*

富良野の「cafeゴリョウ」でランチ!木造古民家カフェでレトロなひととき

公開日: : カフェ

cafeゴリョウ外観

大自然が広がる北海道の富良野。JR 富良野駅もある富良野市街地である北部から南へ車で約15分ほどの所に上質な古民家カフェがあります。上御料という地名も冠している「cafeゴリョウ」という場所です。広大な田畑、山々に囲まれている大自然の中の cafe ゴリョウは時間の流れもゆっくりと感じられるような落ち着いた空間で居心地の良いカフェでした。

そんな cafe ゴリョウへ行ってきました。

cafeゴリョウの場所

周りには田畑や民家が少々あるだけで本当に分かり辛い場所にあります。大自然に囲まれたカフェで、目印となるものがほとんど何もないのです。カーナビに住所を入力した上でも少々迷いました。

場所がわかる手がかりは道沿いに建てられているトタン造りの看板のみ。広大な田畑の中にポツンと赤い屋根の建物があれば、そこが cafe ゴリョウです。

駐車場について

駐車場としてラインが引いてあるわけではありませんが、お店の前の空いた場所に車を停められます。だいたい乗用車5台程度のスペースです。

店内の雰囲気について

cafeゴリョウ外観

築80年は越える崩れかけの納屋をオーナーご夫妻が一から改修しリニューアルしたそうです。カフェに入る前からタイムスリップしたかのようにどこか懐かしい空気を感じます。カフェの扉を開けて一歩足を踏み入れたら、息を呑む空間が広がっていました。天井は梁がむき出しのままで、かつて納屋であったという歴史が尊重されています。床、壁、天井とも歴史を感じさせるもので、農家の納屋か画家のアトリエに入ったようなレトロな雰囲気を感じさせるものでした。

cafe ゴリョウは2階建てで、急な階段を気をつけて登ると2階にもテーブル席が2つあります。

2階はテーブル席が2つしかないのでとても広く感じられ、窓からの景色もよくゆったりと食事を楽しめます。

1階は土間で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えます。テーブル席が一つと窓際にカウンター席があります。カウンター席からは大きな窓に面しており、大自然の眺めも最高です。

窓際にはかわいらしい内装も設置されています。古くレトロな振り子時計が時を刻み、レトロでありながらお洒落な空間で過ごすひとときはとても上質に感じられました。

cafeゴリョウのメニュー

オーナーご夫妻は世界各国を旅してこられたそうで、そこで見てきた世界の料理を自分なりにアレンジして提供されています。使用している野菜は自家農園で栽培した無農薬野菜。

メニューは数種類の中から選び、トマトカレー、チリビーンズ…

ゴリョウサンドというサンドイッチなどがあります。価格はどれも900円。

お得なセットメニューも用意されています。プラス300円でドリンクやスイーツをセットにできてお得です。

  • Aセット:フードメニュー + ドリンク:1,200円(税抜)
  • Bセット:フードメニュー + ドリンク + スイーツ:1,500円(税抜)
  • Cセット:フードメニュー + スイーツ:1,200円(税抜)
  • Dセット:スイーツ + ドリンク:700円(税抜)

ドリンクは以下の中から選べますが、それ以外の飲み物も追加料金を支払えばセットにできます。

  • 自家焙煎コーヒー
  • チャイ
  • フレーバーティー
  • ジンジャーレモンティー
  • アイスコーヒー
  • アイスオーレー
  • ビール
  • ノンアルコールビール
  • アイスチャイ

酸味の効いたトマトの本格インドカレー

トマトカレーの C セット(1,200円)を注文しました。ややピンクがかったカレーのルーはトマトの色合いを醸しています。トマトの酸味が効いたルーはとてもスパイシーでかつまろやか、カシューナッツのコリコリ感もとても美味しいです。自家製野菜のナスやアスパラも甘みを感じられとても美味しかったです。

