*

やりたい事は見つけておくべき、私の就活の思い出

公開日: : 日常

品川オフィスビル

私にも就活をしていた時期もありました。(当たり前)

就職活動と言えば、それに関する講演会や自己分析だの企業研究だの、あれをやれこれをやれ等周りが色々うるさいと思います。私もよく「自己分析!自己分析!やりたい事を見つけよ!」と鬼の首を取ったように言われて辟易していました。しかし、社会人歴も7年にもなるとそう言われてきた理由もわかるようになってきました。最初の就職活動で目標ややりたい事を見つけておく事は大事だったのです。

やりたい事を見つけてなかった就職活動

高校時代はプログラマとかシステムエンジニアを目指すためにコンピュータ専門の学校へ行きましたが、途中でプログラマやシステムエンジニアなんて私には無理だなと思い始めました。そして具体的に何をやりたいなど決めないまま就職活動時期に突入。IT 系なら何でもいいやなどという適当な考えでした。

就職活動もなるべくやりたくなかったので、実際に受けた会社は学校に求人が来ていた2社。友人らがその会社の説明会に行くからという軽い理由でした。それがトントン拍子に両方採用通知が来てしまいました。当然どちらかを選んだわけですが、条件が良い方を選びました。給与面、休日面、文句ない条件でした。しかし、ここからが苦悶の始まりだったのです。

苦悶の始まり

やりたい事も見つけず入ってしまった社会は茨の道でした。IT 系の仕事なら何でもいいと思っていたものの、実際会社に入ってやる仕事はやりたくない仕事でした。興味もない分野の仕事をやっていくのは本当に辛い。新社会人ですから必死について行こうとしましたが無理でした。仕事の腕も悪く怒られてばかり。半場鬱になりかけました。

給与面や休日面はかなり待遇は良かったです。仕事内容以外は…。

結果、その会社は2年ほど勤めて退社しました。退職した時の清々しさは本当にその仕事が嫌だったんだなぁと心底実感したものです。この経験から身の振り方を考えるようになりました。

興味を追った再就職

2回目の就職活動では自分のやりたい事、すなわち自分の興味ある事を追い求めました。自分の興味ある事と言えば音楽。作曲家になりたいと学生時代には思っていましたがさすがにそれはなし。次に興味がある事と言えば何だろう?と考えたところ、それは「Web」でした。高校時代からウェブ制作には興味がありました。自分のサイトを高2から作り始めて、独学で html や css を勉強しました。そこで、ウェブデザイナーを目指してみる事にしたのです。

新聞折込の求人広告で偶然にもウェブデザイナーの求人を見つけました。もうこれしかないと思って受けましたね。早速電話で申し込みました。結論から言うと一発で受かって晴れてウェブデザイナーの道を歩むことができるようになりました。

理想と現実は違う

ウェブデザイナーという仕事に憧れを持ってはいましたが、実際になってみると理想と現実の違いに唖然としました。ウェブデザイナーは html や css、jquery などの知識だけに長けていても足りません。私は他の部分で圧倒的に足りていませんでした。せっかくウェブデザイナーになったんだからと必死に努力はしましたが、上の人には満足に映らなかったらしく試用期間後に切られてしまいました。

また職を無くした絶望感

興味を追った就職活動も敗北を喫し、これからどうしたらいいんだろうと空虚感に見舞われました。

それからは、派遣で学校勤務を体験したり近所の工場に勤務したりしましたが、やはりダメでした。これは私がやりたい仕事ではない!と切に思っていました。

悩める男

新たなる再就職

将来について真面目に考えだしたのは27歳の頃でした。初心に立ち返り、自分のやりたい事とは何だろうと考えました。ウェブには興味はあるけど、ウェブデザイナーほどガッツリはしたくない。ウェブ管理の仕事はないかなと思って探したのが今の仕事です。インターネットショップのウェブ管理の仕事でした。

あぁ、ここが自分のやりたかった仕事だったんだなと。人間関係にも恵まれて良い職に就く事ができました。

オフィスのサンスベリア

転職を繰り返して気づいた事

地の利が悪い為もありましたが、転職を繰り返す度待遇は悪くなっていきました。給与は減り、休日は減り、休みも取れない、賞与もない。今の仕事は右肩下がりに下がり続けた待遇もちょっと回復しましたが、偶然の賜物でしょう。

