*

かき氷機とは思えないお洒落な電動「大人の氷かき器」のレビュー

公開日: : 最終更新日:2016/06/16 おすすめ商品

大人の氷かき器

夏と言えばやはり冷たいスイーツが食べたくなりますよね。ソフトクリームやアイスクリームも良いですが、それらを買うと結構お金もかかりますしカロリーも気になります。お風呂あがりに冷たい甘いモノが食べたい病にかかっており、アイスばっかり食べてたらやばい!この食生活は改善しないとやばい!でも冷たいものは食べたい…。

そこで他に何かないかと考えた所、代替となるのはやはりかき氷だなと。かき氷の原料は水です。水道水を冷凍庫で凍らせるだけで材料は調達できます。必要なものと言えばかき氷のシロップくらいです。これは一度買えば数十食分はまかなえます。

肝心のカロリーですが、例として市販されているスーパーカップバニラアイスを挙げるとだいたい370kcalです。ちなみにかき氷の原料は水なので0kcal、シロップをかける量にもよりますが一般的には70kcalほどです。なんとカロリーは1/5に抑えられます。価格はアイスクリーム1個でだいたい130円(定価)です。カロリーもお金消費も抑えられてやはりこの夏はかき氷で過ごすしかありません。

かき氷器とは思えない大人の氷かき器がおすすめ

かき氷機と言えば結構どっしりとして大仰のものが多いです。そして子ども向けデザインのものが目立ちます。何かオシャレなかき氷機がないかと探してみたところ、見つけたものがドウシシャの「大人の氷かき器」です。

otona1

これがかき氷機?と思うような筒状の構造をしています。とてもかき氷機とは思えないコンパクトでスタイリッシュなデザインをしています。キッチンに置いておいても邪魔にならない様になるオシャレさです。

セット内容は本体と本体を置く小さな皿、取扱説明書、大人の贅沢氷レシピが入っていました。

大人の氷かき器の使い方

本体は2つに分離する構造となっており、ひねると氷格納部とモーター可動部に分かれます。下部の氷格納部は水に濡れても構いませんが、上部のモーター可動部は水に濡れてはいけません。

otona2

氷格納部に一般的な冷凍庫で作る角氷を入れます。氷を入れ過ぎると上部のモーター可動部が入らなくなるので要注意。

otona3

本体側面に氷を入れる事ができる限界量が示されていますが、少々わかりにくいです。氷格納部の中を覗くと白い筒部分があります。目安としてはこの白い部分の8分目が限界量です。

otona4

氷を入れたら本体上部のモーター可動部をセットします。氷格納部の●印、モーター可動部の▼印をあわせるようにセットします。

otona5

●印と▼印を合わせたら、上図のように本体をひねって固定します。

otona7

本体のセットが完了したら、電源プラグがコンセントにささっている事を確認して本体上部の赤い丸ボタンを押すと氷が削られていきます。

どれだけの量のかき氷ができるのか

大人の氷かき器を購入するにあたって一番の疑問は一回にどれだけのかき氷ができるのかという事でした。

otona6

こちらのコップにかき氷を作ってみようと思います。大きさの目安として隣にコーヒーの缶を置いてみました。満水で約220ml入るコップです。

otona8

重さは片手で持てるほどの重さです。音は意外と小さくジューサーより小さい印象です。氷を削る速度も早く10秒程度でかき氷が出来上がります。

otona9

かき氷が完成しました。大人の氷かき器で1回にコップ一杯はかき氷が作れる事がわかりました。

注意点

かき氷一杯分を作るなら問題ありませんが続けて二杯目を作る場合は、30秒以上間を置いてから削るよう注意書きがあります。モーターに負荷がかかって故障する恐れがあります。

かき氷の質について

otona10

かき氷は結構荒いジャリジャリのかき氷です。かき氷器の刃を調整してかき氷の質を調整する事はできません。安いのでそこまでの機能はないようです。ジャリジャリのかき氷でもこの低価格なら全然問題ない買い物だと思いました。

かき氷のシロップが下まで染みていかない場合は、中央にくぼみを作ってその中にシロップを垂らすと良いです。

おわりに

オシャレでコンパクトなこのかき氷機はまさしく文字通り大人の氷かき器という印象でした。かき氷はアイスクリームに比べてお金もカロリーも抑えられるのが魅力、この夏はかき氷で過ごすのはいかがでしょうか。

