*

滋賀にも猫カフェはある!彦根市の「にゃんこっこ」で猫と遊んで癒される

公開日: : 最終更新日:2017/06/15 散歩

にゃんこっこ外観

滋賀県彦根市にある猫カフェ「にゃんこっこ」へ行ってきました。ひこにゃんお膝物の彦根城下、四番町スクエアの中にあります。滋賀県の猫カフェとかお客さん少ないだろと思ってたらそうでもなかったです。猫の癒やしを求める人は全国共通ですね。

にゃんこっこへのアクセス

彦根城下の夢京橋キャッスルロードあたりに位置する四番町スクエアの端に位置するのが、彦根の猫カフェ「にゃんこっこ」です。

にゃんこっこ外観

ご覧の通り外観は普通の一般家庭そのものです。猫カフェの看板のみが猫カフェアピールを醸しています。

駐車場について

にゃんこっこ駐車場

にゃんこっこの駐車場という訳ではありませんが、真正面に40分100円という格安のコインパーキングがあります。にゃんこっこ利用者だけが停めるわけではないので満車になる事もありますが、近隣に他にもコインパーキングがあります。

料金形態について

にゃんこっこ料金プラン

にゃんこっこの料金(もふもふ料金)は前払い制です。予めプランを選んで何分利用するか申告します。

  • 30分:大人500円/小6以下300円
  • 1時間:大人900円/小6以下550円
  • 終日フリータイム:大人1200円/小6以下700円
  • 延長10分:大人180円/小6以下120円

猫カフェとしては珍しく小学生以下も保護者同伴で入店する事ができます。1時間以上いるつもりならフリータイムがよさそうです。

にゃんこっこのルール

  • 写真撮影の際のフラッシュは禁止
  • 猫が嫌がる行為は禁止
  • 猫を部屋の外に出さない
  • 店内は禁煙

猫カフェとしては特に珍しく、猫のだっこが OK です。しかし嫌がるようであればやめましょう。

店内について

入り口を開けたらすぐに靴を脱いで下駄箱へ。すぐ隣にあるカウンターで料金を支払います。そしてアルコール消毒液で手を消毒したら猫たちとのふれあいタイム開始です。

nyankoko5

このような名刺ケースを渡されます。時間は各自管理、猫がかわいすぎて時間を超過してしまわないように注意しましょう。

にゃんこっこの店内

普通の家ですね。猫をたくさん飼っている普通の一般家庭に遊びに来た感覚です。猫たちが机の下やカーペットの上に鎮座しています。

nyankoko13

ちなみににゃんこっこは1階の部屋と2階の部屋があり自由に行き来する事ができます。部屋におわす猫も1階と2階で異なります。感覚で1階は6畳間くらい、2階は4.5畳間程で広くはないです。その為お客さんが5組、6組入店するようになるとギュウギュウ詰めになってしまいます。来店した当日は1時間の間に4組ほどのお客さんが来店しました。

飲み物は?

猫カフェって言うだけだからカフェらしく飲むものもあるでしょう。確かにあります。缶ジュース・ペット飲料が1本110円で売られています。それのみです。

その他のサービス

猫のおやつを一握りほどをカウンターで100円で販売しています。それ以外の食べ物を猫にあげる事は禁止です。

にゃんこっこの猫たち

nyankoko4

店内に入っても猫たちは微動だにせず。走り回る事もなくとても大人しい…。うとうとと居眠りをしていました。猫は雑種みたいです。生後1年以上は経過していそうな大きな猫が13匹います。

にゃんこっこの猫

抱き合って寝たりとってもなかよし。この焦げ茶で蒼眼の猫が一番お気に入りです。

nyankoko8

大人しいので写真も楽に撮れます。

nyankoko9

うつらうつら。

nyankoko10

キャットタワーから見下しにゃんこ。

nyankoko11

触っても大人しいです。

にゃんこっこはパワースポット?

