*

WordPressのDownload Monitorでショートコードを使わずにダウンロード数をページに表示する

公開日: : WordPress

ダウンロードモニター

WordPress のプラグインに「Download Monitor(ダウンロードモニター)」というファイルのダウンロード数をカウントできるものがあります。登録したファイルがどれだけダウンロードされたのか、いつダウンロードされたのかという事がわかります。

Download Monitor がどのようなプラグインなのか詳細は他サイトにお任せするとして、ここではより踏み込んだことをお話します。

ページにダウンロード数を表示する方法

Download Monitor はダウンロード数をカウントするだけではなく、ページに表示する事も可能です。

Download Monitor の設定からデフォルトテンプレートを変更する事で、ダウンロードリンクをただのリンクにするのか、ボタンにするのか、ボックスにするのか、ダウンロード数を表示するかなど変更する事ができます。しかし、これは WordPress の投稿画面でショートコードを使った場合のみ有効な事です。

[download id="3998"]

ショートコードとは上記のようなものです。通常ショートコードは投稿画面でしか使えません。投稿画面以外の場所(テーマの個別投稿テンプレートなど)ではショートコードが使えないのでダウンロードリンクを作るには以下のような URL をリンク先に設定します。

http://www.url.com/download/3998/ (デフォルト設定の場合)

これで投稿画面以外にもダウンロードリンクを作る事ができますが、今回本題とする事は投稿画面以外でダウンロード数を取得しページに表示するという問題です。Google 検索で調べても有用な情報はなかったので自分で研究するしかないと思いました。

ダウンロード数はどこで管理されているのか?

ダウンロード数を取得するにあたっては、ダウンロード数はどこで管理されているのかを知る必要があります。恐らくデータベース内かと思って、phpMyAdmin でデータベース内を覗いて Download Monitor のテーブルを調べてみました。

なかった!!

ダウンロード ID やファイル名などの情報はデータベースに登録されていましたが、ダウンロード数はどこにもありませんでした。一体にどこにダウンロード数があるのか…。

次に投稿画面でショートコードではダウンロード数が表示できるので、ショートコードの中身を覗いてみました。WordPress の管理画面からプラグインを開き、プラグイン編集を選択します。画面右上の「編集するプラグインを選択」から Download Monitor を選び「content-download-button.php」にショートコードの中身があります。

どうやら get_the_download_count() という関数でダウンロード数を取得しているようです。しかしそのような関数は WordPress のものではなくプラグイン独自のものです。もうプラグインファイルを1から調べて get_the_download_count() という関数を見つけるしかありません。

WordPress のプラグイン編集で Download Monitor のプラグインファイルを上から順番に調べて get_the_download_count() 関数を探しました。すると「class-dlm-download.php」というファイルで見つける事ができました。

return absint( $this->get_file_version()->download_count );

download_count という変数にダウンロード数が入っていそうですが、これがどこでダウンロード数が入れられるのかわかりませんでした。半分諦めかけましたが今度は「download_count」という変数を虱潰しにまた1から探しました。すると「class-dlm-download-version.php」というファイルに increase_download_count() という関数を見つけました。訳すとダウンロード数を増加するという関数です。まさしく探していたのはこれです!

この関数の中には次のような記述がありました。

get_post_meta( $this->id, ‘_download_count‘, true )

get_post_meta?これでピンときました。get_post_meta 関数はカスタムフィールドの値を取得する関数です。まさか、カスタムフィールドにダウンロード数が管理されていたとは…。

しかし、投稿画面に「_download_count」というカスタムフィールドはありませんでした。

よく調べてみると、WordPress の管理画面でダウンロードの「すべてのダウンロード」を開き、登録ダウンロードファイルの編集をすると、ダウンロード可能なファイルの所にダウンロードカウント数が記録されている箇所がありました。恐らくここが「_download_count」というカスタムフィールドなのでしょう。

ショートコードを使わずダウンロード数を取得する方法

ここまでをまとめますと、Download Monitor でショートコードを使わずにダウンロード数を取得しページに表示するには以下のようにします。

get_post_meta( ダウンロードID, ‘_download_count‘, true )

ダウンロードID とは、DownloadMonitor で登録したダウンロードファイルに割り当てられている ID の事です。WordPress の管理画面でダウンロードの「すべてのダウンロード」で確認する事ができます。これで各ファイルのダウンロード数を取得する事ができるのです。ページに表示するには echo などで出力しましょう。

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

WordPressのパーマリンクを連番にしたいがあるカテゴリだけ除外したい

WordPress のパーマリンクを連番にする方法は既に様々なブログで取り上げられておりここでは割愛しますが、それに加えてやりたい事があったのでメモします。 それは基本的にはパーマリンクは連番にするが、あるカテゴリの投稿 […]

wordpressサイト高速化
【WordPress】画像を最適化でサーバー容量削減!「EWWW image optimizer」が便利すぎ

遅いサイトと速いサイト、どっちが良いですか?と聞かれたら、それは多分速いサイトと答える人が圧倒的なのではないかと思います。ウェブサイトを見る人にとっても検索ロボット(クローラー)にとってもね。 サイトを表示するまでの早さ […]

wordpress
【WordPress】テーマ「Stinger3」のスマホページでCSSが効かない

WordPress のテーマで Stinger3 というものがあります。これが結構人気テーマで、このブログでも使わせて頂いています。 「必要な物は、揃っている。」というキャッチコピーの通り、主要プラグインに類する機能、ス […]

WordPress管理画面の固定ページの属性の中にテンプレートが表示されないのは何故?

WordPress の固定ページの新規作成画面にテンプレートのドロップダウンメニューがない事に気が付きました。固定ページのテンプレートとは、固定ページに独自のデザインを適用するためのものです。WordPress をカスタ […]

WordPressのWP_Queryでカスタムフィールドで絞り込み今日の日付以前の記事は表示しない

WordPress で条件に応じた記事を一覧で表示したいという機会は数多くあります。WP_Query を使えばカテゴリで記事を絞り込んだり、並び替えたり色々な条件に応じた記事一覧を出力できます。 今回やりたいと思ったのは […]

Stingerで特定記事だけAdsenseを表示しないようにする

このブログでも使っている WordPress の人気テーマ Stinger3 で Adsense を表示しないようにする方法を紹介します。Stinger5 でも同様です。 目次1 Adsenseを非表示にする必要性2 S […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Googleフォトにアップした写真がどこで撮影したのか確認する方法

あなたのスマートフォンの中にもたくさんの写真があるのではないで

長浜IC前「らーめん専家味噌壱」癖になる濃厚味噌ラーメン

北陸自動車道の長浜インターチェンジ前に、2018年にラーメン屋

WordPressのWP_Queryでカスタムフィールドで絞り込み今日の日付以前の記事は表示しない

WordPress で条件に応じた記事を一覧で表示したいという

電子レンジで冷凍食品のあたため500W/600Wってどこで判別?地域によって違いは?

冷凍食品を温めるのには電子レンジを使用しますが、冷凍食品の裏側

Premiere Elementsで動画の一部を切り抜きトリミングする方法

せっかく動画を撮影したけど、肝心な部分は動画の中央部分だけでま

→もっと見る