*

ふわふわかき氷が年中楽しめる彦根市のかき氷専門店「氷茶屋百笑」

公開日: : スイーツ , ,

氷茶屋百笑外観

かき氷といえば夏のスイーツという枠を越え始めている2018年今日この頃。かき氷は低カロリーで安心して食べられるスイーツとして年中通して食べられるスイーツに変化してきています。

そんな折、滋賀県彦根市に2018年7月に新しいかき氷専門店がオープンしました。「氷茶屋百笑(ひゃくわらい)」という名前で年中通してかき氷が提供されるお店です。冬場はぜんざいなどのメニューも予定されている模様。

氷茶屋百笑に早速行ってまいりました。

氷茶屋百笑の場所

彦根市の古き商店と住宅が並ぶ花しょうぶ通り商店街にあります。位置的には JR 彦根駅の南、徒歩15分。彦根城から南東、徒歩20分の距離です。

車の場合、彦根城キャッスルロードの本町一丁目交差点を東へ。そのままローソンがある銀座町交差点を直進、車で1分ほど進んで北側にあります。

氷茶屋百笑へ向かう小路は車1台通るのがやっとな程細いです。車が対向するにはやや道が広い場所で待機するしかないです。

最寄り駅は近江鉄道の彦根芹川駅で西へ徒歩3分程度で着きます。

駐車場について

氷茶屋百笑の専用駐車場は乗用車3台分のスペースが用意されています。お店の東向かいにある民家に挟まれた共用駐車場の2番、6番、7番です。どこに停めても良いわけではありません。

3台しかないのですぐにいっぱいになってしまうと思います。もし満車だった場合は、細い道で右往左往してしまう事になります。やや歩きますが銀座町付近のコインパーキングを利用するのも一手です。

店内の雰囲気について

店内はレトロながら和モダンな空間が広がっており、とてもおしゃれ。中央には1枚木のカウンター席があり、2人がけテーブルが2卓、4人がけテーブルが1卓あります。あまり席数が多くありません。また、注文を受けたあと一つずつ手作りでかき氷を作るので提供にお時間がかかる場合がありますの張り紙もありました。時間には余裕がある時に訪れたいですね。

耳障りが良い静かな BGM が流れていてとても落ち着きました。

レトロな家具や内装にもこだわりが感じられます。

彦根の町並みを見ながらかき氷を…。良いではありませんか。

席に案内されたら、冷たいお茶とおしぼりを出してくれました。

氷茶屋百笑のメニュー

かき氷の定番、いちごミルク、抹茶ミルクなどから、ほうじ茶ミルクという変わったものもあります。価格は700円から。かき氷のトッピングとして追加料金で白玉やあずきを追加できます。

かき氷の他にはあんみつなどの甘味も。

季節が笑うかき氷と題して特別メニューが3種類。生桃、すだち、マンゴーミルクがあります。他のお客さんの所でちらっと見ましたが、生桃は桃の実がドンドンドンと乗っていました。

珍しいものを食べようという事で、ほうじ茶ミルク(750円)を注文しました。スプーンですくっても型くずれしないふわふわ感で、楽にスプーンが入ります。奥で電動かき氷機で削られていましたが、ブロックアイスで作ったかき氷はふわっふわで、食べてもキーンと頭が痛くならないんですよね。そしてなかなか溶けにくい。

口に入れるとふわふわですっと雪のように消えていきました。ほうじ茶の和風の味わいとミルクの甘味が意外と合いますね。上から下まで味が染みていて美味しくいただけます。甘さは控えめで大人な味だなと思いました。お子様には定番のいちごミルクなどの方が喜ばれるでしょうね。

トイレ

冷たいかき氷を食べたらトイレに行きたくなるかもしれません。氷茶屋百笑のトイレはとてもこだわりを感じるものでした。

トイレはお店の奥に行って小さな中庭らしき場所の一角にあります。

小さな中にはには日本庭園のように整備されていました。小さな庭園にとても癒やされます。

トイレに行くまでの道のりに植物があったり目で楽しませてくれます。更にトイレの小窓からはあの小さな庭園が見えるんです。実に良いですね。

この右側の木の扉がトイレです。

おわりに

レトロな雰囲気でとても落ち着ける空間のかき氷と甘味のお店でした。かき氷は7月~9月で終了してしまうお店も多い中、氷茶屋百笑では通年かき氷メニューが提供されます。秋や冬にでもかき氷が食べたくなったらフラッと立ち寄りたいと思います。

