空港

空港の売店で見かけるTax Freeとは何か?

投稿日:

airport

飛行機をよく利用する人ならご存知かと思いますが、空港の売店にはよく「Tax Free」というマークを掲げているところがあります。Tax という事なので税に関する事だと思いますがどういう意味なのでしょうか。

Tax Freeとはどういう意味?

Tax Free とは日本語にすると免税です。Tax Free を掲げている売店は消費税を免除して販売している店という事です。

「え、Tax Free の店でもちゃんと消費税取られたし!」

はい、その通りです。日本国内での免税店は日本に住んでいない人を対象にしたもので、日本に住んでいる人の場合は通常通り消費税を支払う必要があります。ただし、日本に住んでいない日本人も対象となります。海外に行ったことがない、これからも行く予定がない人には Tax Free の恩恵を受ける事はないでしょう。免税店とは外国人旅行者が消費税を支払うことなく買い物ができるお店です。

何故免税するのか?

日本人が日本で品物を購入したら等しく消費税が課税されますが、外国人の場合はその限りではありません。外国人旅行者が母国へ持ち帰る場合などには輸出取引となり消費税が免除になる場合があります。消費税は日本で消費されるものに課税されるもので、海外で消費されるものには課税されないとなっています。

参考:国税庁:輸出取引の免税

外国人旅行者に対して免税する許可を貰ったお店が、Tax Free のお店です。空港で買うお土産を海外へ持ち帰ったら輸出になるんですね。

免税店の狙いとしては、外国人旅行者により多くのお土産物を買ってもらおうという所にあります。人間の心理でなるべく安い所で買い物をしようと思いますよね。消費税を支払う必要がなければより多くの商品を買ってもらえるかもしれません。

外国人旅行者に日本でたくさんお金を使ってもらったら、お金の回りが良くなり日本経済が潤います。2020年には東京五輪が開催され多数の外国人旅行者が訪れると予想される事から免税店を増やす計画も進められています。

-空港

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.