ところでアイスクリームは冬でも食べますよね。別にかき氷も冬に食べても良いのではないでしょうか。意外とかき氷を年中置いている喫茶店も少しはあるんですよね。

関連記事

かき氷シロップ変わり種「キャプテンバナナ」のレビュー
かき氷のシロップと言えば何を思い浮かべますか?定番ではイチゴ・メロン・レモンあたりでしょうか。しかし、世の中には定番以外にも様々な味のかき氷シロップが存在します。定番も良い

かき氷考えた人天才じゃね?かき氷の発祥はいかに
かき氷はやっぱりイチゴが好きな桐村です。夏の風物詩と言えばかき氷ですね。7月に入ると、路地など氷旗が至る所に掲げられあぁ夏だなぁと感じさせます。 最近思ったのですが、

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

【終売】男の足の疲れに、足のだるさが劇的改善した足裏樹液シート「足うら天使」の口コミレビュー

一日で長距離を歩く人、立ち仕事が多いと足の裏が痛くなって疲れてきます。そんな生活が毎日続いていると足のだるさが毎日取れずに、足の疲れに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。私もその一人です。最近仕事内容が変わって立ち仕 […]

休足時間
足のだるさや疲れが取れない時、「休足時間」は男でも使えて足が楽になった

旅行で長時間歩き続けたり、立ち仕事ばかりしていると足が疲れて足の裏が痛くなってきます。通常は睡眠を取ったら足のだるさや疲れは解消されるのですが、場合によっては長く残る事がありました。 先日の日曜日、足のだるさや疲れが取れ […]

御菓子所山中のまっちゃちょこ
バレンタインにもおすすめ!御菓子所山中の高級抹茶生チョコ「濃い茶」はビターで大人の味

名古屋に老舗和菓子店が作る超高級抹茶生チョコがあるとラジオで聞きました。愛知県名古屋市にある御菓子所山中で製造販売されている「まっちゃちょこ濃い茶」です。ラジオ番組でもこれは食べてみないと言い表せない新感覚な美味しさだと […]

キャプテンバナナ
かき氷シロップ変わり種「キャプテンバナナ」のレビュー

かき氷のシロップと言えば何を思い浮かべますか?定番ではイチゴ・メロン・レモンあたりでしょうか。しかし、世の中には定番以外にも様々な味のかき氷シロップが存在します。定番も良いのですが、やはり変わった味のかき氷も食べてみたい […]

焼とうきび
お土産でもらった「札幌おかき焼とうきび」が超美味しかった【北海道限定】

先日北海道へ旅行へ行ったという会社の同僚からお土産をもらいました。北海道限定!札幌おかき焼とうきびというお菓子です。どうやら札幌大通り公園の名物のようですね。 ところで北海道ではトウモロコシの事をとうきびと言うようです。 […]

和風ニャシュマロ
ミニ和風ニャシュマロを猫好きな人にプレゼントすればハートをギュッとキャッチ

ミニ和風ニャシュマロという物をプレゼントに頂きました。凄くかわいくて猫好き歓喜な代物なので紹介しますね。猫好きなあなたのハートをキャッチする事間違いなし。 目次1 フェリシモ猫部のミニ和風ニャシュマロとは2 ミニ和風ニャ […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
彦根市の緑豊かで温かい雰囲気の民家カフェ「MokuMoku」でランチ

滋賀県彦根市にある隠れ家的民家カフェ「MokuMoku(モクモ

世界一のジェラート
彦根市にある世界一のジェラート店「ジェラテリアアズーロ」で滋賀ならではの味を堪能

世界一のジェラートのお店が滋賀県に、彦根市にあるなんて。半信半

スマホで遊園地経営ゲーム「ローラーコースタータイクーンタッチ」レビュー

自分で夢のワンダーランドを作る遊園地経営シミュレーションゲーム

大垣で和風生パスタ!半個室で落ち着くニーニャニーニョ桜小町

岐阜県大垣市にニーニャニーニョ桜小町というパスタ店がありました

滋賀県の高校野球予選を観戦するのに入場料金はいくら?

夏、7月。全国の高校球児達が甲子園を目指して熾烈な野球の戦いが

→もっと見る