長野

長野で5月上旬でも桜の花見ができる小布施町の千曲川堤防の桜堤

投稿日:

桜の花見ができる時期と言えば主に3月下旬から4月下旬と考える人が多いのではないでしょうか。5月でも桜が見られるのは東北以北じゃないと難しいです。長野県でもほとんどの所で4月中には桜が散ってしまいますが、5月のゴールデンウィークでも桜の花見が出来る桜の名所があります。それが長野県小布施町にある千曲川堤防の桜堤です。

千曲川の堤防に4kmに渡り桜の木が植えられており、ゴールデンウィークには堤防沿いに美しい桜のトンネルが出来上がります。長距離に渡る桜のトンネルは絶景です。

千曲川堤防の桜堤の場所

千曲川にかかる小布施橋を小布施町方面へ行き、上信越自動車道を越える手前にあるのが千曲川河川公園です。このあたりから小布施パーキングエリア付近まで桜の木がズラリと植えられています。

駐車場について

千曲川河川公園の堤防上に駐車スペースがありますが、大変混雑するのでこちらがおすすめです。

地図には載っていませんがこのあたりに駐車場があります。ここからすぐに高速道路の下を通るトンネルがあるので、すぐに桜のトンネルを見る事ができます。

また、小布施パーキングエリア下りから堤防沿いに降りられる通路が桜開花時期のみ開放されています。高速道路をインターチェンジから降りなくても行けます。通行可能時間は7時~18時です。(4月下旬~5月中旬)

ゴールデンウィークでも花見ができる

桜の品種として有名なソメイヨシノは早い所で4月初旬、東北や北海道を除き4月下旬には散ってしまいます。ゴールデンウィークでも千曲川堤防の桜堤で桜の花見ができるのは品種が違う為です。ここにある桜は八重桜の品種の一つである「一葉」が植えられています。この桜は遅咲きで毎年ゴールデンウィーク頃に見頃を迎え、5月中旬頃まで見られます。4月に他の場所でお花見を楽しんだ後でも、お花見第二陣を楽しむ事ができますね。

八重桜はソメイヨシノとは違って桜の花にボリュームがあり花びらが何重にもなっています。桜の花の一つ一つが大きくてまるで実をつけているかのように重量感がありソメイヨシノよりも綺麗に感じます。

この桜のトンネルは本当に美しいですね。桜の花々にボリュームがあるのでいい具合に直射日光を防いでくれて結構な木陰が出来上がります。座りながらお花見も落ち着けて綺麗です。

おわりに

今年はお花見できなかった…と思っている方、この千曲川堤防の桜堤なら5月でもまだ間に合います!息を呑む美しさ、八重桜の桜のトンネルを是非あなたの目で直接ご覧ください。

また、小布施スマートICを降りた所に結構大規模な道の駅オアシスおぶせがあります。お花見のついでにお買い物、お土産を買っていくという楽しみ方もできます。

-長野
-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.