*

岐阜県垂井町で本格インドカレーをお洒落なバー「VAN DO BEE(バンドゥビー)」でディナー

公開日: : 最終更新日:2018/09/15 カレー

国道21号線を垂井町付近を走行中、チラッと見えたインドカレー&バングラディッシュカレーという看板の文字。それが気になって実際に行ってみました。日本でもインドカレーはよくあるお店ですしよく聞きますが、バングラディッシュカレーというのは聞き馴染みがありません。

余談ですが、子どもの頃バングラディッシュと言えば世界地図を見ながら最初に覚えた国名です。なぜならバングラディッシュの国旗は日本とよく似ています。日本は日の丸ですが、バングラディッシュは緑地に赤い丸で覚えやすかったのです。そういう事もあって、バングラディッシュカレーという言葉にピンと来たのかもしれませんね。

VAN DO BEE(バンドゥビー)へのアクセス

岐阜県大垣市を横断する国道21号線、大垣市と垂井町の境にあり垂井町側にあります。

大垣西ICから降りて国道21号線を西へ、綾戸口交差点を右折してすぐの場所にあります。ファミレスのココス垂井店の影に隠れてちょっとわかりにくいですが角を曲がればわかります。

駐車場について

お店の前に乗用車12台分の駐車スペースがあります。カレーの看板が目印。

店内について

インド系やアジア系のお店って雰囲気が独特で入り辛かったりするのですが、VAN DO BEE は白い壁に木目調のドア、大きな窓といった建物でお洒落なカフェのような印象も持てる入りやすい雰囲気も特長。

店内に入ると元気で日本語が流暢なバングラディッシュの方が迎えてくれました。ここではシェフもバングラディッシュ出身、スタッフもバングラディッシュ出身またはインド出身というお店で、バングラディッシュ人のシェフが腕を振るう本格バングラディッシュカレー・インドカレーが食べられるお店です。

夜はお酒も飲めるバーカウンター。

テーブル席はゆったりできるソファ席で落ち着ける雰囲気です。一人で行っても入りやすい感じ。お子様向けメニューもあるので子連れでも安心です。

VAN DO BEE(バンドゥビー)のメニュー

カレーの種類はシェフ一押しのバングラディッシュカレーが6種類で800円から。インドカレーでお馴染みのナンも種類が豊富で350円から提供されています。ナンはカレーとセットで注文すると100円引きになりますよ。

インドカレーは全8種類で880円から。また、バングラディッシュのライスカレーもあります。

カレーは注文する時に辛さを「甘い」「ふつう」「中辛」「辛口」「激辛」の5種の中から選びます。どれを選んでも価格は変わりません。バンドゥビーでの辛さは「ふつう」は辛くない設定で「中辛」から辛くなっていきます。

ディナータイムのスペシャルセットメニューとしてバンドゥビースペシャルセットがあります。これがかなりお得感たっぷりです。好きなカレーを2種選べる上に、ナンから椅子も付いてきて、バングラディッシュ系の小皿料理まで。更にはドリンクも付いて1,380円という安さ。単品で注文すればカレーとナンだけでこれくらいの料金はかかってしまいます。

2人以上向けでペアセットが3,480円で提供されています。

バンドゥビースペシャルセット(1,380円)を注文しました。辛さは中辛で。カレーにはバングラディッシュカレーの「ビーフとじゃがいものカレー」とインドカレーの「ほうれん草とチキンのカレー」をチョイスしてみました。両方の味を楽しめるのも良い所。

シルバートレイで出てきた辺りが、あぁなんか気持ちだけでも海外旅行に来た気分になれます。

ナンにはチーズナンをチョイス。ナンのボリューム感が予想以上に多かったです。これ、ピッツァ1枚分はあるのでは…。

セットで付いてくる小皿料理は「シシカバブ」と「チキンティッカ」の2つ。シシカバブはアジアで食べられている串焼き料理の一つ。日本で言えばつくね串のようなイメージのものですが、味は日本にはないような独特の味です。香草が効いたようなスパイシーな感じの肉料理です。

チキンティッカはインド料理の一つで鶏肉料理。日本で言えばフライドチキンのような感じで美味しい。ただ、骨付きなので食べるのが難しいです。

バングラディッシュカレーは日本のカレーにないような珍しいスパイス感で、異国情緒を感じます。ドロっとしておりナンにもあいます。ナンの甘さとカレーの辛さが相まって至福が訪れます。辛さは中辛でしたが、程よい辛さで良かったです。日本の中辛と比べると刺激感は多めです。

