ゲーム

バイオハザードリベレーションズ2のゲーム小分け商法に思うこと

投稿日: / 更新日:

XboxOneコントローラー

バイオハザードなどで有名なカプコンが、来年発売されるバイオハザードリベレーションズ2でゲーム自体を4分割して売るというニュースを見ました。1章ごとに1,000円~2,000円で販売するそうです。ちょっと首をかしげるニュースです。

4分割の狙いは、このゲームやってみたいけど7,8千円は出せないという人向けに試しに買ってみる衝動買いを誘う作戦の模様。

バイオハザード自体がコア層向けのゲームですし、コア層ならやりたいゲームなら惜しまず買うと思うんですよね。興味が無いゲームは全く興味がないのどちらか。最近は据置ゲーム機自体がコア層向けのアイテムとなってしまっているので、販促に攻める部分が的はずれな印象があります。

この記事だけではどうやって売るのか詳しくはわかりませんが、記事によるとまずダウンロード販売で売って、その後に店で全て入ったディスク版を買わせるというように読み取れます。さすがにそれでは誰も見向きをしないと思います。多分、店で従来通りディスク版を売りつつ、ダウンロード販売では第一章をプレイして面白かったら次の章を買うという方法になるのだと思いますが。

試しに1000円払ってプレイしてみる気になるか疑問

このゲーム買ってみようかな?どうしようかな?と悩むのはライト層だと思います。若干ライト層もいそうな PS3 でやってみたい人にアピールするなら、体験版で十分じゃないか?と。1,000円でもゲームを買って失敗したくないので、私なら買わないです。

一度体験版を出してデータを引き継げる形で、面白いと思った人にその場で第一章をダウンロード販売で買わせるという流れならまだ良いかもしれません。

以上の事から私はこの商法は失敗するんじゃないかと思います。

-ゲーム

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.