*

FF15の体験版をプレイした感想。PC版が出てほしい

公開日: : ゲーム

FF15

2015年3月19日に発売された FINAL FANTASY 零式HD に初回限定で入手できる FINAL FANTASY15(以下FF15) の体験版をプレイしました。未だに FINAL FANTASY の名に釣られる自分も情けなく思いますが、学生時代から FF をプレイしてきた身としては無視できないんですよね。

少しプレイしたので感想をまとめます。

グラフィックについて

開幕早々男4人のキャンプ寝起きシーンから始まって噴飯物。そして、家庭用ゲーム機の限界か PS4/XboxOne 世代になっても 30FPS のカクカク仕様に落胆しました。従来の FF のように RPG なら 30FPS でも許容できたでしょうが、FF15 はアクション RPG。これで 30FPS はキツイです。あと、30FPS は目が疲れるので嫌です。

ff15-3

グラフィックについては普通でした。かつての FF にあったような凄い驚きはありません。確かに広いフィールドや景色は綺麗です。でも PC ゲームのグラフィックを見てしまうとやはりそれには劣ります。

細かい所ですが、小石などの細かいオブジェクトが表示されているのは主人公を中心に半径何メートルかの円内だけで移動するとポコポコ沸いてくるのでちょっと気になります。家庭用ゲーム機の限界ですね…。

インタフェースについて

メニュー系や操作感については次世代っぽいスタイリッシュな見た目で好きです。ただ気になる所は1点ありました。

目的地がフィールド上に印が付くのですが、その印が見えるのは画面内に見える時だけで他の方向を向くと画面外に消えてしまいます。なので印を探す為に視点をグルグルしてしまうので酔う人もいるかもしれません。違う方向を向いていても画面端に印が残っていればいいなと思いました。

戦闘について

従来の FF とは違い、アクション RPG です。敵とエンカウントして別画面に移り変わらないので強いて言えば FF12 寄りになっています。しかしコマンドは入力しないので一番キングダムハーツシリーズの戦闘に似ています。

エンカウントして別画面に移る戦闘は好きではないのでそれは良いのですが、意外と操作が忙しい印象。

戦闘の特徴

ff15-4

  • 戦闘は別画面に移り変わらず、フィールドを歩く敵と直接戦闘
  • L1(LB)ボタンを押しっぱなしで自動回避(ただしMP消費)
  • R1(RB)ボタンで敵をターゲティング
  • HPやMPはゆっくりと自動回復
  • 敵に攻撃を当てる事でMPが微回復
  • アイテム使用時、選択中は一時停止する。
  • シフトブレイクは剣を投げた先へ瞬間移動できる
  • 夜は敵が大量に出てきて終わらない
  • 戦闘終了で経験値は蓄積されるがレベルアップはしない。キャンプで休息する時にレベルが上がる

だいたいそんな所です。敵がわらわらやってきて、味方もガンガン攻撃するなどかなり激しく画面が動くのに 30FPS のカクカクで何が何だかわからないうちに終わるのが残念。ヘタしたら30FPS もないんじゃないか。もし家庭用ゲーム機のスペックに縛られない PC版が出るなら絶対そちらの方が良い。このカクカクはちょっと許容できないレベル。

戦闘の難しさについての懸念

実は FF15 はかつての FF13 ヴェルサス のタイトルが変わったものです。変わった理由は経営上の都合かと思いますが。経営陣も FF13 ヴェルサスの名前のまま発売しても売れないとわかっていたのでしょう。しかしそれはもう FF というブランドを軽視しているようにしか思えません。

FF15 はアクション RPG ですが、FF の名を冠したナンバリング最新作という事で標準以上に売れるでしょう。普段ゲームをしない「FF しかプレイしない層」も引っ張ってくる筈です。しかしそのような層がこの FF15 をプレイして戦闘の難しさに「あぁ、もう FF について行けなくなってしまった。」とかなりの数が離れていってしまうんじゃないかという懸念があります。最悪、即売り暴落という未来も…。ゲーマー層しかついて来なくなってしまいます。(ただし海外ではウケが良いだろうな)

ドラゴンクエストがシリーズを重ねても販売本数をある程度キープしているのは、基本となるゲームシステムをシリーズ通して貫いているからではないでしょうか。FF はどんどん人が離れていっています。

