*

ネットショップの営業日カレンダーを自動更新にして手間を省く

公開日: : 最終更新日:2014/11/27 ネットショップ

カレンダー

ネットショップと言えば必ずと言っていいほどありますよね。休業日と営業日をお客様に知らせる為の営業日カレンダー。お店によって実装方法は様々です。カレンダーは画像であったり、table タグでカレンダーを html で直打ちしたり…。これを毎月更新となると結構面倒で手間もかかります。複数ショップを運営していたら尚更です。

この営業日カレンダーが自動で更新出来たら、どんなに楽なものか。今回はカレンダーを自動で更新してくれるツールを紹介します。

営業日カレンダーを自動更新

シンクグラフィカさんで公開されているフリーのスクリプト素材です。下記ページからダウンロードしましょう。

calendar2

デフォルトだと上図のような状態になっています。お休みの日は背景が赤くなり、マウスカーソルを合わせると何のお休みか(定休日)などをポップアップで表示してくれます。カレンダーのサイズなどは付属の CSS で編集が可能です。

このまま使ってもいいのですが、真ん中の大きい予定表がいらなかったので消しました。

まず付属の html ファイルを開きます。以下の部分をサクッと消します。

<div class="schedule_wrapper">
  <h3>予定表</h3>
  <!-- 0番目の予定リストを表示する場合は以下のタグを配置 -->
  <div id="schedule0" class="schedule_list">
    <ol>
      <li value="210">テスト</li>
    </ol>
  </div>
</div>

定休日などの設定方法

各自店舗のお休みを入力しないことにはそのまま使えません。定休日を設定するには付属の「cal.js」を開きます。

なかなか難しいソースコードですが、上の方は設定になっています。「// (○月) 第× △曜日の場合」というコメントがあるのでその下を編集します。

calObj[0].month["0-1"] = 'Holyday;定休日';

上記は定休日設定の例です。肝となるのは["0-1"]という部分です。まず最初の数字は0が日曜日、次の数字は第何週目という意味になっています。つまり、第一日曜日を定休日とする設定です。0は日曜、1は月曜というように数字が増えていきます。これに習って、毎週土日を定休日とするには以下のように設定します。

calObj[0].month["0-1"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["0-2"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["0-3"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["0-4"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["0-5"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["6-1"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["6-2"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["6-3"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["6-4"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["6-5"] = 'Holyday;定休日';

holyday というのは、日付の背景を赤くする為に必要なもので変えられません。後ろの「定休日」はポップアップに表示する文字列なので自由に変えても問題ありません。

夏季休業日などの設定方法

夏季休業日などは、毎月第○曜日という設定ではできません。その場合は、以下のようにします。

calObj[0].month["8-3-2"] = 'Holyday;夏季休暇';

3つの数字に着目してください。これは8月の第二水曜日を夏季休暇にする設定です。何日かある場合は、その分行数を追加して設定します。

休日以外の設定をしたい場合

休日設定だと日付の背景が赤くなりますが、赤以外で休日以外の設定をしたい場合もあると思います。その場合は、付属の CSS を開いて設定します。

div.cal_wrapper table.cal tr td div.任意の文字列 {
	font-weight: bolder;
	color: #F00;
	background-color: #FEE;
}

「…div.Holyday」という箇所が休日設定の CSS となているので、これを丸々コピーします。.Holyday の箇所を任意の文字列に変更し、「background-color」の箇所で任意のカラーコードを入力します。

前述の定休日設定で「Holyday」の部分を今回決めた任意の文字列に変えると、背景が違う色で設定が可能です。

運用中のメンテナンス

年が変わると、夏季休業日や冬季休業日の日が変わるのでその部分は設定変更する必要があります。

おわりに

これで毎月のカレンダー更新作業が無くなってかなり時短に繋がりました。是非店舗運営にお役立てください。

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

動画からアニメーションgifへ自動で変換してくれるフリーソフト「動画GIF変換」

gif と言えば透過に対応した画像形式の一つですが、gif はアニメーションにも対応しています。ただの画像でありながらパラパラ漫画の要領で動く画像が作れるわけです。アニメーション gif はインターネット上で動画が普及し […]

画像上書きの反映は遅いが一瞬で反映させる代替策はある【楽天ショップ】

楽天ショップを運営している人なら一度は頭を悩まされた事はあるでしょう。楽天の商品画像、すなわち楽天 RMS にアップロードした画像・楽天 GOLD スペースにアップロードした画像を上書きして差し替える場合、画像の反映処理 […]

CSV
重くて開けないCSVをExcelで開くには分割するべし

CSV ファイルと言えば IT系の業務に携わっている人なら一度は使った事があるファイル形式だと思います。 目次1 CSVファイルとは2 重いCSVをExcelで開くには2.1 重いCSVを分割する方法3 おわりに CSV […]

画像ダウンロード
楽天R-Cabinetの画像をURLから一括でダウンロードする方法

楽天市場の商品ページにある商品画像や説明画像は、楽天 RMS の R-Cabinet にアップロードします。しかし、この R-Cabinet。画像ファイルの一括アップロード機能は用意されていても、一括ダウンロード機能は提 […]

楽天の選択し
楽天商品ページのカート上の選択肢を目立たせてスルーを防ぐ

楽天の商品ページにはカート上にお客様に選んでもらう選択肢を付ける事ができます。選択肢はプルダウンメニューで表示されます。例えば、商品をカートに入れる前にお客様に確認してほしい事とか、キャンペーンに参加するかしないか等を尋 […]

楽天会社概要
楽天ショップ会社概要ページもCSSを使って若干のデザイン付けが可能です

楽天ショップで買い物しようとするとき、送料や支払い方法、納期、利用規約等を調べるために会社概要ページを見る事もあると思います。 その会社概要ページ、字ばかりでダラダラと書き連ねられており読むのも辛いほど読みづらい構成とな […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Gmailのエラー「Gmail requires one or more Google Play services that are not currently avaiable.」で開けない

あるいつもどおりの朝、スマートフォンで Gmail を開こうと

Amazonで自分の書いたレビューを一覧で確認する方法

世界的に最大級の通販サイト Amazon。私もよく使います。利

大垣カフェ「カフェ飯屋ピーナッツ」暖かく自然派なお食事が美味しいアットホームな場所でした

岐阜県大垣市の市民病院近くにオープンした「カフェ飯屋ピーナッツ

Illustratorで矢印に綺麗に境界線を付ける方法

Photoshop では矢印でも文字でも綺麗に境界線をつけるレ

迫力のロングチャーシューラーメン!一宮市の「麺日和千秋店」

愛知県一宮市にあるラーメン店「麺日和 千秋店」は他店とは一線を

→もっと見る