*

開店前から大行列!かき氷の名店、岐阜の「茶屋赤鰐」は並ぶ価値ありだった

公開日: : 最終更新日:2017/07/11 スイーツ ,

akawani2

岐阜のかき氷の名店と名高い「茶屋赤鰐」へ行ってきました。いつも行列ができる程と噂では聞いていましたが、6月ならかき氷を求める人は程々だろうと思いながら余裕ぶっこいて開店15分前くらいに到着しました。

そしたらそんな事はない。すでに30人程の長い行列が…。せっかく遠出して来て食べずに帰るわけにはいかない。という事で並びましたよ。私が並んだ後もすぐに後ろに列が続いていきました。

赤鰐の案内看板

列の途中にこんな案内ボードが立っています。夏場になれば更に長蛇の列が続くんだろうなと思いました。

JR岐阜駅から徒歩10分、静かな小路にある赤鰐

JR岐阜駅や名鉄岐阜駅から歩いて行ける距離にあります。自動車でも行けますが、赤鰐の駐車場は1台分しかスペースが無い為無いと思っていた方が良いでしょう。しかし、近隣にコインパーキングが沢山あるので駐車に困る事はないと思います。

開店は11時半からで、11時15分頃から並びました。列の前半が店内に入り、次に列が動き始めたのは30分後でした。かき氷だから回転率も早いだろうと思っていたのですが結構待ちましたね。実際に店内に入れたのは並んでから1時間半後の12時45分でした。

赤鰐の入り口

赤鰐の入り口には名前の通り赤い鰐がお出迎えしてくれます。その上には簡易メニューが!かき氷のお店ですが、うどんやそばもあるようですね。

店内に入ると、暖かな木の壁に囲まれたまるでロッジのような雰囲気でした。そして座席は4人掛けテーブルが5つしかありません。そりゃ並びますわ。

余談:世のかき氷には2種類ある

少し余談に入りますが、世の中のかき氷には2種類あります。ざっくり言うとジャリジャリのかき氷とふわっふわのかき氷です。お祭りや屋台でやってる300円400円くらいのかき氷は大抵前者。赤鰐のかき氷は後者です。

何が違うのかと言えば使う氷が違います。ジャリジャリかき氷は家庭の冷蔵庫でも作れる小さな四角い氷です。ふわふわかき氷は、13cm四方程の大きな氷の塊を削って作ります。氷なら何でも一緒でしょと思いがちですが、この差は歴然です。

赤鰐のメニュー

akawani5

かき氷だけでもかなりの種類があります。イチゴ、メロン、レモン、マンゴー、その他変わり種など。迷ってしまいますね。

akawani6

注文したのは生イチゴミルク(750円)です。結構大きいです。

まず感動したのはスプーンがどこからでもサクッと簡単に入る所です。スプーンでザクザク掘り下げないと食べれないジャリジャリかき氷とはわけが違います。それだけにふわっふわな柔らかなかき氷なのです。

あと意外と色が薄いので味も薄いんじゃないの?と思うかもしれませんが、それは杞憂です。一口食べるとふわっと口の中で溶けてイチゴミルクの風味が広がります。甘酸っぱい果肉もアクセントとなって美味しいです。安いジャリジャリのかき氷はシロップが下まで届かず底はただの氷水になっている事も多々あると思います。このかき氷は底までムラ無く味が行き届いています。ジャリジャリかき氷とはわけが違います。

大事な事なので二度言いました。

シロップは市販のものとは違い、自然な優しい味わいでした。本当に美味いの一言。これは並ぶ価値はあったなぁと思いました。

おわりに

これは行列が出来る店である事も納得なかき氷の名店でした。スムーズに入りたいなら開店30分前には行っておくべきだと思います。夏場だと炎天下の中並ぶことになりますからね。岐阜で有名なかき氷の名店「赤鰐」。興味がある方は並ぶ事を覚悟の上で足をお運びください。長時間並んだ後のかき氷は格別です(笑)

ちなみにかき氷は年中取り扱っているようですので、別に夏でなくても春や秋、冬なら並ばなくても食べれるかもしれません。でもかき氷は夏に食べたいですよね!

