*

彦根市に生カカオが活きたローチョコレート専門店「ハレトケト」

公開日: : スイーツ

滋賀県彦根市、彦根城周辺の古き町並みが残る地に滋賀県初のローチョコレート専門店がオープンしました。お店の名前はハレトケト。土日限定で開店します。

ローチョコレートとは

チョコレートといってもローチョコレートはただのチョコレートではありません。「ロー」とは「raw」で生という意味で、普通のチョコレートとは製法も異なり手間もかかる特別なチョコレートなのです。

チョコレートの原料はカカオという事はご存知の方も多いでしょう。ローチョコレートは生のカカオを使用しています。カカオは古代よりその栄養素の高さから神様への捧げ物という特別な扱いをされていました。しかし、普通のチョコレートはカカオを焙煎してしまう為せっかくの豊富な栄養素を失わせてしまうのです。ちなみにローチョコレートは焙煎せず低温で作るので、カカオ本来の豊富な栄養素を損なわずにチョコレートとして形にすることができます。

どんな栄養素が含まれているか

ローチョコレートにはポリフェノール、食物繊維、ビタミン、ミネラル、フェニルエチルアミンなど豊富な栄養素が含まれています。抗酸化作用に優れ、免疫力の向上、動脈硬化予防、便秘改善などの効果が期待できます。

特にフェニルエチルアミンは特別な栄養素で恋をした時に脳から分泌される物質だそうです。ストレスの軽減、精神の安定化、食欲を抑える効果もあります。そんな特別なフェニルエチルアミンがローチョコレートに含まれているのです。

ハレトケトへのアクセス

ハレトケトは彦根城のキャッスルロードの近くにあり、住宅街の一角にあります。キャッスルロードの始点終点でもある本町一丁目交差点を東へ行き、1つ目の角を南へ入ります。ただ車も通れない細い道になっています。

見た目は普通の家という感じなのですが、彦根市指定文化財「旧彦根藩足軽組屋敷村山家」を借りて開店されました。

駐車場について

駐車場はありません。すぐ近くにコインパーキング「四番町スクエア第二駐車場」があるので、ここから徒歩ですぐなので便利です。利用料金は30分200円。

店内について

店内はカフェスペースとして喫茶店のように利用する事もできますが、ローチョコレートは持ち帰りもできます。

畳の部屋で窓から日本庭園の眺めは風情があって良いです。席は大人数用の6人テーブル、2人テーブルが2卓、3つしかありませんので少ないです。イートインスペースは満席必至でしょう。

ハレトケトのメニュー

ロールケーキや生カカオを使ったケーキ、メインのローチョコレートがあります。

  • 本日のロールケーキ:600円
  • ローカカオクーヘン:250円
  • 彦根リンゴのクランチチョコ:300円
  • ローチョコレート:300円

こちらが見本のローチョコレート。左と真ん中がローチョコレートで、右が彦根リンゴのクランチチョコです。1個300円という高級チョコレートですが、やはり特別な製法と手間、生カカオ本来の栄養素を凝縮したチョコレートはそれだけの価値があるのでしょう。

今後は板チョコもラインナップに加わる予定だそうです。

ローチョコレート

種類の違うローチョコレートを2つ買ってきました。ビニール袋で個装されています。

孔雀の柄も繊細です。こちらのローチョコレートには香辛料のピンクペッパーも含まれています。ペッパーと聞くと辛そうですが、別に辛味はなく抗菌防腐効果があり風邪の予防などにも効果があります。チョコレートにちょっとしたスパイシー感が加わります。ミントのような刺激ですね。

ローチョコレートの味は結構ビターチョコレートな感じで甘みは少ないです。ほのかな甘味の中に苦味も印象的で濃厚なカカオを感じさせる味わいでした。

おわりに

彦根キャッスルロード沿いではありませんが、ちょっと徒歩1分程度足を運んだ場所にあるお店ですので彦根城観光でも行きやすいです。土日しか営業していませんが、観光にはちょうどいいですね。

