車のフロントガラスが結露して曇る時の取り方と対処方法

投稿日: / 更新日:

フロントガラスの曇り

結露と言えば日常的な自然現象です。窓ガラスが曇ったり、グラスに冷たい飲み物を入れたらグラスの表面に水滴が付くなど結露が起きる場所は様々です。この結露はもちろん車の中でも発生します。

車のフロントガラスが結露すると真っ白になって前がよく見えなくなって大変危険な状態です。フロントガラスが曇ってもまだ見えるからと放っておくと、対向車のヘッドライトが当たるとホワイトアウトしたように真っ白になって本当に何も見えなくなって恐怖を感じた事もあります。

でもフロントガラスが結露で曇ったらどうすれば?という事を知っておかないと対処する事ができません。そんな時の対処方法について紹介します。

フロントガラスの結露の原因は?

そもそも何故フロントガラスが曇るのでしょうか。それは他の結露現象と同様で、温かい湿った空気が冷たいものに触れると結露が発生します。つまり、温かい湿った空気が冷たいフロントガラスに当たる事でフロントガラスが曇るのです。

フロントガラスが曇ったという経験は多くの人が体験していると思いますが、フロントガラスの結露には2種類ある事にお気づきでしょうか?

それはフロントガラスの外側が結露する場合と、内側が結露する場合です。これは季節時によって変わります。外側が結露する場合は夏型結露、内側が結露する場合は冬型結露と呼ばれます。

夏型結露

夏はとても気温が高く、自動車の中はもっと暑いでしょう。そんな時どうしますか?恐らく冷房をガンガン入れるのではないでしょうか。そんな時に結露のスタートになる事があります。すると、フロントガラスの外側は暑く内側は冷房で冷える事になります。これで温かく湿った外気が冷房で冷えたフロントガラスに当たるとどうでしょう。その時フロントガラスの外側が曇るのです。

冬型結露

冬型結露は夏型結露の逆です。冬は気温が低くて寒いですから、車の中では暖房を入れるでしょう。車内の湿度が高く暖かくなるとフロントガラスの内側が結露して曇ってきます。車内の温かく湿った空気が外気で冷えたフロントガラスに当たる事で、フロントガラスの内側が曇るという事です。

どちらも湿度は高いほうがフロントガラスが結露して曇りやすくなります。

フロントガラスが曇った時の対処方法

フロントガラスが曇って前が見えない!そんな時、どう対処するのが良いでしょうか。夏型結露の場合はワイパーを作動させれば解決です。外側が曇っているのですからね。

冬型結露の場合は、手で拭き拭き?いえ、その方法はおすすめしません。手で拭くと後で跡が残って汚くなります。窓を開けて湿度を逃がす…そりゃ寒いですよね。もっと良い方法があります。

自動車には大抵付いているであろうこのボタンです。これを押すとフロントガラスに向かって送風されます。暖房しているなら温かい空気が送風されます。これで数秒待つと瞬く間にフロントガラスの結露が取れていきます。

これはつまり、冷たいフロントガラスと温かく湿った車内の気温差で結露が起きるなら、フロントガラスを温めて気温差をなくしてしまうという事です。

曇りを未然に防ぐ方法

フロントガラスを曇らないように事前に対策するには、窓ガラスの曇り止めスプレーを使うと効果的です。吹き付けてサッと拭き取るだけの簡単に対策ができます。

関連記事

フロントガラスのヒビを自分で修理してみた。

飛び石で車のフロントガラスのヒビの修理費は?素人が修理・補修に挑戦

ある日、友人からこのような事を言われました。「うわ、おまえの車のフロントガラス割れてるぞ。」と。確かにそこにはヒビというか、わずかに割れた跡がありました。幸い助手席の方の隅だったので言われるまで気が付 ...

続きを見る

-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.