ゲーム

ロックマンの生みの親が開発したアクションゲーム「Mighty No.9」をプレイした感想

投稿日:

Mighty No.9

2016年6月21日にロックマンの生みの親(稲船敬二氏)がプロジェクトリーダーとして開発された横スクロールアクションゲーム「Mighty No.9」が発売されました。プレイできる環境は PC、PS3、PS4、PS Vita、Xbox360、Xbox One、WiiU、3DS という多岐に渡ります。とんでもないマルチ展開ですよね。

ロックマンの生みの親が開発したというだけあって、ゲーム内容はロックマンのような横スクロールアクションゲームです。ロックマンの後継作と呼ばれていたりしますが、公式に発表されているわけではありません。しかし、新たにロックマンのコンセプトを継ぐものを作りたかったという思惑はあったんじゃないかと思います。

定価は2,500円で、各ハードのeショップやストアでダウンロード配信されています。PC 版については Steam で購入可能です。(PC版は1,980円のようだ)

Mighty No.9の感想

mighty3

私は Steam で PC 版を購入しました。最初にプレイした感想は、「うわ、これは完全にロックマンだ。」と思いました。キャラクターは違えどシチュエーションはロックマンそのもの。ロボットがウイルスに感染し暴走を始めた、何とかして止めようというお馴染みのストーリーです。

mighty7

ロックマンシリーズをプレイしてきた方ならお馴染みの操作方法です。ショットを打ち、ジャンプして、チャージアタックなどのアクションがあります。敵にショットを打つのはロックマンと同じですが、違うのはショットを打っても敵を完全に倒す事はできずチャージアタックの体当たりで敵を倒します。具体的には敵に何発かショットを当てると敵に色が付きます。これが瀕死状態でこの状態の時にチャージアタックで敵を倒します。同時に倒すことでコンボがたまるようです。

またチュートリアルを終えて1ステージ目までしかプレイしていませんが、後にロックマンでもお馴染みだった特殊武器も出てくるそうです。

ステージセレクト

チュートリアルステージを終えると8つのステージから選ぶステージセレクト画面が出ます。ロックマンでもお馴染みのやつ。

難易度について

ロックマンの無印シリーズは高難度で有名でしたが、Mighty No.9 もそこは受け継いでいるように思いました。私はそこまでロックマンシリーズをやり込んでいた訳ではないので参考にならないかもしれませんが、結構難しめだと思います。触ると即死な天井、当然穴に落ちると即死、よく死にました。あまりに何度も死んでいるとパワーアップアイテムが出る救済処置もありました。

敵の動きやステージを覚えて進んでいくというのもロックマンシリーズの醍醐味でしたね。

セーブについて

セーブシステムはオートセーブ式です。ステージをクリアするとセーブされるようです。

Steamで購入したら英語版だったので日本語化する方法

Steam で Mighty No.9 を購入して起動したら、英語版でスタートしてしまいました。しかし、ご安心ください。日本語化ファイルをダウンロードしてきたりするような面倒な日本語化作業は必要ありません。最初から日本語音声とテキストが実装されています。

mighty5

まずは、タイトル画面から GENERAL OPTIONS を選択します。

mighty6

設定の「Other」から Text Language と Voice Language を日本語にして適用する事で日本語化が完了します。

おわりに

結局の所、Mighty No.9 はほぼロックマンでしたが、ロックマンシリーズの新作を待ち望んでいた人やロックマンが好きな人にはおすすめなゲームです。操作感も同じなので楽しめると思います。

最後に、私が制作した Mighty No.9 のアレンジ曲をどうぞ。

-ゲーム

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.