*

Amazonの商品説明文に画像を載せられるようになりました「商品紹介コンテンツ」

公開日: : 最終更新日:2016/02/04 ネットショップ

Amazon の商品ページを想像してみてください。商品画像に商品説明がリストで列挙されている程度で実にシンプルですよね。楽天など他ショッピングモールと比べて商品アピール具合が大人しいと思いませんか?

その理由は Amazon の仕様上その他のショッピングモールのように画像をふんだんに使うことができなかったからです。使えると言えば、商品画像の左手にあるサムネイルで商品説明画像を8種類使えるのみでした。

例外として Amazon が販売している商品、一部の Amazon に認められたショップのみ商品ページの下部に独自に商品説明画像が掲載されていました。

商品説明文に画像を載せられるようになりました

2015年6月下旬より「商品紹介コンテンツ」という機能が追加され Amazon への大口出品者であればどのショップでも商品説明文に画像付きで紹介できるようになりました。この機能は大々的に発表されたわけではなく、Amazon セラーセントラルのヘルプにひっそりと追加された程度で、知ることが出来た人だけ使ってくださいのような機能です。

ただし、使える画像は幅300ピクセルと小さい画像しか使えません。他ショッピングモールで使用している画像の流用は文字が読めなくなるなど弊害があり難しいでしょう。画像はあくまで写真のみを掲載、能書きや文章は画像ではなくテキストで書くというスタイルです。

商品紹介コンテンツの使い方

セラーセントラルの在庫管理画面もリニューアルされ新在庫管理画面となりました。旧管理画面のままだと使えませんので、新在庫管理画面に移行しましょう。

Amazon商品紹介コンテンツ

在庫管理画面の各商品の一番右に「詳細の編集」ボタンがあります。▼を押してメニューを開き「商品紹介コンテンツの編集」をクリックします。

amazon-syousai2

今は一種類しかありませんが、テンプレートを選びます。(今後増えるそうです。)

amazon-syousai3

商品紹介コンテンツは4項目まで作ることが可能です。1項目につき使える画像は2枚です。見出しを書き、説明文を書きます。画像は図中の「画像1」「画像2」の上にマウスを乗せると右上にボタンが表示されるので、そこから画像をアップロードします。

一度商品紹介コンテンツを作った同様の商品があるなら「既存の商品紹介コンテンツからコピー」ボタンを押せばまるっとコピーする事ができます。

編集が終わったら、右下の「プレビュー」ボタンを押しましょう。

実は商品紹介コンテンツを作ったら即座に商品ページに反映されるわけではありません。まず Amazon の審査が入ります。通常30分もあればページに反映されますが、反映されない場合はガイドラインに違反している可能性があります。もう一度商品紹介コンテンツ作成ページに行けば、エラー内容を確認できます。

amazon-sample

通常 Amazon の商品ページは上図のようになっています。商品紹介コンテンツを作ると赤枠の部分が追加され商品の詳しい説明を行う事ができます。

商品紹介の一例

amazon-syousai4

商品紹介コンテンツを作れば上図のような商品ページを作成する事が可能です。やはりないよりあった方が良く見えます。

商品サブ画像を見るのは意外と敷居が高い?

従来でも商品のサブ画像、いわゆる商品画像以外の詳細な画像を登録する事は可能でした。商品画像の隣にサムネイルが表示されており、マウスを乗せると大きな画像を見る事ができます。サムネイルは商品画像の他に6枚表示されていますが、実は1商品に対して9枚まで画像を登録できます。残り2枚は商品画像をクリックしないと全てを見る事ができません。

これが実は意外と敷居が高いのです。商品のサブ画像をすべて見る方法を知らない人が意外と多いです。

おわりに

Amazon で買い物する時って商品の購入の決め手になる物はレビューのような気がします。商品サブ画像を見るのは敷居が高いですが、商品紹介コンテンツはスクロールしてレビューを見る過程の中にあるので商品の購入の違った決め手を提供する事ができます。やっておいて損はないでしょうね。(ただ他ショッピングモールの画像を流用できないので手間はかかる。)

関連記事

要注意、Amazonに出品する商品の商品名は一度決めたら変更できません
Amazon でネットショップを出店している方も多いかと思います。が、Amazon で商品を出品する際、注意点があります。 それは、Amazon に商品登録する際に一
  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

ボタン
Photoshop不要!ボタン素材を自動生成してくれるButton Makerの使い方

Web 上にはボタンというものが至る所に存在しています。検索ボタン、閉じるボタン、送信ボタン、クリアボタン、これらは Web 上でよく見られるボタンです。 このボタン画像は一見簡単に見えて地味に手間がかかるんですよね。C […]

商品ページの回遊率アップで売上向上を狙う為の施策について

どこのネットショップ、ショッピングモールでもそうですがマニュアル通りにただ商品を載せただけでは売上向上に繋がりません。ちょっとしたカスタマイズで商品ページの回遊率を高め、商品が売れる機会を増やすことができます。 カスタマ […]

画像上書きの反映は遅いが一瞬で反映させる代替策はある【楽天ショップ】

楽天ショップを運営している人なら一度は頭を悩まされた事はあるでしょう。楽天の商品画像、すなわち楽天 RMS にアップロードした画像・楽天 GOLD スペースにアップロードした画像を上書きして差し替える場合、画像の反映処理 […]

スマートフォン操作
楽天スマホ商品ページの画像制限が緩和!3枚から10枚までへ

楽天でインターネットショップを運営されている方に朗報です。かつては楽天のスマートフォン用商品ページには画像は3枚まで(高さは1200pxまで)という画像制限がありました。ようやく重い腰を上げてこの画像制限が2016年より […]

ミニパソコン
売りたい商品のアピールは第一印象が重要である

ネットショップで商品を売りたいならまずは商品登録して各ショッピングモールへ出品します。今の時代、出品しただけでは売れません。 どこのショップでもいかに自分の商品を売るか考えられ実践されています。商品を売るために商品ページ […]

ダンボール
楽天の商品ページの納期情報の文字色やサイズを変更する方法

「楽天商品ページにある納期情報の文字色変えれる?」 突如放たれるその言葉。全く無茶を言ってくれますねと思いつつも、試行錯誤を始めます。試しに google で検索しても特に情報はありません。しかし、google の検索予 […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Premiere Elementsで動画の一部を切り抜きトリミングする方法

せっかく動画を撮影したけど、肝心な部分は動画の中央部分だけでま

北海道チーズおかき
チーズの旨味が超濃厚!YOSHIMIの「北海道チーズおかき」

北海道に本社を置き、レストラン事業や製菓事業を行っている YO

無効なURLです。
エックスサーバーへ移転時にデータベースをインポートしたら「無効なURLです。」

高速で安定度の高いと評判のエックスサーバーへサイトの移転を行い

CSSの擬似クラスnth-childは3の倍数以外というような否定条件も可能

CSS において偶数の要素だけ、奇数の要素だけ、何番目の要素だ

北のちーずボー
北海道産チーズのスティックケーキ「北のちーずボー」

新千歳空港のお土産店で販売されていた「北のちーずボー」を買って

→もっと見る