信楽焼三毛猫

2階にはなでるとご利益があるという滋賀の信楽焼、三毛猫の焼き物があります。縁結びの神様で有名な出雲大社で祈祷された焼き物だそうです。訪れた際は是非なでてみましょう。

施設情報

ねこcafe’ にゃんこっこ
住所:滋賀県彦根市本町1-11-13
営業時間:平日13:00~20:00 / 休日10:00~20:00
定休日:月曜日
公式サイト:ねこcafe' にゃんこっこ

関連記事

大津市にオープンした保護猫カフェ

滋賀県大津市初の猫カフェ、膳所駅前の「保護猫カフェねこのおうち」へ行ってきた
2016年12月に大津市にオープンしたという保護猫カフェねこのおうちへ行ってきました。今までに滋賀県内で猫カフェと言えば彦根市と草津市に合わせて3件しかありませんでしたが、

近隣の猫グッズショップ

滋賀県米原市のおしゃれ猫グッズ雑貨店「jiyuujin」猫好きにおすすめ
滋賀県米原市にある猫グッズ雑貨店 jiyuujin へ行ってきました。童話作家池田あきこ氏が手掛ける世界観 WachiField に住まう猫「ダヤン」の猫グッズを取り扱うお

同じカテゴリの記事を見てみる  散歩

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

金剛輪寺本堂
滋賀の湖東三山「金剛輪寺」で登山気分で紅葉散策

滋賀県の湖東の紅葉スポットとして有名な湖東三山の三大寺院の一つ、「金剛輪寺」へ行ってきました。あまりに有名すぎて混雑するのはわかりきっているので今まで行った事はありませんでした。湖東三山と呼ばれる通り山ですので、登山のつ […]

淡墨桜
日本五大桜の「淡墨桜」は歴史を感じる貫禄ある美しい桜だった

どうせ桜を見るなら有名な桜でも見に行こうかという事で日本五大桜の一つ、岐阜県本巣市にある根尾谷・淡墨公園の淡墨桜を見に行ってきました。有名な桜ですし、ちょうど満開の時期だったので早朝から凄い人入りでした。 淡墨桜は樹齢1 […]

巨大猫
「猫の居る休憩所299」東京池袋の猫カフェ!広々空間で猫とたわむれ遊んだ感想

初めて猫カフェに行ってきました。猫好きとしてはいつか行ってみたいと思っていた所。楽しすぎました。 今回行ってきたのは東京池袋にある「猫の居る休憩所299」という猫カフェです。299とは肉球の意味だとか。猫カフェとはどんな […]

関ヶ原メナードランドの今、岐阜県に存在した遊園地跡

岐阜県関ヶ原町にメナードランドという遊園地がありました。今は閉園して何も残されていません。メナードランドが営業していた頃は小学生でしたが、メナードランドにはスケートリンクも併設されていて何度か行った記憶があります。特に1 […]

泉神社
名水百選にも選ばれた滋賀の泉神社湧水へ水汲みに行ってきた

1985年に環境省が選定した名水百選ですが、滋賀県には二箇所あります。そのうちの一つが米原市にある泉神社の湧水です。大清水とも呼ばれています。伊吹山に降った雨水が石灰岩層を浸透し、カルシウムなどミネラルを豊富に含んだ水が […]

梅花藻ライトアップ
滋賀米原の夏の風物詩、梅花藻ライトアップで地蔵川に咲く花が神秘的に輝きます

夏の風物詩と言えば、花火、夏祭り、盆踊りなど色々とありますが滋賀県米原市ではもう一つの夏の風物詩があります。それは、梅花藻鑑賞です。 梅花藻とは冷涼な清水を好む水草で川の水底に群生します。水温が25℃を越えると生育できな […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Aipo8.1.1オープンソース版で2018年の祝日設定を行う(さくらのVPS)

オープンソース版の無料グループウェア「Aipo」のサポートが2

タイヤのホイールナットが緩んで紛失、1個で買う方法はあるか

車の発進時や曲がる時にわずかなゴリッという音がする事に気づいて

高速道路
高速道路の上りと下りってどっち方面?全国高速道路総まとめ

高速道路には進行方向によって「上り」と「下り」という表現があり

名古屋久屋大通(丸の内)の「Cafe One」で居心地良い空間でおうちごはんランチ

名古屋観光で名古屋テレビ塔と久屋大通公園を見に行った際にランチ

豊田合成リンク
名古屋栄の豊田合成リンクで氷じゃないスケートリンクで滑ってきた感想

名古屋市の栄に氷じゃないスケートリンクがあるという話を連れに聞

→もっと見る