カフェ

敦賀市の古民家カフェでかき氷!純和風のお座敷の「カフェ茶屋珈夢」

投稿日:

福井県敦賀市でどこかかき氷を食べられるお店を探していたところ、「カフェ茶屋珈夢(カム)」というお店を見つけました。もう見た目が純日本建築の民家で、中も古風なお座敷で床の間に掛け軸があったりと凄く古風な雰囲気で和スイーツを楽しめるカフェです。日本茶や自家焙煎珈琲、紅茶の販売も行われています。

夏季(7月から9月下旬)限定でかき氷メニューも展開しています。カフェ茶屋珈夢(カム)でかき氷を堪能してきました。

カフェ茶屋珈夢へのアクセス

JR 敦賀駅の近辺にあるのですが、徒歩で10分程度の距離です。敦賀駅前の信号から北東へ行き、2つ目の信号を左折。するとすぐ南側にあります。

北陸自動車道の敦賀インターチェンジより降りて、国道8号線を金沢方面(北)へ進みます。すぐに左側にランプがあるので降ります。するとY字路があり、左へ大きく旋回する道へ進みます。2つ目の信号を過ぎたあたりにカフェ茶屋珈夢があります。

駐車場について

お店の西側に駐車スペースが用意されています。

更にお店の南側にも小さな駐車場があります。全部で16台分の駐車スペースがあります。

駐輪場について

お店の西側に駐輪場も用意されているので、自転車でも来れますね。

店内の雰囲気について

店内に入るととってもレトロ。まるで田舎のお婆ちゃんの家に帰ってきたような感覚です。奥に見えるお座敷が客席ですが、手前の土間には大人数の大テーブル、4人がけテーブルがあります。手前の土間では自家焙煎コーヒー、日本茶などが展示されています。日本茶、珈琲、紅茶、ハーブティーが購入可能です。

奥のお座敷に上がりましたが、純和風な空間でした。古風でありながら、照明や内装にこだわりがあって雰囲気が良いんですよね。

縁側には色とりどりなおしゃれなコーヒーカップがずらりと並べられていました。何とお好みのコーヒーカップで珈琲を淹れてもらえます。ただしコーヒーカップは非売品です。

2階にも席がありますが、普段は利用できず平日のみ有料で予約制となっております。1階の予約は受け付けられていません。

かき氷はいつから?

7月から9月の下旬までです。

カフェ茶屋珈夢のかき氷メニュー

カフェ茶屋珈夢のかき氷は、特製かき氷とフラッペの2つ。かき氷は氷やシロップのかき氷で、フラッペはシロップのほかフルーツなど色々乗っているものをいいます。

かき氷は定番のみるくいちご(780円)、生姜風味のじんじゃあごおり(780円)の2種。

フラッペはきなこ黒みつやフルーツやあんこが盛られたメニューが全6種類で720円から。

一押しの和珈夢フラッペ(720円)を注文しました。メニューの写真よりかなり盛られていてびっくり。きなこ黒みつで、白玉が1個乗っています。

別の器の黒みつをかけるのですが、氷で黒みつも凍ってしまってそれも良い食感と味を出しています。ふわふわかき氷とは別のスタイルですが、凍って固まってしまう事なく最後までスプーンで楽にすくって食べられます。きなこと黒みつの和のハーモニーが実に美味。器の下の方までかき氷が薄くなる事なく美味しくいただけました。

おわりに

かき氷をやっているお店と言えば、夏には行列ができて並ぶことも珍しくありません。しかし日曜でも待つ事なく入れました。しかしそれでもお客さんはほぼ満席に近い状態が続いていました。注意点は12時からしか開いてないという点ですね。

敦賀市で純和風の古民家カフェでかき氷は「カフェ茶屋珈夢」がおすすめです!

お店情報

カフェ茶屋珈夢
住所:福井県敦賀市舞崎町2丁目10-20
営業時間:12:00~17:30(18:00)
定休日:不定休

-カフェ
-,

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.