日頃の疑問解決

かき氷のブルーハワイって一体何なのか?

投稿日: / 更新日:

ブルーハワイ

かき氷にはいろんなシロップがあります。定番のイチゴ、レモン、メロン。変わり種には、ピーチとかパインなど。その中で一際異彩を放つのがブルーハワイですね。

イチゴ、レモンとかはそういった果物があるのでわかるのですが、ブルーハワイって一体何よ?ってなるわけですよね。一つだけ得体のしれない味なんですし。しかし、子どもの頃は物珍しさからブルーハワイばっかり食べてた記憶があります。

ブルーハワイ味には厳密な定義はない

ブルーハワイには厳密な定義がないので、実は各社が一番力を入れている味なんです。一番近いのは、カクテルのブルーハワイに使われるリキュール、ブルーキュラソー。(引用元

つまり青ければブルーハワイなのか。確かに一言にブルーハワイと言っても甘かったり酸っぱかったり微妙に違います。各社オリジナリティを出すために努力した賜物なんですね。

呼び名は各社違うようでもある

例えばスガキヤにも青いかき氷がありますが、「ブルーハワイ」ではなく「ラムネ」味で売っていました。確かにブルーハワイがラムネ味と言われたらわからなくもない味です。

青色は食欲減退色と言われます。青色の食べ物ってそうそうないですし、青色のカレーとか食べたくないですしね。しかし、何故かかき氷は例外です。かき氷のブルーハワイ以外にも、ソーダ味のアイスも青。甘味系には青は結構見かけます。

-日頃の疑問解決

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.