*

長野県斑尾高原の水芭蕉が咲く沼の原湿原で5月のトレッキング

公開日: : 長野

長野県と言えば湿原や高原散策!と思っている私です。長野県に行ったのであれば高原や湿原のトレッキングは絶対やりたいです。長野県には湿原や高原がたくさんありますが、その中でも日本遊歩百選にも選ばれている斑尾高原(まだらおこうげん)の沼の原湿原へ行ってきました。湿原の広さは21haにも及び、湿原の中に木の歩道が整備され水芭蕉やリュウキンカの花が群生しています。標高1,000メートルにある斑尾高原の大自然を肌に感じる美しい湿原を散策できます。

その沼の原湿原に5月に行くとどんなものなのか。その様子をレポートします。

これから沼の原湿原へトレッキングへ出かけようという方、長靴は必須です。理由は後でわかります。私も行く前に長靴が必須であることを知る事ができれば…。

沼の原湿原への行き方

沼の原湿原へ行くにはまず斑尾高原を目指されると思いますが、斑尾高原へ行ってから沼の原湿原への行き方がわからないという事態になり得ます。麓から山を登ってくるとまず斑尾高原スキー場へたどり着くのですが、地図で見る限り沼の原湿原は斑尾高原スキー場よりも更に山奥に位置します。道もあるのかないのかわからない毛細血管のような道で本当に車で行く事ができるのかよくわかりませんでした。

斑尾高原に差し掛かる最初の場所に「斑尾高原観光協会」の赤茶色い建物があります。その角を北へ細い道を進んでいくと沼の原湿原にたどり着きます。かなり細い道で車で対向するのも厳しい山道です。

駐車場について

沼の原湿原入口に約20台駐車できる駐車場があります。湿原の広さに対して駐車場が狭いので、ゴールデンウィークはいっぱいでした。偶然にもちょっと待つだけで入れましたが混雑すると駐車に待ち時間が発生するかもしれません。駐車料金は無料で沼の原湿原の散策は無料で楽しむ事ができます。また、入り口にはトイレも配備されています。

もしくは斑尾高原だけを目的に来たのであれば、斑尾高原入り口まで車で来て沼の原湿原を含む斑尾山、赤池などを回るトレッキングコースを歩くというのも一つの手段です。全長13kmで所要時間はおよそ7時間と案内されています。

5月の沼の原湿原

5月と言えば初夏。雪なんてないだろうと思ったらありました。しかもたっぷりと。5月でも山高い場所には雪がたくさんあります。その為、沼の原湿原の入り口には長靴レンタル(300円)とストックレンタル(200円)のサービスが行われていました。雪の上を歩くくらい長靴でなくても良いだろうとそのまま進みました。それが間違いでした。

5月の沼の原湿原は、雪はたくさんあるのに気温は20℃前後で温かいという不思議な体感温度でした。

(クリックで拡大)

沼の原湿原にはたっぷり楽しむロングコースとサクッと回るショートコースがあります。ロングコースは2.8kmで約90分。ショートコースは1.6kmで約50分です。所要時間は歩く早さによって前後します。湿原には上の写真のような木でできた道を歩いていきます。私はロングコースを歩いてきました。

5月初旬は半分以上が雪に覆われているので雪の上を歩く事が多いです。足跡をよく見ていないとどこが道なのかわかりにくく、踏み外すとズボッとはまってしまいます。この面でも長靴は必須ですね。

5月は湿原に水芭蕉の花がたくさん咲いています。他には黄色いリュウキンカが咲いていてとても美しい風景です。水芭蕉の季節が終わっても夏にはワタスゲ、ウメバチソウ、秋にはリンドウ、シラヒゲソウなど季節によって異なる花々を楽しむことができます。

沼の原湿原は都市部の喧騒を離れ大変静かで、葉擦れの音と水が流れる音、平地では聞く事のない野鳥の声が聞こえます。

美しい風景や自然が好きな方なら心を打つものがあるでしょう。

長靴が必須な理由

5月は雪が多い事も理由の一つですが、気温は温かいので雪解けもあり道がぬかるんでいる場所もあります。そうでなくてもここは湿原です。湿った原っぱです。靴が濡れないように雪の上を歩きぬかるみを避けていきましたが、試練が待ち受けていました。

