Webサービス

Search Consoleの公式スマホアプリはないがアプリのように使う方法はあった

投稿日: / 更新日:

Search Console と言えば Google がウェブマスター向けに提供している無料ツールで、ウェブサイトを運営しているなら必ず使いたいツールです。ご存知の方も多いでしょう。ウェブサイトにどんな検索キーワードで訪れられているのか、検索順位の変動は、サイトに不具合はないかなど複合的な情報を入手できます。

随分前から Search Console を使用させて頂いていますが、かねてから不思議に思うことがありました。Search Console のスマホアプリがない事です。Google の他のサービス(Gmail、Analytics、Adsense、Drive、Map、カレンダーなど)にはほとんどスマホ版アプリが用意されていますが、Search Console だけがありません。

しかし、アプリはありませんがアプリのように使う方法はあるんです。

Search Console をアプリのように使うとは?

ようするに公式アプリは用意されていませんが、自らのカスタマイズでアプリのように使う方法はあるという事です。言葉で言ってもよくわからないと思うので実際にやってみましょう。

まず最初にスマートフォンの Chrome で Search Console へアクセスします。今すぐ開始ボタンをクリックするとログインして見る事ができます。

Search Console が開きました。2018年頃から新しい Search Console への移行が始まっており、スマホ対応になっています。

ここでは画面右上の「?」ボタンをタップしてメニューを開きます。

メニューの中から「ホーム画面に追加」をタップします。

「Search Console」などわかりやすい名前をつけて OK をタップします。これでどうなるかというと…。

Search Console のショートカットがホーム画面に表示されるのです。

これを開いてみると、全画面で Search Console が開きます。これはもう Search Console のスマホアプリといって差し支えない感覚で使えます。

おわりに

古いタイプの Search Console はスマホに対応していなくて見るに堪えないものでしたが、新しい Search Console はスマホにも対応し見やすくなっています。これでスマホでも確認する事ができますね。

ただ個人的には一つ難点があって、新しい Search Console は検索パフォーマンスレポートで検索キーワードに対して実際に検索画面へ飛べないのが痛いです。従来の Search Console であれば、検索アナリティクスの検索クエリ一覧から実際の Google 検索画面へ飛べたのですが…。これさえ解決してくれれば完璧です。

-Webサービス

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.