散歩

根津のお化け階段と言われる由来とは一体何か?【東京都文京区】

投稿日:

お化け階段

東京都文京区根津にお化け階段と呼ばれる場所があるようです。偶然根津で何かないかなと探してみた所 Google で見つけました。

ただの階段と思われる場所が Google には文京区の観光名所として登録されています。24時間営業というのは何かのギャグでしょうか?それに階段に電話番号って…。

これは何か特別な階段なのだろうと気になって行ってみる事にしました。

お化け階段の場所

東京メトロ千代田線の根津駅から歩いて5分程度の場所です。静かな住宅街の細い道を通って入り組んだ場所にあります。

お化け階段

到着しました。

…。

普通の階段ですよね。でも住宅街の中に階段があるのは珍しく思うので東京の下町風景として心をくすぐられるものはあります。

階段は途中で折れ曲がります。

階段を登った先は普通にまた閑静な住宅街が続きます。終始普通の階段でした。一体何がお化け階段なのでしょうか。

お化け階段の由来

現在のお化け階段は2008年に綺麗に整備された後で、それより以前はもっと細くて古びておりいかにも不気味な階段だったようです。

もう一つお化け階段と言われる由来として、登る時と下りる時で階段の段数が違うとか。登ると40段、下ると39段。そんなバカな話があるのか。行った時はその事について知らなかったので数えてきませんでした。

もう一度写真を見てみましょう。

お化け階段

注目すべきは最初の1段目です。高さがないのにアスファルトの色とは異なります。しかしよく見ると1cmくらいの高さがあります。その為登る時はカウントするけど下る時はカウントしない事でズレが生じるというのが事の真相です。

おわりに

東京には坂道や階段がたくさんあるようです。このお化け階段の他にも異人坂と呼ばれる坂道もありました。これらの風景もただの坂道、ただの階段には変わりありませんが、東京の下町感というか静かな落ち着いた空間は心をくすぐられるものがありました。

-散歩

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.