*

WordPressのDownload Monitorでショートコードを使わずにダウンロード数をページに表示する

公開日: : WordPress

ダウンロードモニター

WordPress のプラグインに「Download Monitor(ダウンロードモニター)」というファイルのダウンロード数をカウントできるものがあります。登録したファイルがどれだけダウンロードされたのか、いつダウンロードされたのかという事がわかります。

Download Monitor がどのようなプラグインなのか詳細は他サイトにお任せするとして、ここではより踏み込んだことをお話します。

ページにダウンロード数を表示する方法

Download Monitor はダウンロード数をカウントするだけではなく、ページに表示する事も可能です。

Download Monitor の設定からデフォルトテンプレートを変更する事で、ダウンロードリンクをただのリンクにするのか、ボタンにするのか、ボックスにするのか、ダウンロード数を表示するかなど変更する事ができます。しかし、これは WordPress の投稿画面でショートコードを使った場合のみ有効な事です。

[download id="3998"]

ショートコードとは上記のようなものです。通常ショートコードは投稿画面でしか使えません。投稿画面以外の場所(テーマの個別投稿テンプレートなど)ではショートコードが使えないのでダウンロードリンクを作るには以下のような URL をリンク先に設定します。

http://www.url.com/download/3998/ (デフォルト設定の場合)

これで投稿画面以外にもダウンロードリンクを作る事ができますが、今回本題とする事は投稿画面以外でダウンロード数を取得しページに表示するという問題です。Google 検索で調べても有用な情報はなかったので自分で研究するしかないと思いました。

ダウンロード数はどこで管理されているのか?

ダウンロード数を取得するにあたっては、ダウンロード数はどこで管理されているのかを知る必要があります。恐らくデータベース内かと思って、phpMyAdmin でデータベース内を覗いて Download Monitor のテーブルを調べてみました。

なかった!!

ダウンロード ID やファイル名などの情報はデータベースに登録されていましたが、ダウンロード数はどこにもありませんでした。一体にどこにダウンロード数があるのか…。

次に投稿画面でショートコードではダウンロード数が表示できるので、ショートコードの中身を覗いてみました。WordPress の管理画面からプラグインを開き、プラグイン編集を選択します。画面右上の「編集するプラグインを選択」から Download Monitor を選び「content-download-button.php」にショートコードの中身があります。

どうやら get_the_download_count() という関数でダウンロード数を取得しているようです。しかしそのような関数は WordPress のものではなくプラグイン独自のものです。もうプラグインファイルを1から調べて get_the_download_count() という関数を見つけるしかありません。

WordPress のプラグイン編集で Download Monitor のプラグインファイルを上から順番に調べて get_the_download_count() 関数を探しました。すると「class-dlm-download.php」というファイルで見つける事ができました。

return absint( $this->get_file_version()->download_count );

download_count という変数にダウンロード数が入っていそうですが、これがどこでダウンロード数が入れられるのかわかりませんでした。半分諦めかけましたが今度は「download_count」という変数を虱潰しにまた1から探しました。すると「class-dlm-download-version.php」というファイルに increase_download_count() という関数を見つけました。訳すとダウンロード数を増加するという関数です。まさしく探していたのはこれです!

この関数の中には次のような記述がありました。

get_post_meta( $this->id, ‘_download_count‘, true )

get_post_meta?これでピンときました。get_post_meta 関数はカスタムフィールドの値を取得する関数です。まさか、カスタムフィールドにダウンロード数が管理されていたとは…。

しかし、投稿画面に「_download_count」というカスタムフィールドはありませんでした。

よく調べてみると、WordPress の管理画面でダウンロードの「すべてのダウンロード」を開き、登録ダウンロードファイルの編集をすると、ダウンロード可能なファイルの所にダウンロードカウント数が記録されている箇所がありました。恐らくここが「_download_count」というカスタムフィールドなのでしょう。

ショートコードを使わずダウンロード数を取得する方法

ここまでをまとめますと、Download Monitor でショートコードを使わずにダウンロード数を取得しページに表示するには以下のようにします。

get_post_meta( ダウンロードID, ‘_download_count‘, true )

ダウンロードID とは、DownloadMonitor で登録したダウンロードファイルに割り当てられている ID の事です。WordPress の管理画面でダウンロードの「すべてのダウンロード」で確認する事ができます。これで各ファイルのダウンロード数を取得する事ができるのです。ページに表示するには echo などで出力しましょう。

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

AMP
WordPressを簡単にAMPに対応するテーマやテンプレートを紹介

ウェブサイトの SSL 対応と同様に、いずれ AMP にも対応せざるを得なくなるんじゃないかなぁと思っています。AMP とはスマートフォンなどのモバイル端末でのウェブ閲覧を爆速化するプロジェクトです。AMP に対応したウ […]

WordPressでカテゴリ別人気記事を表示できない時に確認する事【Popular Posts】

WordPress の人気記事表示プラグインと言えば「WordPress Popular Posts」が有名です。手軽に人気記事をサイドバーを含め自由な場所に設置できるので大変重宝するプラグインです。 調べてみると Wo […]

Stinger6
【STINGER6】トップページのtitleタグから-(ハイフン)を除去する

WordPress の人気テーマの STINGER シリーズから最新の STINGER6 が公開されました。公式サイトより無料でダウンロードできます。 全てはブログを書く為に。 – WordPress無料テー […]

wpX
WordPress専用超高速サーバー「wpX」へ移転で詰まった事

当ブログを WordPress 専用レンタルサーバー「wpX」へサーバー移転を行いました。高速サーバーを謳うレンタルサーバーはとても月額費用が高くてなかなか手を出せなかったのですが、wpX は月額1,000円(12ヶ月契 […]

YARPPの関連記事サムネイルのアスペクト比(縦横比)がおかしい時の修正方法

YARPP(Yet Another Related Posts Plugin)は有名なプラグインなので WordPress でブログやサイトを運営している人なら目にした事もあるでしょう。関連記事を表示してページ回遊を促す […]

WordPressで突然ace_where,ace_joinに関するエラーが出てサイトが崩壊した話

先日私が管理している WordPress サイトの一つを見た時、いつもと違う印象を受けました。サイトデザインも崩れていますし、投稿内容もおかしな事になっていました。突然サイトが自分の意図しない物になっていたら焦ります。 […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
PayPalのアカウント名とはどれの事?

Paypal とは会社や個人間で送金や受け取りができるオンライ

ふわふわかき氷が年中楽しめる彦根市のかき氷専門店「氷茶屋百笑」

かき氷といえば夏のスイーツという枠を越え始めている2018年今

札幌駅から一番近くのスープカレー、奥芝商店実家でランチ

北海道に来たからにはスープカレーを食べなきゃ!と心踊らせて観光

永山カレー
札幌の旧永山武四郎邸にあるカフェ、和洋折衷喫茶ナガヤマレストでランチ

札幌のサッポロファクトリーの隣にある永山記念公園には、北海道指

魚介のアヒージョ
江別市野幌の「カフェ&デリ マチノキ」で北海道食材豊かなディナー

江別市の野幌町、野幌駅の近くに江別市のフレンチレストラン「シェ

→もっと見る