*

お婆ちゃんの昭和な食堂を営むスマホゲーム「思い出の食堂物語」レビュー

公開日: : スマホゲーム

先日何かスマホゲームで良い経営シミュレーションゲームはないかなぁと Google Play ストアを探してみたところ、面白そうなゲームを見つけました。それが「思い出の食堂物語 ~心にしみる昭和シリーズ~」です。デフォルメされたかわいいキャラクターにどこか懐かしいレトロな雰囲気、心にしみる昭和シリーズという言葉がぴったりのゲームです。

思い出の食堂物語とは?

お婆ちゃんが一人でてんてこ舞いに小さな食堂を経営するシミュレーションゲームです。食堂には色々な人がやってきます。お寺のお坊さんだったり、近所の医者だったり、はたまたヤクザだったり…。色々な人が来てもお婆ちゃんは怖気づかずに、お婆ちゃんが作る料理を通してお客さんも心を開いていきます。料理を通して食堂に訪れる人々に関わる色々なストーリーが展開していきます。お店を経営するゲームですが、ストーリーも付いています。

下町の小さな食堂の昭和な雰囲気が何かホッとするような癒されるゲームです。それほど難しくないゲームですので、

遊び方

最初は席も4つしかない小さな店舗から始まります。お客さんが入ってくるので、対応を始めましょう。

ここの食堂は少し変わっています。お客さんがメニューの中から食べたいものを注文するわけではなく、作り置いてある物の中からお客さんが欲しいものを注文するという不思議な食堂です。とりあえずあるものを注文してくるので、あなたはとりあえず作りたい料理を作ればいいのです。

画面下部のメニューから「料理」をタップしてみましょう。現在作れる料理の一覧が表示されます。

この中から作りたい料理を作ります。当然最初は作れる料理はとても少ないです。お婆ちゃんも色々な料理を作って勉強し、ある料理を一定数作ると料理のレベルが上がって、新しく作れる料理も開放されていくのです。

たくさんの料理を作ってレベルを上げましょう。時折お客さんからアレが食べたいなぁと何となく要望を話す事があります。別にここの食堂で食べたいと言っているわけではありませんが、お婆ちゃんは奮起してここで食べさせてやろうと頑張るのです。これもストーリーを進める鍵となります。

料理を作るとお婆ちゃんの体力が消費します。画面上部にハートゲージがありますが、これがお婆ちゃんの体力ゲージです。料理を作るごとに減っていきますが、時間経過で回復していきます。体力がゼロになったら新たに料理を作る事ができなくなります。

ある一定の条件に達するとお客さんとの会話イベントが発生します。悲しかったり、楽しかったり、色々なお話があります。でも、ほっこりする雰囲気で良いですねぇ。ストーリーが進むとエンディングを迎え、とりあえずストーリーは締めくくられます。まさか、こんな展開に!?というような面白くも切ない物語でした。

お店の設備増強

お金が貯まればお店の設備を増強できます。設備の購入にはお店レベルも必要になってきます。お店レベルはお客さんから代金を支払われる事で徐々に上がっていきます。

まず最初に買えるのは「料理置き場」です。最初は2種類までしか料理を作り置く事ができませんが、料理置き場を購入する事で最大6種類まで料理を作り置く事ができます。

そして、テーブルも増やすことができます。最初は4席しかありませんが、最大12席まで増やす事ができます。

お店も賑やかになってくるとこのようになります。アプリを閉じている時もお客さんはやってくるので、次アプリを立ち上げるときまでずっと待っている時もあります。

ちょっとした攻略

お客さんがあまり注文してくれない

お客さんは最大3種類まで料理を注文してくれます。しかし、場合によっては1種類だけ、2種類だけ注文して帰ってしまう事もあります。その原因は作り置いている料理の種類の問題です。

例えば、チャーハン・ご飯・おにぎり・カレーライスというラインナップだったとしましょう。これだったら普通あなたも1種類しか注文しないのではないでしょうか。このゲームの中も同じで、お客さんは基本的に主食・メインディッシュ・副菜という風に注文します。メインしかないのであればメインしか注文しません。バランス良く料理を作り置いておく事がポイントです。

お店レベルが上がる前は料理を作りまくれ

お店レベルが上がると、お婆ちゃんの体力が全回復します。なので、お店レベルが上がる前は許される限り料理を作りまくりましょう。いくら作り置いておいても問題ありません。

思い出の食堂物語の感想

レトロな雰囲気、ほっこりするストーリー展開はとても良かったです。しかし、お店の経営という面では貧弱に感じました。良く言えば簡単、悪く言えば単調という事です。簡単という面では遊ぶ人を選ばず誰でも楽しめるという点はメリットかもしれません。