お店情報

茶屋赤鰐
住所:岐阜県岐阜市八幡町13
営業時間:11:30~20:00
定休日:水曜日(夏季は無休)
食べログ:茶屋赤鰐 – 名鉄岐阜/かき氷 [食べログ]

関連記事

赤鰐が遠いなら瑞穂市のぶたとら氷。

瑞穂市のふわふわかき氷カフェ「ぶたとら氷」でソースも手作りのこだわりかき氷が絶品です
岐阜県のかき氷名店と言えば茶屋赤鰐が第一声で出てきますが、岐阜県瑞穂市にもかき氷をメインで提供するカフェがあるという話を聞いて行ってきました。お店の名前は「ぶたとら氷」と言

台湾かき氷で話題のアイスモンスターへ行ってみた。

世界一の台湾かき氷!秋に東京表参道のアイスモンスターに行ってみた結果
世界一の台湾かき氷として、台湾で人気ナンバー1のアイスモンスターが2015年4月末に東京表参道に第一号店がオープンしたニュースは大変話題になりました。 2015年、ふ

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

完熟マンゴーかき氷
【閉店】滋賀県で食べられるふわふわマンゴーかき氷「冰冰花(ピンピンホァ)」

この夏、かき氷といえばふわふわかき氷・台湾かき氷など300円程度で買えるジャリジャリの安いかき氷とは違い高級なかき氷が人気となっています。代表的な所で言えば、2015年に日本1号店が東京表参道でオープンした台湾かき氷の「 […]

北菓楼札幌本館限定の特製シュークリーム「夢句路輪賛」がカリッとして美味しい

北海道の製菓会社として有名な北菓楼の札幌本館へ行ってきました。2016年3月にオープンしており北菓楼の札幌で初めての路面店です。かつては北海道庁立図書館として大正15年に建造された歴史的建造物をリニューアルして作られてお […]

大垣限定かき氷!岐阜県老舗和菓子店の餅惣が贈る水まんかき氷がおすすめ

夏になれば日本全国でかき氷が人気!レストランやカフェでも夏季限定でかき氷メニューが登場し、かき氷専門店も大繁盛です。かき氷は日本全国で食べられますが、岐阜県でも大垣市でしか食べられないかき氷があるのです。それは岐阜県大垣 […]

お肉屋さんのかき氷
滋賀県彦根市のお肉屋さんの天然ふわふわかき氷が食べられる「小西精肉店」

滋賀県彦根市には何とお肉屋さんがかき氷を販売しているお店があります。それは彦根城の近くにある小西精肉店本店です。お肉屋さんのかき氷だからっておまけのようなかき氷ではありません。それはもう本格的なかき氷専門店で提供されるよ […]

梅花藻ソフトクリーム
ご当地グルメ丁子屋の「梅花藻ソフトクリーム」は滋賀県米原市でしか食べられない

今まで数々の変わり種ソフトクリームを見てきましたが、梅花藻ソフトクリームという変わり種は初めてです。滋賀県米原市醒ヶ井のご当地ソフトクリームなのですが、同じ県に住んでいながら知りませんでした。という事で、米原市醒ヶ井にあ […]

彦根でおすすめのしっとりチーズケーキなら滋賀県のケーキ屋「アンデケン」へ

滋賀県彦根市に50年以上の歴史があるチーズケーキ屋さんがあると聞いて行ってきました。アンデケンというお店ですが、彦根にあるのは2号店で本店が近江八幡にあります。「チーズケーキの店アンデケン」という名前のようにチーズケーキ […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Aipo8.1.1オープンソース版で2018年の祝日設定を行う(さくらのVPS)

オープンソース版の無料グループウェア「Aipo」のサポートが2

タイヤのホイールナットが緩んで紛失、1個で買う方法はあるか

車の発進時や曲がる時にわずかなゴリッという音がする事に気づいて

高速道路
高速道路の上りと下りってどっち方面?全国高速道路総まとめ

高速道路には進行方向によって「上り」と「下り」という表現があり

名古屋久屋大通(丸の内)の「Cafe One」で居心地良い空間でおうちごはんランチ

名古屋観光で名古屋テレビ塔と久屋大通公園を見に行った際にランチ

豊田合成リンク
名古屋栄の豊田合成リンクで氷じゃないスケートリンクで滑ってきた感想

名古屋市の栄に氷じゃないスケートリンクがあるという話を連れに聞

→もっと見る