和菓子店の餅惣が贈る水まんかき氷がおすすめ

夏になれば日本全国でかき氷が人気!レストランやカフェでも夏季限定でかき氷メニューが登場し、かき氷専門店も大繁盛です。かき氷は日本全国で食べられますが、岐阜県でも大垣市でしか食べられないかき氷があるのです。それは岐阜県大垣 […]

ぶたとら氷のいちご
瑞穂市のふわふわかき氷カフェ「ぶたとら氷」でソースも手作りのこだわりかき氷が絶品です

岐阜県のかき氷名店と言えば茶屋赤鰐が第一声で出てきますが、岐阜県瑞穂市にもかき氷をメインで提供するカフェがあるという話を聞いて行ってきました。お店の名前は「ぶたとら氷」と言って JR 穂積駅の近くにあります。お洒落でオー […]

北菓楼札幌本館限定の特製シュークリーム「夢句路輪賛」がカリッとして美味しい

北海道の製菓会社として有名な北菓楼の札幌本館へ行ってきました。2016年3月にオープンしており北菓楼の札幌で初めての路面店です。かつては北海道庁立図書館として大正15年に建造された歴史的建造物をリニューアルして作られてお […]

彦根でおすすめのしっとりチーズケーキなら滋賀県のケーキ屋「アンデケン」へ

滋賀県彦根市に50年以上の歴史があるチーズケーキ屋さんがあると聞いて行ってきました。アンデケンというお店ですが、彦根にあるのは2号店で本店が近江八幡にあります。「チーズケーキの店アンデケン」という名前のようにチーズケーキ […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Thunderbirdで「ごみ箱フォルダにメッセージをフィルターで分別できませんでした」

いつも通り Thunderbird を立ち上げると見慣れないエ

楽天ショップ等の縦帯バナーを商品別に変えるには?

楽天などのインターネットショップをパソコンで見ると、よく画面端

instagramで横長写真を複数投稿ができない!複数投稿する方法はあるのか?

instagram といえば正方形写真しか投稿できないと思って

岐阜県垂井町で本格インドカレーをお洒落なバー「VAN DO BEE(バンドゥビー)」でディナー

国道21号線を垂井町付近を走行中、チラッと見えたインドカレー&

WordPressで記事ごとにページビュー(アクセス数)を表示する方法

WordPress でブログやサイトを運営していると、どの記事

→もっと見る