和食

新千歳空港で新鮮な海鮮釜飯が食べられる「北海道釧路ふく亭」は穴場

投稿日:

ふく亭外観

新千歳空港で特にあてもなく晩御飯を食べる所を探していたのですが、基本的にどこも大抵混雑しています。そんな中でも空いているお店を見つけました。それが「北海道釧路ふく亭」でした。ここでは北海道の海鮮釜飯や海鮮銀しゃり(海鮮丼のようなもの)を提供しています。

実は釜飯というものを初めて食べましたが、釜で炊いたご飯というのは一味違いますね。

北海釜飯のふく亭は裏手にあり

北海釜飯のふく亭は新千歳空港ターミナルビルの3階にありますが、他の人気飲食店と比べて少々裏手にあり目に付きにくい所にあるのでちょっと空いていたのかもしれません。

また入り口には食品サンプルが並んだメニューの棚がありますが、一番のおすすめとしてアピールされているのが北海道産の蟹や牡蠣、雲丹など高級食材が使われている釜飯です。当然お値段も張りまして2,000円から3,500円のラインナップです。なかなか1回の食事には出しづらい価格です。通りすがりの人も「うわ、ここは高い!」と言っていて、おそらくそれしか目に付いていないのだと思います。よく見ると1,000円~1,500円のリーズナブルな価格帯の釜飯もあります。

店内の雰囲気について

店内はテーブル席のみで約10卓ほど、約50席あります。白木を基調とした内装で実に和食料理店というような落ち着いた雰囲気で食事ができます。

ふく亭のメニュー

(クリックで拡大)

ふく亭の釜飯メニューは、豪快に蟹やいくら、雲丹を使った高級釜飯から、チキンや野菜のリーズナブルな釜飯もあります。

(クリックで拡大)

他には牡蠣や帆立の釜飯でも約1,500円程度の価格帯もあります。この辺の価格なら一般的なファミレスと同じような感じですね。

今回こちらで注文したのは秋刀魚釜めし(1,060円)です。意外にお安く食べる事ができました。釜飯を注文するとこのような状態で運ばれてきます。一人用の釜、取り皿、薬味、味噌汁、そしてステンレスポットです。ステンレスポットについては後述します。

釜飯

釜の蓋を開けるとサンマがぎっしり詰まっていました。釜が小さめに見えますが、意外に底が深いのでご飯もたっぷり入っています。サンマ、マイタケ、細切り卵の具材の下には味付けされた炊き込みご飯です。釜で炊かれているのでオコゲも付いていました。

サンマの風味と香りが際立ちます。噂には効いていましたが釜で炊いたご飯は炊飯器で炊いたものとは一味違いますね。現代の技術でも炊飯器はガス火の釜炊きには敵わないのです。

釜飯をそのまま半分くらい食べたら、ここでステンレスポットの出番です。あのステンレスポットにはおだしが入っていてお茶漬け用のだしです。

このだしがまた美味い!釜飯を取り皿に移してステンレスポットのだしをたっぷり注ぎます。そして、薬味を散らして頂きます。お茶漬けだとまた違った釜飯の味を楽しめて1度に2度美味しい味わいがあります。個人的にはお茶漬けで食べる方が好みでした。

おわりに

新千歳空港で北海道の新鮮な海鮮釜飯を食べたいなら、「ふく亭」です。裏手の方にあり、釜飯は高い印象を持たれている事からここは穴場となっています。どこも混雑して食べる所に困ったら、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

お店情報

北海道釧路ふく亭
住所:北海道千歳市美々 新千歳空港ターミナルビル 3F
営業時間:10:30~21:00
公式サイト:ふく亭グループ
食べログ:ふく亭 - 新千歳空港/釜飯 [食べログ]

-和食
-,

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.