カレーに牛骨がそのまま入っているのは大胆というか、本場のカレーだなという印象を受けました。

サラダバーとスープバーもあり、無料で利用できます。至れり尽くせりな感じですが、正直言いますとボリューミー過ぎてカレーとナンだけで十分だったかなとも思いました。写真で見ると少なそうに見えてしまうんですけどね。

こちらは後日来店したときに注文したバングラディシュカレーの玉ねぎとチキンのカレーとプレーンナン(1,150円)です。ナンの巨大さにびっくり。

玉ねぎとチキンという日本でも馴染み深い食材なので食べやすいです。今回は「辛口」にしてみましたが、よりスパイシー感が増したような感じがしました。辛いのが大丈夫ならこれくらい辛いほうが美味しいです。

カレーと言えばインドというイメージがありましたが、実はバングラディシュでもカレーをよく食べるそうです。1日3食カレーとか。ナンではなくライスカレーが多いそうです。

持ち帰りもOK

カレーや、小皿料理、ナンは持ち帰りも可能です。持ち帰ってご自宅で本場インドカレー、バングラディッシュカレーを楽しめます。

おわりに

偶然チラッと見つけたインドカレー、バングラディッシュカレーのお店でしたが、雰囲気も良くてとても入りやすくお値段も手頃なのでまた来たいなと思いました。

お店情報

VAN DO BEE(バンドゥビー)
住所:岐阜県不破郡垂井町綾戸107-3
営業時間:9:00~10:30 / 11:00~15:00 / 17:00~21:00
定休日:月曜
公式サイト:VAN DO BEE バンドゥビィー/バングラディシュ&インドカレー
食べログ:VANDOBEE 垂井店 (バンドゥビィー) – 荒尾/インドカレー [食べログ]

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

北品川のカレー専門店、辛さ自由自在の「ロビンソンクルーソーカレーハウス」でランチ

ふとした事で東京に行く事になり、予定も立ててなかったのでどこでお昼ご飯食べよう?と思って探してみたところ、気になったお店が北品川にある「ロビンソンクルーソーカレーハウス」というカレー専門店でした。何度かテレビでも放映され […]

滋賀県長浜市のキーマカレー専門店!倉庫を改装したレトロな「キャリールーム」でランチ

滋賀県長浜市にキーマカレー専門店があるという事を instagram で知って是非行ってみたいと思い行ってきました。instagram は未知なる素晴らしいお店を見つけるにはとても便利ですね。2009年にオープンしたよう […]

奥芝商店スープカレー
旭川のレトロ感あふれる古民家スープカリー専門店「奥芝商店 旭川亭」

北海道旭川市にあるスープカリー専門店「奥芝商店 旭川亭」へ行ってきました。スープカリーの専門店なら札幌にもたくさんありますが、奥芝商店 旭川亭は超が付くほどレトロ感溢れるお店です。数十年下宿として使われていた古民家を当時 […]

スープカリー専門店lavi
スープカリーってこんなに旨いの?スープカリー専門店「lavi」【新千歳空港】

空港は様々な人が行き交い、人が集まります。飲食店も充実しています。そんな中、今回は新千歳空港にあるスープカリー専門店「lavi」へ足を運んでみました。 目次1 アジアンテイストでまるで南国気分1.1 絶品スープカリー1. […]

札幌駅から一番近くのスープカレー、奥芝商店実家でランチ

北海道に来たからにはスープカレーを食べなきゃ!と心踊らせて観光に訪れる方も多いと思います。今回紹介するスープカレーのお店は、札幌駅から一番近くにあるスープカリー専門店「奥芝商店実家」です。それはもう駅の改札を出たら徒歩1 […]

本格ネパールカレーの栗山町「earth」はお洒落で入りやすくてナンカレーが美味

北海道の栗山町にある earth(アース)は本格ネパールカレー・インドカレーを提供している多国籍料理のレストランです。本場ネパール人のシェフが調理しています。 外観はお洒落でとても入りやすいお店だったという所が大きなポイ […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Thunderbirdで「ごみ箱フォルダにメッセージをフィルターで分別できませんでした」

いつも通り Thunderbird を立ち上げると見慣れないエ

楽天ショップ等の縦帯バナーを商品別に変えるには?

楽天などのインターネットショップをパソコンで見ると、よく画面端

instagramで横長写真を複数投稿ができない!複数投稿する方法はあるのか?

instagram といえば正方形写真しか投稿できないと思って

岐阜県垂井町で本格インドカレーをお洒落なバー「VAN DO BEE(バンドゥビー)」でディナー

国道21号線を垂井町付近を走行中、チラッと見えたインドカレー&

WordPressで記事ごとにページビュー(アクセス数)を表示する方法

WordPress でブログやサイトを運営していると、どの記事

→もっと見る