北海道

札幌大通公園名物「とうきびワゴン」で北海道産焼きとうもろこしを食べてきた

投稿日:

札幌の大通公園で5月から10月にかけて営業される、名物「とうきびワゴン」。大通公園の観光風物詩といえばとうきびワゴン。前々から歴史あるとうきびワゴンの名は知っていましたが、なかなか行く機会がありませんでした。この度ようやくその機会に恵まれたので行ってきました。

とうきびワゴンとは

とうきびワゴンとは期間中大通公園で営業されている屋台です。とうきびとはとうもろこしの事です。北海道産とうもろこしを使ったゆでとうきびや焼きとうきびなどが販売されています。

とうきびワゴンの歴史は古く、明治時代後期から始まったと言われています。ゆでとうもろこしや焼きとうもろこしなら正直どこでも食べられます。しかし、その歴史ある大通公園のとうきびワゴンで販売されるとうもろこしを一度食べてみたいと思っていました。

営業時間について

とうきびワゴンの営業期間は年によって若干異なりますが、4月下旬~10月上旬に登場します。営業時間については9時30分~17時30分となっていますが、イベントが開催されている時は営業時間が延長される事もあります。雨の日は営業が中止されるので要注意。

とうきびワゴンがある場所

とうきびワゴンは大通公園にあるといっても、大通公園は凄く細長い公園です。この細長い公園を端から端まで探すのは億劫でしょう。

とうきびワゴンがいつでもある場所は、大通西1丁目、3丁目、4丁目の4箇所です。

  • 大通西1丁目:さっぽろテレビ塔がある場所
  • 大通公園3丁目:地下鉄大通駅を出て東側の一角
  • 大通公園4丁目:地下鉄大通駅を出て西側の一角

2丁目、5丁目~7丁目でも臨時でイベント開催時にはとうきびワゴンが出店されます。

メニュー・価格

とうもろこししか売ってないというわけではありません。

  • 焼きとうきび:300円
  • ゆでとうきび:300円
  • 黒もちきび:300円
  • とうきびセット(とうもろこし・じゃがいも):300円
  • じゃがバター:250円
  • 焼きゆでとうきびハーフ&ハーフ:300円
  • 各種飲み物:110円から
  • その他いろいろ

念願のとうきびワゴンの焼きとうきび

焼きとうもろこし

とうきびワゴンで焼きとうきび(300円)を買ってみました。ビニール袋に焼きとうきびが入れられタレも入っています。最初はとても熱くて触れません。

タレがこぼれ落ちないように上から食べ始めました。いつも食べ慣れているとうもろこしと比べてとても柔らかい気がしました。そしてとても甘い!地元で食べるとうもろこしとはまた違う味わいでした。北海道産はやっぱり美味しいんですね。

大通公園では色々な獲物がある事をカラスも鳩も知っている為か、全然人に怖気づかずカラスがこんな近くに寄ってくるというカルチャーショックを受けました。「とうきびくれよ。」と言っているような気がしました。しかし、カラスもこれほど近くで見るとちょっとかわいいですね。

-北海道

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.