*

富良野の「cafeゴリョウ」でランチ!木造古民家カフェでレトロなひととき

公開日: : カフェ

cafeゴリョウ外観

大自然が広がる北海道の富良野。JR 富良野駅もある富良野市街地である北部から南へ車で約15分ほどの所に上質な古民家カフェがあります。上御料という地名も冠している「cafeゴリョウ」という場所です。広大な田畑、山々に囲まれている大自然の中の cafe ゴリョウは時間の流れもゆっくりと感じられるような落ち着いた空間で居心地の良いカフェでした。

そんな cafe ゴリョウへ行ってきました。

cafeゴリョウの場所

周りには田畑や民家が少々あるだけで本当に分かり辛い場所にあります。大自然に囲まれたカフェで、目印となるものがほとんど何もないのです。カーナビに住所を入力した上でも少々迷いました。

場所がわかる手がかりは道沿いに建てられているトタン造りの看板のみ。広大な田畑の中にポツンと赤い屋根の建物があれば、そこが cafe ゴリョウです。

駐車場について

駐車場としてラインが引いてあるわけではありませんが、お店の前の空いた場所に車を停められます。だいたい乗用車5台程度のスペースです。

店内の雰囲気について

cafeゴリョウ外観

築80年は越える崩れかけの納屋をオーナーご夫妻が一から改修しリニューアルしたそうです。カフェに入る前からタイムスリップしたかのようにどこか懐かしい空気を感じます。カフェの扉を開けて一歩足を踏み入れたら、息を呑む空間が広がっていました。天井は梁がむき出しのままで、かつて納屋であったという歴史が尊重されています。床、壁、天井とも歴史を感じさせるもので、農家の納屋か画家のアトリエに入ったようなレトロな雰囲気を感じさせるものでした。

cafe ゴリョウは2階建てで、急な階段を気をつけて登ると2階にもテーブル席が2つあります。

2階はテーブル席が2つしかないのでとても広く感じられ、窓からの景色もよくゆったりと食事を楽しめます。

1階は土間で靴を脱ぎ、スリッパに履き替えます。テーブル席が一つと窓際にカウンター席があります。カウンター席からは大きな窓に面しており、大自然の眺めも最高です。

窓際にはかわいらしい内装も設置されています。古くレトロな振り子時計が時を刻み、レトロでありながらお洒落な空間で過ごすひとときはとても上質に感じられました。

cafeゴリョウのメニュー

オーナーご夫妻は世界各国を旅してこられたそうで、そこで見てきた世界の料理を自分なりにアレンジして提供されています。使用している野菜は自家農園で栽培した無農薬野菜。

メニューは数種類の中から選び、トマトカレー、チリビーンズ…

ゴリョウサンドというサンドイッチなどがあります。価格はどれも900円。

お得なセットメニューも用意されています。プラス300円でドリンクやスイーツをセットにできてお得です。

  • Aセット:フードメニュー + ドリンク:1,200円(税抜)
  • Bセット:フードメニュー + ドリンク + スイーツ:1,500円(税抜)
  • Cセット:フードメニュー + スイーツ:1,200円(税抜)
  • Dセット:スイーツ + ドリンク:700円(税抜)

ドリンクは以下の中から選べますが、それ以外の飲み物も追加料金を支払えばセットにできます。

  • 自家焙煎コーヒー
  • チャイ
  • フレーバーティー
  • ジンジャーレモンティー
  • アイスコーヒー
  • アイスオーレー
  • ビール
  • ノンアルコールビール
  • アイスチャイ

酸味の効いたトマトの本格インドカレー

トマトカレーの C セット(1,200円)を注文しました。ややピンクがかったカレーのルーはトマトの色合いを醸しています。トマトの酸味が効いたルーはとてもスパイシーでかつまろやか、カシューナッツのコリコリ感もとても美味しいです。自家製野菜のナスやアスパラも甘みを感じられとても美味しかったです。

スイーツメニューは日替わりです。この日はアイスクリームとチョコレートケーキでした。チョコレートケーキはとてもギッシリと凝縮されていてとても濃厚な味わい。

一緒に来た連れはトマトカレーとフランボワーズソーダ(+100円:6月~9月限定)を注文しました。ドリンクも南国感を感じるようなお洒落さがあります。

ゲストハウスで宿泊施設もあり

カフェの隣りにあるもう一つの建物はゲストハウスで宿泊施設になっています。1泊素泊まり2,500円。格安です。ただしお部屋はドミトリー形式となっています。ドミトリー形式とはホテルのように部屋が分かれているのではなく、相部屋を前提としている形式です。シャワーやトイレは共用で、共同生活を送るようなイメージです。

