郵便

郵便局の郵便配達が2020年を目処に土曜配達を廃止する見込み、代替方法は?

投稿日:

郵便配達の土曜日配達が2020年を目処に廃止される方向へ動いている事がわかりました。その背景には人手不足、郵便物の減少があります。今までは月曜日から土曜日まで配達が行われていたものが、平日しか配達されなくなります。それにより土日を挟むと配達まで従来よりも日数が開いてしまう事になります。

しかし急ぎの郵便物などどうしても土曜日に届けたい事もあるでしょう。そういう場合にどうすればいいのか、代替方法はあるのか?何が廃止されて何が従来どおりなのかまとめます。

2020年廃止予定のものとは?

2020年に廃止が予定されているものは以下の2つです。

  • 郵便物の土曜日配達廃止
  • 翌日配達の廃止

近隣の場合、通常だと差し出し日の翌日には配達されていたものが、翌日配達の廃止により原則4日以内の配達という事になります。木曜日に投函したものは月曜日に配達となり、月曜日が祝日の場合は火曜日になります。

従来通りなもの

  • ゆうパックの土曜配達
  • 速達・書留の土曜配達

土曜日配達が廃止されるのは普通郵便で、ゆうパックや書留は土曜日配達が継続されます。速達も土曜日配達が継続されますが、利便性に配慮し現在の10%ほど値下げされる予定です。レターパックプラスも速達扱いなので土曜日も配達される見通しです。

速達なら土曜日も届く

土曜日の配達が廃止される事になっても、どうしても締切などの関係で土曜日に届けなくてはいけないものもあると思います。代替手段は速達で送るしかありません。

従来までははがきや切手料金のみで土曜日にも配達されましたが、土曜日に届けてもらうには速達料金も上乗せになります。(現行の280円から10%値下げされたとしても252円)

2019年10月よりはがきや封書の切手も値上げになるので、実質ダブルの値上げです。

いつから土曜日配達が廃止?

土曜日配達を廃止するには法改正が必要となり、早ければ2019年秋に臨時国会で法改正を目指し、成立すれば2020年秋にも廃止される見込みです。

個人的な所感

コンビニの24時間営業が見直されている中、人手不足で土曜日の配達が廃止されるのもやむなしとは思います。しかし、信書の配達は郵便局独占です。郵便局以外で信書を送ると郵便法違反になり送り主が罪に問われます。それによりクロネコメール便も廃止になりました。

土曜日配達を廃止しても土曜日に届けたいというニーズがなくなるわけではありませんから、利用者側としては郵便局以外にも信書を送れるようにしてニーズに合わせて選択肢を増やして欲しいなとは思います。

-郵便

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.