*

ニーアオートマタのPC版をGeforce GTX960でプレイした感想

公開日: : 最終更新日:2017/04/01 ゲーム

2017年3月18日より発売されたスクエアエニックス(開発はプラチナゲームズ)のアクションRPG「NieR:Automata」の PC 版を購入しました。元々2017年2月23日に PS4 で発売されたゲームでしたが、PC 版が出るという事を聞いて買ってみようと思いました。

NieR:Automata(ニーアオートマタ)とはドラッグオンドラグーンシリーズに数えられる作品で、2010年に発売されたニーアゲシュタルト/レプリカントの後継となるゲームです。私はどちらも名前は知っていてプレイはしなかったゲームで内容は全く知りませんが、前作を知らなくても問題ありません。

あらすじを簡単に説明すると、5204年、宇宙から地球へ侵略してきたエイリアンが繰り出す機械生命体により人類は壊滅。生き残りは月へ逃亡し、地球を奪還すべくアンドロイド(ロボット)の YoRHa 部隊の戦いを描くストーリーとなっています。主人公はヨルハ2B という少女型アンドロイド。

空間が全てシームレスで繋がったオープンワールドのフィールドである事も特長の一つで、広大な美しいフィールドを駆け回ります。

そんなニーアオートマタ PC 版を Geforce GTX 960 でプレイした感想などをレビューします。

PCスペックについて

まずは PC 版の必要スペックについて見てみましょう。

当方のPC環境

  • CPU:Intel Core i7-6700 3.4Ghz
  • メモリ:24GB
  • グラフィックカード:Nvidia Geforce GTX960 4GB

ニーアオートマタの推奨環境

  • CPU : Intel Core i5 4670 | AMD A10-7850K 以上
  • メモリ : 8GB
  • グラフィックカード : GeForce GTX 980 VRAM 4GB | AMD Radeon R9 380X VRAM 4GB 以上

推奨環境を見ると Geforce GTX 980 4MB 以上が要求されていてグラフィックカード性能が結構足りていません。しかし、最低環境の GeForce GTX 770 VRAM 2GB 以上は満たしているので中レベルくらいでプレイできるだろうといった所でした。

グラフィック設定とfpsについて

グラフィック設定は PC 環境に合わせて自動で設定されるようですが、Geforce GTX960 でも意外と高い水準でした。フレームレートは PS4 では数少ない 60fps を実現したゲームのようですが、果たしてこの環境で PC 版ではどうなるか…。

残念ながら常時 60fps 維持は不可能でした。平常時は60fps で戦闘など混み合った状況になると 40~50fps まで落ち込みます。しかしカクカク感はなくプレイに支障はない程度です。30fps まで落ち込むとカクカク感が出ますが、そこまで落ち込まないだけましですね。

ここまでガシガシ動くアクション RPG は高いフレームレートが欲しいですが、Geforce GTX960 ではまぁまぁなレベルです。60fps を維持したいなら GTX980 以上のグラフィックカードが必要でしょうね。

コントローラーについて

操作が忙しいアクションRPGをキーボードとマウスでプレイするのは案の定苦痛だったので、コントローラーを使用しました。

Windows 対応 Xbox コントローラーなら USB 端子に接続するだけで使えて楽です。

プレイした感想

やはり日本のゲームとしての安心感を感じるゲームでした。海外のゲームも良いですが、違う所は世界観、キャラクターデザインもそうですが、仲間との会話などこの辺りだと思います。海外のゲームは基本一人のソロなので。

戦闘

戦闘はフィールドに点在する敵に直接攻撃を仕掛けるアクションです。弱攻撃、強攻撃、ジャンプ、回避を組み合わせて攻撃します。スピード感がある戦闘で、特に攻撃をギリギリで回避した時の分身エフェクトが気持ち良いです。

序盤で思ったのは、1回攻撃を受けた時のダメージが半端なく大きい事に驚きました。回復手段のアイテムも数少なく今後が心配でしたが、しばらく進むと回復アイテムも数多く入手する事ができました。