お店情報

氷茶屋 百笑(ひゃくわらい)
住所:滋賀県彦根市河原3-4-25
営業時間:11:00~18:00(L.O17:30)
定休日:火曜日
食べログ:氷茶屋 百笑 – 彦根/かき氷 [食べログ]

関連記事

お肉屋さんが提供する彦根市のかき氷店

滋賀県彦根市のお肉屋さんの天然ふわふわかき氷が食べられる「小西精肉店」
滋賀県彦根市には何とお肉屋さんがかき氷を販売しているお店があります。それは彦根城の近くにある小西精肉店本店です。お肉屋さんのかき氷だからっておまけのようなかき氷ではありませ

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

黒どら
彦根観光におすすめスイーツ、菓心おおすがの「黒どら」は是非食べるべし

滋賀県彦根市の観光と言えばやはり彦根城は有名スポットの一つ。彦根城のすぐ近くにある夢京橋キャッスルロードには数々の今風に整備された昔ながらの商店が立ち並んでいます。その中で彦根に来たなら是非手にとって欲しいスイーツを紹介 […]

大人気の吉祥寺のかき氷専門店「氷屋ぴぃす」も秋冬なら楽に入れるね

東京都の吉祥寺にあるかき氷専門店「氷屋ぴぃす」に行ってきました。こちらのお店は雑誌やメディアにも度々取り上げられ、超人気店だとか。夏場は大行列で近づく事も困難な名店なのです。 わたくし、学びました。かつて夏場に東京で人気 […]

ぽたぽたいちご
札幌のいちご大福専門店「ぽたぽたいちご」は時期を選ばずいちご大福を食べられる

札幌の地下鉄東西線「西11丁目駅」近くに2017年1月にオープンしたといういちご大福専門店があります。それがぽたぽたいちごです。おばあちゃんのぽたぽた焼きを彷彿とするようなどこか素朴なネーミングが素敵です。前々から噂には […]

ボンボンショコラ
珠玉のチョコレート専門店!滋賀県長浜市の黒壁近く「ボンボンショコラ」

滋賀県長浜市に本格チョコレート専門店があります。その名前は「LE BONBON ET CHOCOLAT(ボンボンショコラ)」。ボンボンショコラはオーナーがフランスでショコラティエとして修行を積み、地元長浜で開業された本格 […]

赤鰐のかき氷
開店前から大行列!かき氷の名店、岐阜の「茶屋赤鰐」は並ぶ価値ありだった

岐阜のかき氷の名店と名高い「茶屋赤鰐」へ行ってきました。いつも行列ができる程と噂では聞いていましたが、6月ならかき氷を求める人は程々だろうと思いながら余裕ぶっこいて開店15分前くらいに到着しました。 そしたらそんな事はな […]

ローチョコレート
彦根市に生カカオが活きたローチョコレート専門店「ハレトケト」

滋賀県彦根市、彦根城周辺の古き町並みが残る地に滋賀県初のローチョコレート専門店がオープンしました。お店の名前はハレトケト。土日限定で開店します。 目次1 ローチョコレートとは1.1 どんな栄養素が含まれているか2 ハレト […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
ESRランニングポーチ
ランニング中でもスマホが邪魔にならないESRランニングポーチのレビュー

日々のランニングやマラソン大会に出た時、ある悩みの種がありまし

はじめ整体院外観
滋賀県彦根市の「はじめ整体院」で体の歪みや重心のズレを相談してきた

近頃長い間歩くと足の痛みや足の不調が顕著に現れるようになってき

青森大間土産のマグロ一本釣り「やいっやー!山本さんラングドシャ」

お隣さんが本州最北端の青森県大間町へ旅行に行ったという事でお土

増田うどん
札幌の「増田うどん」甘いお出汁の肉うどんが魅力のうどん専門店

札幌市中央区役所の近くにある「増田うどん」は福岡肉うどんがメイ

鮭の旨味が濃厚な柳月のお煎餅「北海道鮭ぶし丸」が安いし超うまい

北海道で近年「鮭節(さけぶし)」と呼ばれる新食材が注目されてい

→もっと見る