ラーメン

あらごし鶏白湯ラーメンの新しい美味しさ!滋賀県水口町の「地頭鶏白湯亭 日向」

投稿日:

日向外観

滋賀県甲賀市水口町にあるラーメン店「地頭鶏白湯亭 日向」へ行ってきました。ここのお店のラーメンは今までに食べたラーメンの中でも新しい美味しさを感じました。日向は宮崎県産地頭鶏を使用した白湯ラーメン専門店です。そんな新しいラーメンの美味しさを発見したラーメン店を紹介します。

地頭鶏白湯亭 日向へのアクセス

地頭鶏白湯亭 日向は滋賀県南部を通る国道1号線から少し裏路地へ入った所にあり、隠れているので知らないとわかりにくい場所にあります。具体的にはショッピングセンターのアルプラザ水口の近くで、西名坂交差点を北東へ進みすぐに右折します。最初のカーブ沿いにあるツキダビル1階にあります。

駐車場について

駐車スペースはお店の前にありますが、2台しか停められません。お昼時なら取り合いですね。

店内について

店内は厨房を囲んだカウンター席しかありません。細長い空間で奥行きがあるのでそれほど狭いとは感じませんでした。清潔感がある内装でカウンター席で15席くらいはありそうでした。

店内に入るとまず食券を購入します。

地頭鶏白湯亭 日向のメニュー

鶏白湯ラーメン専門店という事で、鶏白湯をベースに様々な種類のメニューがあります。

鶏白湯醤油・鶏白湯塩・鶏白湯味噌バター・鶏白湯魚介・カルボナーラ白湯など。その他丼メニューも充実しています。

hinata3

ここでは珍しい鶏白湯魚介ラーメン(800円)を注文しました。魚介風はどこでもありそうですが、鶏白湯が混ざるとどうなるんだろうと気になりました。ラーメンを注文したらまず、スープがあらごし(こってり)・あっさり・ハーフアンドハーフから選びます。更に麺が太麺か細麺かも尋ねられます。私はハーフアンドハーフの太麺で注文しました。

hinata4

まずはスープでございます。大量の鶏肉で2日間煮込んだ白湯スープのあらごしなので、細切れの鶏肉が浮かんでいます。白湯スープなのでトロリとしており、ハーフアンドハーフなのでこってりとあっさりの中間のようなスープです。鶏白湯のミルキーさに加わり、魚介の変化球がいい味を出しています。鶏の風味と、魚介のパンチが新しいラーメンの味わいを生み出しているように思えました。

hinata5

麺は太麺をチョイスしました。とろりとしたスープなのでスープの味も付いてきます。

hinata6

そしてこの極厚炙りチャーシューが柔らかくて絶品の味わいでした。

せせり焼丼

一緒にサイドメニューでせせり焼き丼(350円)を注文しました。せせりとは、鶏の希少部位で首の肉です。他の部位より弾力があるのが特長で身がよく締まっています。こちらのサイドメニューも注文時にタレをこってり・あっさり・甘ダレから選べました。香ばしくジューシーなせせりとタレがマッチして美味な丼でした。

おわりに

地頭鶏白湯亭 日向は甲南町にある本店「らーめん亭 楽呑亭 日向」の2号店だそうです。本店はお昼はラーメン屋、夜は居酒屋という営業スタイルでラーメン屋とは思えないお洒落なお店だそうです。居酒屋ベースで店舗を作ったからでしょう。本店と2号店とどちらに行こうか迷いましたが、近い方の2号店へ行きました。

本店のメニューは2号店とはまた違うようです。本店と2号店の距離も7kmほどなので、お近くなら食べ比べも楽しめますね。また、大池寺が近いので帰りに立ち寄るのも良いと思います。

お店情報

地頭鶏白湯亭 日向
住所:滋賀県甲賀市水口町東名坂302-1ツキダビル1F
営業時間:11:00~14:00/17:30~21:00
定休日:月曜日
公式サイト:らーめん亭 楽呑亭 日向

-ラーメン
-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.