お店情報

ハレトケト(Hareto-Keto Raw Chocolate & Detox Cafe)
住所:滋賀県彦根市芹橋2丁目6-54
営業時間:9:00~19:00
定休日:平日
公式サイト:Hare to Ke to ―ハレトケト― – 滋賀県彦根市のローチョコレート•ケーキ屋さんin足軽屋敷!Raw chocolate and raw vegan sweets gift shop and cafe in traditional Samurai house;)

関連記事

近くにある彦根の世界一のジェラート店

彦根市にある世界一のジェラート店「ジェラテリアアズーロ」で滋賀ならではの味を堪能
世界一のジェラートのお店が滋賀県に、彦根市にあるなんて。半信半疑でしたが本当でした。ジェラート職人の柴野大造氏はジェラートの本場イタリアで開催されている Sherbeth

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

ムースグラッセ
新千歳空港限定!ショコラティエマサールのお洒落で洗練されたアイス「ムースグラッセ」

北海道には多くの洋菓子専門店がありますが、ショコラティエ・マサール(Chocolatier Masále)は雰囲気・デザイン・商品全てに洗練された美しさを感じさせるお店でした。2017年6月にそのチョコレート専門店ショコ […]

空気ケーキ
奈良市の「空気ケーキ」は空気のようなふわっと新食感で感動の美味しさ

空気ケーキ。は古都奈良にお店を構えるケーキ屋さん兼カフェ。奈良の大仏で有名な東大寺や春日大社のすぐ近くにあります。 空気ケーキ。では奈良の自然豊かな空気をたっぷり含ませたケーキやお菓子を製造販売していて、カフェも併設して […]

長浜市の長浜城近くの高級ケーキ屋「パティスリー Ichigo IchiE(イチゴイチエ)」

滋賀県長浜市にあるケーキ屋「パティスリー Ichigo IchiE」に行ってきました。母の日にケーキでも買おうと「Ichigo IchiE」を見つけたのですが、かなりおしゃれで高級そうなケーキ屋さんでした。でも母の日だか […]

養老軒の大福
売切れ続出!独創的な絶品大福で有名な岐阜県川辺町の和菓子処「養老軒」

岐阜県加茂郡川辺町に存在する和菓子屋さん養老軒は独創的なフルーツ大福で有名なところです。岐阜県養老町ではありませんが養老軒です。たまに空港や各所デパートなどで出張販売が行われます。セントレアで養老軒の出張販売が行われた事 […]

へしこソフトクリーム
福井県美浜町の五湖の駅でご当地へしこソフトクリームを食べた

福井県に行く機会があり、どうせならご当地ソフトクリームを食べよう!と思い立ち、五湖の駅という道の駅へ立ち寄りました。そこには、へしこソフトクリームというご当地ソフトクリームがありました。へしこってなんぞや? 目次1 五湖 […]

敦賀市のいちご大福なら「四季創菓ハヤシ(HAYASHI)」の洋風苺大福がおすすめ

福井県敦賀市にある洋菓子店「四季創菓HAYASHI」は創業1950年の老舗。元々日本で考案された和菓子のいちご大福を洋風に仕立て上げたという「洋風苺大福」が新名物として話題という事を知り、食べてみたくなって行ってみました […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
北海道チーズおかき
チーズの旨味が超濃厚!YOSHIMIの「北海道チーズおかき」

北海道に本社を置き、レストラン事業や製菓事業を行っている YO

無効なURLです。
エックスサーバーへ移転時にデータベースをインポートしたら「無効なURLです。」

高速で安定度の高いと評判のエックスサーバーへサイトの移転を行い

CSSの擬似クラスnth-childは3の倍数以外というような否定条件も可能

CSS において偶数の要素だけ、奇数の要素だけ、何番目の要素だ

北のちーずボー
北海道産チーズのスティックケーキ「北のちーずボー」

新千歳空港のお土産店で販売されていた「北のちーずボー」を買って

チョップドサラダ
札幌で新鮮野菜のサラダボウルが美味しい「マンマペルテ」

外食すると野菜分が不足しがちですが、札幌駅近郊で新鮮なサラダボ

→もっと見る