ネットショップ

売りたい商品のアピールは第一印象が重要である

投稿日:

ミニパソコン

ネットショップで商品を売りたいならまずは商品登録して各ショッピングモールへ出品します。今の時代、出品しただけでは売れません。

どこのショップでもいかに自分の商品を売るか考えられ実践されています。商品を売るために商品ページの質は高くなり、今からある商品を売ろうと言うのならそれを越える物を作らなくてはいけません。

商品を売る為には相手(他社)を知る

商品を売る為に、この商品はどのような特長があって購入するとどのようなメリットがあるのか。自分が売りたい商品については日々研究が重ねられ即答できるようになっていると思います。しかし、それだけでは不十分です。

他店の同等商品について知る事も大切です。他社の商品はこのような特長でこんなメリットがあり、自分の商品と比較してどんな所が勝っていてどんな所が劣っているのかを知ってようやく戦う事ができます。それを基に販売戦略を練っていきましょう。

商品のアピールは第一印象が重要である

自分の商品を売るために、この商品のメリットや特長をお客様に説明する為に商品ページをわかりやすく充実させる事は大抵行われていると思います。でも一番重要なのはそこではありません。

商品の特長やメリットをどれだけわかりやすく、詳しく商品ページで図入りで説明してもそれはどこの店舗でもやっている事。他店と同じことをやっているだけでは、お客様を呼びこむ力にはなり得ません。

例えば自分の商品には他店の商品と比べて凄い強みがあり、商品ページで説明するとします。商品ページを見たお客様はその強みに惹かれて商品を買ってくれるかもしれません。ここまでは普通です。このお客様は商品ページを見に来て商品説明を見て購入意欲が高いと言えます。重要なのはいかに他店の商品ページよりも自分の商品ページに入ってきてくれるか。獲得したい客層というのは、既に商品ページに入ってきてくれた方ではなく、商品ページに入る前に商品を探しているお客様ではないでしょうか。

第一印象が重要と言ったのは、楽天などのショッピングモールで商品を検索し、検索結果の画面で商品の魅力が打ち出せていないと多くのお客様は入ってきてくれないという事です。いくら商品ページ内で事細かにアピールしていてもお客様の目には届きにくいでしょう。他店で似たような商品が売られているのであれば尚更です。

おわりに

売りたい商品のアピールは第一印象が重要であるという事と、他店との差別化という所です。他店の商品と比べて勝る所があるのであれば、アピール次第でお客様を呼びこむトリガーとなるでしょう。それを最大限にアピールするためにはやはり第一印象です。

-ネットショップ

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.