日頃の疑問解決

電子書籍のコミックの容量はだいたい何MBか?

投稿日: / 更新日:

ELL75_yousyohondana20120620500

本というのは時に楽しい時間を提供してくれたり知識を与えたりしてくれますが、買えば買う程本棚を圧迫していきます。私の場合、参考書や技術書以外の小説や漫画は、ほとんどが一回読んだら読みなおす事がありません。本棚を圧迫する本を何とかしたい。そうなると、今後は電子書籍という選択が濃厚になってきます。

先日、手持ちの小説や漫画の9割を処分(売却)してきました。今後はたまに買う漫画や小説は前述の通り電子書籍で済ませたいと思った為です。そうすると電子書籍は一冊どれくらいの容量があるのかが問題になってきます。

電子書籍は一冊だいたい何MBか?

コミックの種類によってまちまちですが、一般的な少年コミックでだいたい30 MB ~ 40 MB くらいあるようです。結構あるなぁと思いましたが、約200ページの PDF と考えると少ない方かなと。

小説だと、だいたい短いもので600KB、長くても1.5MBくらいのようです。文字だけな分容量も少ないです。

私が電子書籍を読むのに使っている端末、 Nexus7 のストレージサイズは 16GB しかありません。一冊約40 MB 喰うとなると少し心もとないです。全てのストレージ容量を使えるわけではないので、仮に 8GB 使えるとしたら約200冊分のコミックが入る計算です。

全ての電子書籍ファイルを手元の端末に持っていなくてもよい

私が電子書籍を買う所は「BookLive!」です。ここの電子書籍リーダーアプリは結構優秀で好きです。

BookLive! の話をしますが、読む本は手元にダウンロードしますが、読まなくなった本は「保管」という機能で端末から削除できます。そしてまたいつでも再ダウンロードできるのです。そうすると端末の容量問題はクリアした事になります。

電子書籍のデメリット

紙の本より発売日が結構遅れる事ですね。まだ一般書店の紙の本の方が優勢で、電子書籍の時代は完全には来てはないですね。

また、電子書籍ストアが閉店が相次いでいます。今までに買った電子書籍が閲覧不可という理不尽な事態になっている所もあります。なのであまりマイナーな所や小さい所で電子書籍を買わない方がいいですね。ちなみに BookLive!は結構大手です。

電子書籍ストアによって閲覧アプリも異なる所も注意点です。一般の書店のようにどこの本屋で買ってもいいわけではありません。A店で買った本をB店の閲覧アプリでは読めないという事です。なので、電子書籍ストアは大手で、閲覧アプリは使いやすさなど一番気に入った所で買いましょう。

-日頃の疑問解決

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.