豆知識

パソコンケーブルを処分する前に売る事を考えよう。二束三文にはなるかも

投稿日: / 更新日:

ケーブル

自宅にパソコンがある人ならパソコンケーブルもたくさんあると思います。プリンターにしろスピーカーにしろパソコンに接続する為にはそれぞれそれらに応じたケーブルが必要になります。

パソコンケーブルと一言に言っても種類はかなり豊富です。

  • DVIケーブル(ディスプレイ用)
  • RGBケーブル(ディスプレイ用)
  • hdmiケーブル
  • USBケーブル
  • ラインケーブル
  • LANケーブル
  • SCSIケーブル
  • midiケーブル
  • 電源ケーブル

一例を挙げるだけでもこれだけの量があり、当然の事ながらまだまだ種類はあります。使わなくなった周辺機器が出てくると当然ケーブルも余ってきます。また、何に使っていたかわからないケーブル類も出てくるでしょう。そういう事も重なって不要なケーブルが自宅に溜まっているという事はないでしょうか?パソコン関連は処分方法も難しく料金がかかる事もあります。その流れからケーブルも不用意に捨てられず溜まる一方という事もあるでしょう。

しかし、それらのパソコンケーブルは何も破棄を考えなくても売る事ができます。

パソコンケーブルは売れる

ケーブルを捨てたい、いらないという人がいる一方でケーブルが欲しいという人もいます。ケーブルが足りないので買い足したいという場合、ケーブル一本買うだけでも1000円以上かかる事もあります。そこでケーブルの中古品を探そうというニーズもあるのです。

ハードオフなどのリサイクルショップにパソコンケーブルを持ち込めば売る事ができます。一本では買い取ってくれないかもしれません。買取価格も高くなく10本まとめて100円という事もありますが、捨てるより二束三文になるだけましという考えもあるでしょう。

ケーブルだけ売りに行くというのは面倒かもしれませんので、大掃除の際に不要品が出てきたらまとめて持って行って買取に出してみてはいかがでしょうか。

http://www.hardoff.co.jp/



-豆知識

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.