雪解け水で流れが増水し、水が溢れて道まで及んでいます。水が少ない所を抜き足差し足で進みましたが、靴はどろどろ、片足を濡らしてしまいました。しかし、更なる試練も訪れました。

あのー、道が無いんですけど…。真ん中に道となっている木材が浮かんでいますが、これは何かの冗談でしょうか。これはもう諦めて水の中を歩くしかありません。川の中を歩いているのと同じです。完全にびしょぬれですよ。ここまで濡れてしまえば完全に濡らして靴の泥を落としていきました。そんな理由で長靴は必須です。

おわりに

沼の原湿原へ出かけるなら長靴を準備して行った方が良いです。5月も水芭蕉やリュウキンカが綺麗に咲いていますが、新緑の季節としてはまだ遠いですね。雪がなくなった夏に訪れればまた違った美しい風景が見られたのかなと思います。

施設情報

沼の原湿原
住所:長野県飯山市斑尾高原
公式サイト:【公式】斑尾高原観光協会

同じカテゴリの記事を見てみる  長野

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

千曲川堤防桜
長野で5月上旬でも桜の花見ができる小布施町の千曲川堤防の桜堤

桜の花見ができる時期と言えば主に3月下旬から4月下旬と考える人が多いのではないでしょうか。5月でも桜が見られるのは東北以北じゃないと難しいです。長野県でもほとんどの所で4月中には桜が散ってしまいますが、5月のゴールデンウ […]

長野県の湿原散策の穴場「飯綱高原大谷地湿原」で水芭蕉を鑑賞

長野県には高原や湿原がたくさんあります。大自然の中でのハイキングやトレッキング、高山植物や綺麗な花が好きな人にはたまらない観光スポットが目白押しです。しかし、そのような高原や湿原に行こうと思うと結構気合を入れて山奥まで車 […]

一面の菜の花に囲まれる長野県飯山市の菜の花公園は5月が見頃

長野県の北部、飯山市にある菜の花公園はその名の通り菜の花畑に囲まれた公園です。四方に黄色い菜の花畑が広がり一面が黄色い世界。毎年ゴールデンウィークの時期に満開になるように調整されているようで、それに合わせて5月のゴールデ […]

福島棚田の里
日本の棚田百選認定!絶景の福島棚田の里を見に行ってきた【長野県飯山市】

長野県飯山市に美しい景色の棚田があるという事を知り行ってみました。棚田とは山の斜面に作られた田んぼの事です。形は様々で山の斜面に作られている為石垣が積まれ盛土がされています。その為、タンスの棚のように段々状に田畑が広がっ […]

長野県の戸隠森林植物園は野鳥も観察できる森のオアシス

長野県の北部、戸隠山の山間にある「戸隠森林植物園」へ行ってきました。植物園という名前ですが植物園の建物があるわけではなく森です。長野県の広大な71haに及ぶ森林を散策できる自然公園です。都市の喧騒を離れ、静かな森、澄み切 […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
シーリングファン
天井に取り付けられるプロペラ「シーリングファン」の意味とは?

天井が高いカフェやオフィスなどでたまに天井に取り付けられている

ASUSタブレットPC「T101HA」でPhotoshopは問題なく使える?

今まで外出先や旅行先で作業する為のモバイル端末として、Andr

イタリアンジェラート
小樽市のイタリアンジェラート専門店「パスコロ」豊富なメニューと滑らかな口溶けが魅力

北海道の小樽市にあるパスコロは、手作りアイスのイタリアンジェラ

札幌大通近くのハヤシライス専門店「フェルム・ソレイユ」2週間熟成した究極のハヤシライスを食すランチ

札幌市中央区役所の近くにあるハヤシライス専門店「フェルム・ソレ

中部国際空港(セントレア)の駐車場でバッテリー上がりを起こした時の対処法

先日中部国際空港の駐車場でバッテリー上がりを起こしてしまいまし

→もっと見る