注意点は12歳以下のお子様は利用できません。

おわりに

富良野の大自然に囲まれた納屋を改装した古民家カフェでレトロな上質なひとときはいかが?オーナーご夫妻が開発した独自の世界の料理も絶品です。富良野を訪れたらぜひチェックしてみてください。

お店情報

cafeゴリョウ
住所:北海道富良野市上御料
営業時間:11:00~20:00
定休日:火曜日
食べログ:cafe ゴリョウ – 富良野/カフェ [食べログ]
公式サイト:cafeゴリョウ(富良野の古民家カフェ)

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

琵琶湖テラス
琵琶湖を一望できる絶景カフェ、びわ湖バレイの「びわ湖テラス」はまるで天空のカフェ

滋賀県に琵琶湖を北から南まで一望できる絶景のカフェがあります。それがびわ湖テラスです。びわ湖テラスは蓬莱山山頂にあるびわ湖バレイの一角にあり、果てしなく広がる空、眼下に広がる琵琶湖、滋賀の街並みを一望でき眺めが良い場所で […]

ビーフストロガノフ
洋菓子店ルタオ直営!オシャレカフェ「カフェモルタオ」で癒される【北海道・千歳】

ルタオというお店は聞いたことがあるかもしれません。北海道小樽市を中心に展開している洋菓子店です。この度、北海道千歳市にある洋菓子店とカフェが併設されている「ドレモルタオ」に行ってきました。 目次1 JR千歳駅より徒歩15 […]

ネル一杯立てアイスコーヒー
たま駅長もおすすめ!貴志駅近くのカフェ「自家焙煎珈琲館熊野路」でひと休み

和歌山電鉄貴志川線の貴志駅へ行ったついでに「自家焙煎珈琲館熊野路」というカフェに寄りました。古民家のようなレトロなカフェです。天井は吹き抜け、暖炉があったりと温もりを感じる空間でした。 目次1 和歌山県貴志駅近くの「直火 […]

日本一高いスターバックス
日本一高いスターバックスは名古屋にあり!JRゲートタワー店からの眺めは最高

日本一高いスターバックスが2017年3月3日に名古屋駅近くにオープンしました。日本一高いとは価格が高いわけではなく、標高が高いのです。この度今まで国内標高1位だった名古屋 JR セントラルタワーズ店の13階を更新し、スタ […]

ブルーボトルコーヒーロゴ
気品漂うブルーボトルコーヒー青山店(2号店)でコーヒーを飲んだ。表参道近くのカフェ

2015年初めにアメリカのカルフォルニアで大人気のコーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」が日本に上陸した事で大変話題となりました。コーヒー界の Apple と呼ばれるブルーボトルコーヒーは、オープン当初4時間並んでコー […]

IZARA外観
ひこにゃんお膝元!近江牛ランチが味わえるカフェ「伊沙羅 – IZARA」【彦根】

この前連れとラーメン屋に行ったら閉まっていたので、近くに何か良い店はないかと彦根城城下町「夢京橋キャッスルロード」を歩いて探しました。 そこで見つけたカフェ&バー「伊沙羅 – IZARA」に行ってきました。後 […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Googleフォトにアップした写真がどこで撮影したのか確認する方法

あなたのスマートフォンの中にもたくさんの写真があるのではないで

長浜IC前「らーめん専家味噌壱」癖になる濃厚味噌ラーメン

北陸自動車道の長浜インターチェンジ前に、2018年にラーメン屋

WordPressのWP_Queryでカスタムフィールドで絞り込み今日の日付以前の記事は表示しない

WordPress で条件に応じた記事を一覧で表示したいという

電子レンジで冷凍食品のあたため500W/600Wってどこで判別?地域によって違いは?

冷凍食品を温めるのには電子レンジを使用しますが、冷凍食品の裏側

Premiere Elementsで動画の一部を切り抜きトリミングする方法

せっかく動画を撮影したけど、肝心な部分は動画の中央部分だけでま

→もっと見る