ふと思いました。最初からやりたい事を決めて就職活動に挑んでいれば、もっと良い環境で良い仕事が出来ていたかもしれないな、と。最初の就職活動でやりたい職に就いた人たちは基本的に辞める必要がないわけですから、一度退職した人にチャンスが回ってくる確率はまずないでしょうね。

これから就職活動をする人へ

一番に言いたい事は、やりたい事は学生のうちに真面目にちゃんと決めとけ!の一点です。学生時代に口うるさく言われ続けた「自己分析」「企業研究」はこんな事にならない為だったんだろうなと思いました。最初の就職活動は人生を左右するので本当に真面目に取り組んだほうが良いですよ。

補足

転職を繰り返す20代を歩んできましたが、この経験は無駄にはなってないです。ゆく先々で色々な知識を身に付け、積み重なって今の自分があります。積み重なった経験は一つも無駄になることはなかったです。

同じカテゴリの記事を見てみる  日常

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

LINEの通知音変えよう?みんな同じ音で紛らわしい

LINE と言えば通話やチャットを無料で行う事ができるアプリケーション。今やスマートフォンに最初からインストールされている事が多く、利用者も多いです。 私も LINE を利用していますが、それほど多用しているわけではあり […]

腕時計
スマホを家に忘れた時スマートウォッチで出来る事

スマートフォンを自宅に忘れた時の虚無感と言ったら…。 今の時代スマートフォンや携帯電話の携帯は当たり前の時代となっていますが、先日スマートフォンなしの一日を過ごすこととなりました。それも Android Wear のスマ […]

2017年アニメ魔法陣グルグルが見られる都道府県まとめ

魔法陣グルグルはギャグ漫画の金字塔として名高く1992年から連載開始したマンガで、1994年から1995年まで全国でTVアニメが放送されました。2000年にはテレビ東京で第二期も放送されました。 そして2017年、連載2 […]

秘密主義
秘密主義だった私が自分の事を話す事が人生を動かす鍵となる大切な事というメリットに気付いた

先日、中学生時代の友人と会う機会が久々にありました。5,6年会っていない人や10年会ってない人もいました。10年という月日はこれほどにも人を変えてしまうのかと驚く事ばかりです。中には起業した人もいてまるで著名人の講演を聞 […]

kusuri
おくすり手帳をよく忘れるので電子化してほしい。電子化の流れは?

おくすり手帳というものをご存知でしょうか?処方された薬や服用履歴を記録して、薬の相互作用や副作用を防ぐ目的で医師や薬剤師が確認する為の手帳です。病院の診察を受け、薬局で薬の処方を受けるとおくすり手帳を求められますが、持っ […]

helveticabold長財布
使ってみてわかった長財布のメリット・デメリット。30代からの長財布

かれこれ5年ほど使った二つ折り財布がボロボロになり買い替えを考えました。そこでまず悩んだのは、次買うのなら再び二つ折り財布か長財布かという所です。 子どもの頃から使い続けた二つ折り財布は馴染みもあり使い慣れているのでまた […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
ゆうメールが厚み3cm以上の規格外サイズを廃止!代替の発送方法は

先日久しぶりに郵便局へゆうメールを発送しに行ったのですが、受付

梱包用ppバンドのストッパーのはさみを使わない外し方

ダンボールで荷物を梱包する時、より強固にする為に pp バンド

ローチョコレート
彦根市に生カカオが活きたローチョコレート専門店「ハレトケト」

滋賀県彦根市、彦根城周辺の古き町並みが残る地に滋賀県初のローチ

アサシンクリードオデッセイ
アサシンクリードオデッセイPC版をGeforce GTX 1070でプレイした感想

2018年10月5日に発売されたアサシンクリードオデッセイの

大垣市のお洒落なビストロ「洋食もくれん」でディナー

岐阜県大垣市の大垣駅近くに「洋食もくれん(洋食 MOQLEN)

→もっと見る