日頃の疑問解決

ビルやマンションの窓ガラスに付いた赤い三角形は何か?

投稿日:

マンションや大きなビル、病院などの窓に赤い三角マークが付いている事があります。矢印のようにも見える赤い逆三角形のマークですが、ここに何かがあるのを指し示しているのか、時折見かけるあのマークは何だろう?と気になっていました。

窓に張っている赤い逆三角形のマークはただデザインの為に張っているわけではなく、ちゃんと重要な意味があるシールでした。

窓の赤い三角の意味

結論から言うと、消防隊の非常用進入口のマークです。

火災が起きた時に、消防隊が外から進入できる窓をわかりやすく示す為に張ってあります。消防隊はこの窓を外から開けるか蹴破るかして中に入り、消火活動を行う事になっています。

日本の法律「建築基準法」で原則3階以上、31メートル以下の階には非常用進入口を設ける必要があると規定されています。

建築物の高さ三十一メートル以下の部分にある三階以上の階(不燃性の物品の保管その他これと同等以上に火災の発生のおそれの少ない用途に供する階又は国土交通大臣が定める特別の理由により屋外からの進入を防止する必要がある階で、その直上階又は直下階から進入することができるものを除く。)には、非常用の進入口を設けなければならない。
(建築基準法第126条の6)

※何故31メートル以下なの?
消防車のはしご車が届く高さが31メートルまでなのです。

窓の大きさや条件

非常用進入口にする窓の大きさや条件にも決まりがあります。

  • 幅75cm以上、高さ120cm以上、床から80cm以下
  • 外側から開けられる・または割れやすいガラスを使っている
  • 道幅4メートル以上の道に面している窓

窓の大きさや窓の構造、場所にも細かく決まりがあります。道幅4メートル以上なのは、消防車が入れる道である必要があるためですね。

非常用進入口の内側のルール

非常用進入口となっている窓の内側には物を置いてはいけません。消防隊の進入の邪魔になります。

非常用進入口前に物を置いていて、万一火災があった時に壊されてしまっても文句は言えません。

赤い三角マークがないビルもあるけど?

街中を見回してみれば、3階以上のビルや建物に赤い三角マークがない所もありますよね。それはある条件を満たした建物なのです。

  • 非常用エレベーターが設置されている
  • 代替用進入口を10メートル以内の間隔で設置している場合

これらのいずれかの条件を満たしている場合は、消防隊が確実に進入できるという事で非常用進入口には不要という事になっています。これが3階以上でも赤い三角マークがない建物がある理由です。

-日頃の疑問解決

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.