フィールド

日本のゲームでオープンワールドと称されるゲームにありがちな、フィールドは広いけどクエストがスカスカという事もなく至る所でクエストを受注する事ができました。ただ、ファストトラベルのようなすぐに移動できる手段が最初はありません。5時間くらいプレイした後に解放されます。(時間は個人差があります。)

おわりに

結論は Geforce GTX960 ではグラフィック性能中レベルですが、カクカク感はない程度でプレイする事ができます。もっと高い水準でプレイしたい場合は Gefore GTX980 以上をおすすめします。

関連記事

【レビュー】ニーアオートマタのサントラは琴線に触れる珠玉の良曲揃いだった
ゲームのサウンドトラックはある世界観に沿ったバリエーション豊かなまとまった楽曲を聴ける事が魅力の一つだと思います。そしてニーアオートマタのサウンドトラックは数あるゲームのサ
  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

非常口
脱出ゲーム作者が教える愛される脱出ゲームの作り方

私が脱出ゲームを作り始めたのは2006年の事です。脱出ゲームをプレイしているうちに自分でも作ってみたくなったのがきっかけです。 これまで脱出ゲームを作ってきた経験と、色々な脱出ゲームをプレイした経験から見出した「愛される […]

映画アサシンクリードを鑑賞した感想。ゲームに負けない迫力のアクション

ゲームのアサシンクリードシリーズが実写映画になったという事で映画館で鑑賞してきました。アサシンクリードシリーズは第一作目からファンでよくプレイしていましたが、今までは毎年新作が出ていたのですが2016年には発売されず、2 […]

WiiUをPCディスプレイに繋ぐと音がしょぼいので何とか改善したい

新し物好きで、WiiUを発売日に買ってしまった私です。発売日から約1年半経ってますがここまでに買ったソフトは2本。NewスーパーマリオブラザーズUとマリオカート8だけというね。長い間置物状態だったのですが、最近はマリカー […]

遊園地経営シミュレーションゲーム「PLANET COASTER」が自由度高すぎて面白い

イギリスの Frontier Developments が開発を手がける遊園地経営シミュレーションゲーム「PLANET COASTER」が2016年11月18日に発売されました。このゲーム、本当に美しく自由度が高い遊園地 […]

雨倉香都
【3DS】CHASE-未解決事件捜査課~遠い記憶~をプレイした感想

2016年5月11日にニンテンドー3DSのダウンロードソフトとして「CHASE-未解決事件捜査課~遠い記憶~」がリリースされました。こちらのゲームの開発陣はかつてニンテンドーDSで発売されたアドベンチャーゲーム「ウィッシ […]

Mighty No.9
ロックマンの生みの親が開発したアクションゲーム「Mighty No.9」をプレイした感想

2016年6月21日にロックマンの生みの親(稲船敬二氏)がプロジェクトリーダーとして開発された横スクロールアクションゲーム「Mighty No.9」が発売されました。プレイできる環境は PC、PS3、PS4、PS Vit […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
滋賀県長浜市のキーマカレー専門店!倉庫を改装したレトロな「キャリールーム」でランチ

滋賀県長浜市にキーマカレー専門店があるという事を instag

病院経営ゲームのテーマホスピタル新作が2018年秋にSTEAMで発売「Two Point Hospital」

2018年1月16日に病院経営シミュレーションゲーム「Two

Aipo8.1.1オープンソース版で2018年の祝日設定を行う(さくらのVPS)

オープンソース版の無料グループウェア「Aipo」のサポートが2

タイヤのホイールナットが緩んで紛失、1個で買う方法はあるか

車の発進時や曲がる時にわずかなゴリッという音がする事に気づいて

高速道路
高速道路の上りと下りってどっち方面?全国高速道路総まとめ

高速道路には進行方向によって「上り」と「下り」という表現があり

→もっと見る