まず何もしなくてもお客さんはどんどんやってきます。間を置かずに次々とお客さんが来店します。全然集客に苦労しません。普通、経営シミュレーションゲームと言えば序盤は赤字経営にヒーヒーしながら苦労して、初めて黒字になった時に喜びを覚えるゲームだと思っていたのですが…。私がマゾという事でしょうか…。このような本格的シミュレーションゲームを期待するならこれは期待はずれとなるでしょう。

お客さんとして登場する人物は全部で10人です。ストーリーに関わるのが8人、あとはモブキャラです。ちょっとお客さん少なすぎませんか?と思いました。例えば、さっき帰っていったあるお客さんが間を置かずにまた来店してきたり…「あなた、2分前に来たでしょ!」とツッコミを入れたくなります。ちょっとこの辺は残念に思う所でしたね。

おわりに

スマホゲーにここまで本格的なものを求めるのもお門違いかもしれません。しかし、レトロな雰囲気とほっこりするストーリーが展開する点では雰囲気ゲーとしては良い部類だと思います。無料ですので興味があれば、各ストアへアクセスしてみてください。

思い出の食堂物語 ~心にしみる昭和シリーズ~

思い出の食堂物語 ~心にしみる昭和シリーズ~
開発元:GAGEX Co.,Ltd.
無料
posted with アプリーチ

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

Township
スマホで牧場&街づくりができる箱庭ゲーム「タウンシップ」が面白いのでレビューする

私は昔から都市経営ゲームのシムシティや牧場でまったり生活する牧場物語シリーズが好きだったのですが、スマートフォンで同じようなゲームがないか探してみたところ「タウンシップ」というスマホアプリを見つけました。これが結構久々に […]

ポケモンGO
ポケモンGOの偽物アプリをダウンロードしない為に注意すべき事と見分け方

海外で爆発的ヒットとなったスマホゲーム「ポケモンGO(Pokémon GO)」が2016年7月22日に日本でも配信開始されました。基本プレイは無料で一部アイテム課金というスタイルのスマホゲームです。Android4.4以 […]

どうぶつの森ポケットキャンプで機種変更でデータの引き継ぎや他の端末でプレイできるか?

2017年11月22日に満を持して配信開始された「どうぶつの森ポケットキャンプ」。最強のスマホゲームと揶揄され配信後間もなくダウンロードランキング1位に君臨するなど話題性は120%です。 ゲームにあまり親しくない人もプレ […]

Ingress
Ingressが与えるかもしれない子どもの遊びの革命

インターネットを見ていれば「Ingress」という言葉を目にする事もしばしばあるかもしれません。私もその一人でした。Ingress という言葉を何度か聞いて、いつも何だろう?と思いつつスルーしていました。スマートフォンの […]

ポケモンGO Plus
ポケモンGOの歩きスマホ対策に期待されるポケモンGO Plusとは?

日本でもポケモンGOが配信されてからというもの当然のように街を行き交う人の中にもポケモンGOをプレイしている人をよく見かけるようになりました。そしてそんな中で問題となっているのが歩きスマホ問題です。 ポケモンGOをプレイ […]

シムシティBuildIT
都市開発ゲームの総本家がスマホ版をリリース「SimCity BuildIt」

私は昔から特にシミュレーションゲームで「シムシティ」シリーズが好きです。スーパーファミコンの初代シムシティから、2000,3000,シムシティ4、最新のシムシティ2013までプレイするほど。 スマホゲームの都市開発ゲーム […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
ESRランニングポーチ
ランニング中でもスマホが邪魔にならないESRランニングポーチのレビュー

日々のランニングやマラソン大会に出た時、ある悩みの種がありまし

はじめ整体院外観
滋賀県彦根市の「はじめ整体院」で体の歪みや重心のズレを相談してきた

近頃長い間歩くと足の痛みや足の不調が顕著に現れるようになってき

青森大間土産のマグロ一本釣り「やいっやー!山本さんラングドシャ」

お隣さんが本州最北端の青森県大間町へ旅行に行ったという事でお土

増田うどん
札幌の「増田うどん」甘いお出汁の肉うどんが魅力のうどん専門店

札幌市中央区役所の近くにある「増田うどん」は福岡肉うどんがメイ

鮭の旨味が濃厚な柳月のお煎餅「北海道鮭ぶし丸」が安いし超うまい

北海道で近年「鮭節(さけぶし)」と呼ばれる新食材が注目されてい

→もっと見る