スイーツメニューは日替わりです。この日はアイスクリームとチョコレートケーキでした。チョコレートケーキはとてもギッシリと凝縮されていてとても濃厚な味わい。

一緒に来た連れはトマトカレーとフランボワーズソーダ(+100円:6月~9月限定)を注文しました。ドリンクも南国感を感じるようなお洒落さがあります。

ゲストハウスで宿泊施設もあり

カフェの隣りにあるもう一つの建物はゲストハウスで宿泊施設になっています。1泊素泊まり2,500円。格安です。ただしお部屋はドミトリー形式となっています。ドミトリー形式とはホテルのように部屋が分かれているのではなく、相部屋を前提としている形式です。シャワーやトイレは共用で、共同生活を送るようなイメージです。

注意点は12歳以下のお子様は利用できません。

おわりに

富良野の大自然に囲まれた納屋を改装した古民家カフェでレトロな上質なひとときはいかが?オーナーご夫妻が開発した独自の世界の料理も絶品です。富良野を訪れたらぜひチェックしてみてください。

お店情報

cafeゴリョウ
住所:北海道富良野市上御料
営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜日
食べログ:cafe ゴリョウ – 富良野/カフェ [食べログ]
公式サイト:cafeゴリョウ(富良野の古民家カフェ)

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

おばんざいが美味しい岐阜県大垣市の「またたびカフェ」でランチ

岐阜県大垣市の西濃総合庁舎前に「またたびカフェ」というお店があります。この猫好きの心をくすぐるような名前をとある雑誌で見かけて気になったので、またたびカフェでランチしてきました。 またたびカフェはご想像通り猫をモチーフと […]

旭川で本格ふわふわかき氷ならお洒落で落ち着くカフェ「ヒフミ(hifumi)」

北海道の旭川にとっても美味しい本格かき氷のお店があるという口コミが徐々に広がり人気を集めているカフェ「ヒフミ(hifumi)」へ行ってきました。今では札幌からかき氷を求めて訪れる人も多いそうです。氷の塊(ブロック氷)から […]

魚介のアヒージョ
江別市野幌の「カフェ&デリ マチノキ」で北海道食材豊かなディナー

江別市の野幌町、野幌駅の近くに江別市のフレンチレストラン「シェ・キノ」と100年の歴史がある江別市の町村農場がコラボレーションしたカフェ「マチノキ」があります。 街の木という意味が込められた名前で、北海道江別市の食材を利 […]

Rカフェのコーヒー
住宅街のど真ん中!滋賀長浜のレトロでおしゃれなカフェ「アールカフェ(R.CAFE)」

部屋の掃除をしていたら古い雑誌が出てきました。滋賀・京都のカフェ特集本でした。買った覚えもなかったのですが、パラパラとめくっていたら近所のカフェも掲載されていたので行ってみたのです。 まさかこんな所にお洒落なカフェがある […]

パンケーキ
札幌市大通で絶品サッポロパンケーキ!タイル貼りのカフェ「ミント」

札幌の地下鉄大通駅から徒歩3分、アクセスも良いタイル貼りのオシャレなパンケーキ&パフェの専門店「ミント」へ行ってきました。お店の名前の正式名称は「Sapporo Pancake&Parfait Last MINT」と長い […]

ネル一杯立てアイスコーヒー
たま駅長もおすすめ!貴志駅近くのカフェ「自家焙煎珈琲館熊野路」でひと休み

和歌山電鉄貴志川線の貴志駅へ行ったついでに「自家焙煎珈琲館熊野路」というカフェに寄りました。古民家のようなレトロなカフェです。天井は吹き抜け、暖炉があったりと温もりを感じる空間でした。 目次1 和歌山県貴志駅近くの「直火 […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
WordPressでログイン時だけ表示する条件分岐を行うには?

WordPress では色々条件分岐があります。トップページだ

チョコと練乳が濃厚なクッキー「北海道美瑛ミルクサンド」| フェルム・ラ・テール

先日北海道のお土産をいただいてとても美味しかったので紹介したい

「東京百年物語~焼きキャラメル」キャラメルがしっとりケーキの東京土産

東京でお土産店を物色していた時、気になるお土産を見つけました。

横蔵寺
【岐阜県の横蔵寺】紅葉時期の駐車場と写真撮影について

岐阜県揖斐川郡揖斐川町にある横蔵寺は紅葉の名所でありますが、即

千歳市のイタリアンレストラン「アキオカ」でパスタランチ

「アキオカ」は北海道千歳市にある格調高いイタリアンレストランで

→もっと見る