空港

寝坊して飛行機に乗り遅れ!早く着く為に考えるべき対処

投稿日: / 更新日:

飛行機

早朝の飛行機を予約していたのに寝坊してしまった時、それはもう大変な虚無感に襲われます。今から空港に行っても間に合わない、そんな時どうすれば良いのでしょうか。

それを身を持って体験してしまったので、対処方法についてご紹介します。

予約の変更ができるか確認

航空会社や航空券によっては、飛行機が出発する前またはチェックイン開始前ならば予約を変更する事が可能です。各航空会社の公式サイトから予約の変更ができるので、まずは予約の変更ができるか確認してみましょう。

ただし、予約の変更ができるのは一番高い正規航空券や株主優待航空券などのみに限られます。早割など早期予約で割引される航空券は予約変更する事ができません。その場合はキャンセルする事になります。出発前にキャンセルする事でチケット代の半分は戻ってくる可能性があります。

空港の航空会社カウンターへ電話連絡

予約の変更が出来ず、もうどうしようもない!という時、空港の航空会社カウンターへ電話連絡を入れれば場合によっては柔軟に対応してくれるかもしれません。ダメ元で電話連絡を入れる事で何とかなるかもしれません。

しかし、私の場合は早朝の飛行機だったので日本語対応窓口がまだ開いておらず詰んでしまいました。

最悪の場合航空券の取り直し

色々手を尽くしてもどうしようもない最悪の場合、航空券を取り直す必要があります。しかも当日予約なので正規料金を支払う必要があり、早期予約より割高です。更に、都合よく次の飛行機が空いている事はほどんどなく早朝の飛行機に乗り遅れた場合、取り直せる航空券は昼の便か運が悪ければ夕方の便になってしまう事もあります。予定よりもかなりの時間ロスとなってしまいますし、お金もかなりのロスとなります。

なるべく早く着く為の最終手段

これは住んでいる地域にもよりますが、なるべく早く着く為の最終手段があります。いつも利用している空港では飛行機が空いていなくても、別の空港であれば空いているかもしれません。別の空港へ行く移動時間を含めても、目的地へ早く着ける可能性があります。

もちろん航空券を新たに取り直す料金、別の空港へ行く交通費が新たにかかってしまいますが、数時間でも早く目的地へ着ける可能性があります。

おわりに

飛行機に乗り遅れてしまうと場合によっては当初の倍以上の出費となってしまう事があります。こんな最悪な事態を避ける為にも寝坊しない為に睡眠時間は十分に確保したいものです。

-空港

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.