もし FF16 が出るとしたらもうかつての牽引力はなくなっているでしょうね。現在でも FF の請求力は微妙なものですが、FF15 は100万本売れたら御の字じゃないかという予想を立てています。

音楽について

音楽の担当はキングダムハーツなどの音楽を手がけた下村陽子さん。悪くないんですがオシャレ過ぎて何か FF っぽくないなという印象でした。どちらかというとキングダムハーツをプレイしているような感覚になります。

戦闘に入る際は申し訳程度に植松氏リスペクト。慣例であったバトルのイントロが入っています。バトル曲では特に夜の曲が好きです。シャレオツピアノ&オケでかっこいいですよ。

おわりに

最終的には何か期待していた程でもなかったという結論に落ち着きました。30FPS が完全にゲームの面白さも阻害してる感があります。公式サイトで体験版の感想などフィードバックも受け付けているようなので色々意見も送っておきました。今後何かしら改善があれば購入を考えます。フレームレートが改善される事はないと思いますが。PC 版が出ればそっちにします。

関連リンク

FINAL FANTASY XV | SQUARE ENIX

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

切り裂きジャック
アサシンクリードシンジケートDLC「切り裂きジャック」のプレイ方法

2015年10月に発売されたアサシンクリードシンジケートの追加 DLC として「切り裂きジャック – Jack the ripper」がかねてから予告されていましたが、まだかまだかと待っていたらいつの間にか配 […]

マリオカート8
マリオカート8のWi-Fi対戦で高レート相手に勝てない訳

マリオカートと言えばやっぱり燃えるのは Wi-Fi対戦ですね!私も WiiU のマリオカート8で たまに Wi-Fi 対戦やってます。マリオカートのオンライン対戦はサクッと出来て、1レースだけでも出来るので良いですね。 […]

ゼノブレイドクロス主人公
主人公が不細工でもキャラメイクでイケメンにできます【ゼノブレイドクロス】

WiiU の大作 RPG 「ゼノブレイドクロス」が発売されましたね。 ゼノブレイドクロスはオープンワールド RPG です。日本の従来の RPG はフィールドや街などでは行ける所に制限がかかっており見えない壁で遮られている […]

建築済みの建物を移動
SimCity Builditは既に建てた建物を移動できる反則技が可能

通常シムシティでは建ってしまった建物を移動する事はできません。どうしても移動したい場合は、壊して立て直す必要がありました。スマホ版のシムシティでは建設済みの建物を移動する事ができます。反則技と言いましたが、別にこれはチー […]

非常口
脱出ゲーム作者が教える愛される脱出ゲームの作り方

私が脱出ゲームを作り始めたのは2006年の事です。脱出ゲームをプレイしているうちに自分でも作ってみたくなったのがきっかけです。 これまで脱出ゲームを作ってきた経験と、色々な脱出ゲームをプレイした経験から見出した「愛される […]

アサシンクリードオリジンズ
アサシンクリードオリジンズPC版をGeforce GTX 960でプレイした感想

2017年10月27日に発売されたアサシンクリードオリジンズの PC 版を購入してプレイしてみました。メインシリーズは2015年末に発売されたアサシンクリードシンジケート以来2年ぶりの待望の新作です。待ってました。砂漠や […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Tシャツ
夏でも涼しい蒸れない無地TシャツならグリマードライTシャツがおすすめ【レビュー】

以前なんでも良いからとりあえず無地Tシャツを買おうと思って手に

長浜市の手打ちうどん処「二福亭」地元で美味いと話題のうどん屋さん

滋賀県長浜市にある手打ちうどん屋さんの「二福亭」は地元でうどん

彦根市の緑豊かで温かい雰囲気の民家カフェ「MokuMoku」でランチ

滋賀県彦根市にある隠れ家的民家カフェ「MokuMoku(モクモ

世界一のジェラート
彦根市にある世界一のジェラート店「ジェラテリアアズーロ」で滋賀ならではの味を堪能

世界一のジェラートのお店が滋賀県に、彦根市にあるなんて。半信半

スマホで遊園地経営ゲーム「ローラーコースタータイクーンタッチ」レビュー

自分で夢のワンダーランドを作る遊園地経営シミュレーションゲーム

→もっと見る