空港

飛行機から到着地で早く降りるコツ

投稿日: / 更新日:

airplane-飛行機

飛行機と言えば遠方の地まで早く到着する事ができますが、搭乗するまでの時間、到着してから降りるまでの時間は他の交通機関に比べても手続きが多く最も時間がかかる部類です。例えば飛行機に乗っている時間は1時間半程度でも空港に居る時間を含めれば倍時間がかかる事も大いにあります。

しかし、あるポイントをおさえれば空港に居る時間を短縮する事ができます。今回は到着地で早く飛行機から降りる為のコツについて紹介します。

飛行機から早く降りるには?

それは飛行機の座席の場所にポイントがあります。飛行機から最も早く降りられる席は前方の通路側の座席です。飛行機の座席の埋まり方は概ね窓際から埋まってきて通路側の席が残る傾向があります。通路側の席は取りやすいです!窓側の席のメリットと言えば、窓から上空を眺められる事がありますがどうせ寝たり本を読んだりするならどこの席でも同じです。早く降りたいなら前方の通路側の座席を取りましょう。

何故かというと、窓側の席だと通路側の席の人が上の収納棚から荷物を取り出し出て行くまで待たなくてはいけません。そのうちに後ろからゾロゾロと人が流れてきて最終的に出られるのは最後の方となります。このあたりで10分から15分はロスする事もあります。前方通路側の席だと、飛行機が停止してシートベルトサインのランプが消えたらサッと立ち上がってサッと荷物を取り出してあとは通路で待機すればよいのです。そうすればいの一番に飛行機から出る事が可能です。

ちなみに飛行機に乗る時は、後ろ側の窓際の席から飛行機内に案内されて前方の通路側の席の人は最後の方に飛行機に入ります。しかし、この時間は短縮しようがありません。どの席をとっていても所要時間は変わらないのです。

更に時間を短縮するにはスーツケースを手荷物として持ち込めるサイズに抑えて飛行機内に持ち込む事です。そうすれば空港に到着後、自分の荷物が出てくるまで待たずに済みます。これで最大20分~30分待つ事になりますのでかなりの時間短縮になります。

おわりに

まとめると、飛行機からはやく降りる為には…

  • 前方の通路側の席を取る
  • スーツケースは手荷物として持ち込む

この2点です。少しでも空港にいる時間を短縮して旅行や行楽を楽しみましょう。

関連記事

飛行機内での時間つぶし。

タブレットとスマホ
電車や飛行機内での時間つぶしに映画を観るのはどう?Google Playムービーの使い方

Freepikによるデザイン 電車通勤や電車通学中、または電車や新幹線、飛行機を使った旅行でかなりまとまった時間を移動に使う方も多くいらっしゃると思います。その間の時間、何をしますか? 寝る 読書をす ...

続きを見る

なるべく早く空港から出るには?

空港の荷物受け取り場
飛行機から降りて空港からいち早く出るために

飛行機は電車やバスとは違い、乗るのも降りるのも時間がかかる交通機関です。乗る時は空港に最低1時間前に到着して、搭乗手続き、手荷物預け、保安検査場通過など諸手続きを踏まなくてはいけません。飛行機から降り ...

続きを見る

-空港

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.