Webサービス

TumblrのサイトをSearch Consoleに登録する方法(旧ウェブマスターツール)

投稿日:

ウェブサイトを運営されている方なら Google Search Console(旧ウェブマスターツール)はご存知かと思います。ざっくり言うと、ウェブサイトへの過去3ヶ月間の検索キーワード、検索結果への表示回数、Google 検索の平均検索順位などを調べる事ができ、Google にいち早く更新した記事をインデックスさせる「Fetch as Google」など運営に役立つツールも豊富。また、ウェブサイトの問題点なども指摘してくれるのでウェブサイトを運営しているなら登録はしておいた方が良いです。

Tumblr のサイトだと自分でサーバーを借りて運営しているわけではなく、ウェブサービスの一つです。ウェブサービスはカスタマイズもつぶしが利かない印象がありますが、Tumblr はひと味違います。独自ドメインも設定でき、デザインも割りと自由で自分で運営しているサイトのようなカスタマイズも可能です。

前置きが長くなりましたが、Tumblr のサイトでも Google Search Console に登録する事ができます。

TumblrのサイトをSearch Consoleに登録

tumblrs2

Google Search Console に Google アカウントでログインし、右上にあるプロパティを追加ボタンをクリックして Tumblr のサイトのアドレスを入力します。

Search Console にサイトを登録すると、まずは所有権の確認の為にいくつかの方法を提示されます。Analytics アカウントで確認、html ファイルをアップロード、meta タグで確認など。

searchconsole

Tumblr サイトでも Analytics を使うことが可能ですが、head タグ内にコードを追加するわけではないのでここで確認には使えないようです。また html ファイルをドメイン直下にアップロードする事も不可能…。となると残りの方法は html タグを追加する方法です。

上の図のように html タグのラジオボタンにチェックを入れて、表示されている meta タグを Tumblr のサイトの head タグ内に挿入します。そして確認ボタンをクリックします。

Tumblrのサイトでmetaタグを挿入

Tumblr にログインして設定を開きます。

tumblr4

次に、右メニューから該当のブログをクリックしてブログの設定画面を開きます。

tumblr-re2

サイトのテーマからテーマの編集をクリックします。

tumblr-re6

テーマの html を編集をクリックします。

tumblrs3

html のソースが表示されるので、head タグ内に指定の meta タグを挿入します。これで、Tumblr サイトを Search Console に登録することができました。

※Search Console に登録してもこの meta タグは消してはいけません。また最初からやり直しとなります。

-Webサービス
-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.