Web制作

Chrome42から標準フォントがメイリオになってデザイン崩れが発生

投稿日:

オフィス画像

Google Chrome42 から日本語標準フォントがMS Pゴシックからメイリオに変わりました。フォントが変わるだけですが、これは意外と大きな変更です。

昔から Windows のブラウザの標準日本語フォントには「MS Pゴシック」が使われてきました。ウェブサイトのフォントも CSS で特にフォントの指定がなければ MS Pゴシックで表示されるため見慣れたフォントになっているでしょう。

これが突如メイリオに変わりました。メイリオの語源は明瞭。画面上でも印刷しても明瞭である事からそう名付けられたようです。確かに綺麗で読みやすく、嫌いではないフォントです。

何が問題になるかと言えば、ウェブサイト上のフォントです。従来 MS Pゴシックで表示されていたウェブサイトが全てメイリオで表示されます。メイリオは MS Pゴシックと比べて横幅が若干長いです。MS Pゴシックで10文字分はメイリオでは10文字分を越える事になります。これによりウェブサイトでカラム落ちが発生するなどデザイン崩れが出る恐れがあります。

これを防ぐためには CSS でしっかりとフォント指定「font-family」をしておく事が必要です。

細かく font-family 指定をしていないウェブサイトは最新 Chrome ではデザイン崩れが発生している可能性があるので、一度確認してみる事をおすすめします。

-Web制作

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.