*

楽天ショップの会社概要のスマホ版をリリース。画像の幅をレスポンシブにする方法

公開日: : ネットショップ

楽天の各ショップには会社概要ページ、お支払・送料のページがあります。しかし、あれだけスマホ最適化、モバイルファーストが叫ばれようともここだけはスマホで見ても PC 版のままでした。

ようやく楽天が重い腰を上げて、楽天ショップの会社概要ページ、お支払・送料のページのスマホ対応に着手しました。一般のお客様には2017年3月29日よりリリースされますが、ショップ運営者側は2017年2月9日から会社概要ページのスマホ対応化を試す事ができます。

会社概要ページ、お支払・送料のページは自動でスマホ対応されますが、事前にこのスマホ対応機能を使って不自然な所がないか、見難くないか確認するよう呼びかけています。

会社概要のスマホ対応を確認する方法

確認は RMS から行います。

RMS にログインし、左メニューの基本情報設定を開いて「会社概要ページ」のリンクをクリックします。

再び会社概要ページのリンクをクリックします。

画面上部に「スマートフォン用会社概要ページを確認する」というリンクが出来ているのでこちらをクリックします。

上図の赤枠部分のリンクから会社概要ページとお支払・送料ページのスマホ対応後のページを事前に確認する事ができます。リンクをクリックしても画面が真っ白という場合は、タグのとじ忘れなどが原因のようです。

基本的に画像を使っていなければ綺麗にスマホ対応されます。ただし、画像を使っている場合はそうはいきません。画像の幅が大きければスマートフォンの画面をはみ出してしまうのです。これではスマホ対応しても見難くなってしまいます。

これの対処法については、画像の幅をパーセンテージで指定するように勧めています。つまり「Width="100%"」という風に指定するわけです。しかしこれではスマートフォンでは画面ぴったりに表示されますが、パソコンでも画面ぴったりに表示されてしまいます。つまりパソコンでは最大幅1920pxで超拡大画像になってしまってボケボケになってしまうのです。50%にしたらスマートフォンでも画面半分の画像になってしまいます。

ダメ押しに店舗運営マニュアルには次のような事が書かれています。

なお、スマートフォン用会社概要ページとPC用会社概要ページで異なるサイズ指定することはできません。

欠陥か!(震え)

画像の幅をPCとスマホで違うサイズを指定する

楽天のあまりの欠陥システムに落胆しつつ、何とか対処法を考えます。画像はパソコンでは通常の実寸サイズ、スマホでは幅100%と設定できれば完璧です。

実はここの会社概要編集部分では CSS が使えるので楽天 GOLD スペースに CSS をアップロードして読み込みます。

<link href="http://www.rakuten.ne.jp/gold/****/css/company.css" rel="stylesheet" type="text/css">

このような外部 CSS を読み込むタグを直接書きます。

そして、画像を使っている部分には以下のようにします。

<img src="画像URL" alt="説明" class="img01" />

class の部分は自由に名前を付けて構いませんが、ここでは img01 としました。

次に CSS の中身についてです。

@media screen and (max-width: 980px) {
	.img01{
		width:570px;
		height:	424px;
	}
}

@media screen and (max-width: 767px) {
	.img01{
		width:100%;	
		height:auto;
	}
}

これはメディアクエリと言って、画面の幅によって異なるスタイルを適用しています。まず、上の方は PC 用で画像の実寸サイズの幅と高さを指定します。次に、下の方はスマホ用なので幅は100%、高さは auto と指定します。これで、幅が狭いスマートフォンやタブレットでも画像は画面ぴったりに表示する事ができますし、パソコンでも不自然な事なく今まで通りに画像を表示する事ができます。

おわりに

楽天ショップの会社概要ページやお支払・送料ページで画像を使っていない場合は特別対応は必要ありませんが、画像を使っている場合は対応が必要となります。楽天のマニュアル通り、幅100%にしてしまうとパソコンではとても見苦しいものになってしまいます。

このようなレスポンシブ対応でパソコンでもスマートフォンでもスッキリと見やすいページにしてみましょう。

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

カートフォント
商用無料!様々なショッピングカートのデザインが揃っているフリーフォント

インターネットショッピングのサイトを作るなら必ず必要な「買い物カゴボタン」。お客様が商品を注文するために必要なボタンです。よく買い物かごに入れるという文字とともにショッピングカートのアイコンがあしらわれたボタンがよく使わ […]

Sold Out
あなたのショップは大丈夫?誤解を招く文言でお客様を逃しているかもしれません

日本語って難しいな。といつも切に思います。 例えば複数の必要条件があるキャンペーンをショップで打ち出す時、どのようにお客様にわかりやすくお伝えするか。本当に難しい事です。もちろん、長い文章で説明するのであれば簡単です。イ […]

楽天商品ページに複数の買い物かごボタンを設置する方法

今日は楽天ショップの商品ページについてのお話です。 これからAという商品を商品ページに載せるとします。そのAという商品には多数のオプション品があり、合わせてオプション品もたくさん売りたいという場合結構頭を悩ます問題だった […]

電話応対
お客様の注文間違いは転換率アップのチャンスです

ネットショップ、EC サイトを運営していれば日々お客様からのお電話を頂くかと思います。それは、商品に対する質問であったりクレームであったり内容は様々。その問い合わせ、受けただけで終わりにしてませんか? お客様からの問い合 […]

ミニパソコン
売りたい商品のアピールは第一印象が重要である

ネットショップで商品を売りたいならまずは商品登録して各ショッピングモールへ出品します。今の時代、出品しただけでは売れません。 どこのショップでもいかに自分の商品を売るか考えられ実践されています。商品を売るために商品ページ […]

線画に変換
写真や画像から綺麗なベクター線画に変換してくれるツールが便利

「この画像から線画にできる?」 この前そんな事を言われました。その画像とはある物の設計図のようなものでした。線画に出来るか?と問われれば出来ます。Adobe Illustrator で縁をなぞって線を書けばいいわけです。 […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
セブンイレブンからアイスキャラメルラテが発売されていたので感想など

セブンイレブンでお馴染みのセブンカフェからアイスキャラメルラテ

キャラメルがとろける贅沢なチョコクッキー東京限定の「キャラメルウィッチ」

先日東京へ行った時にまるでブランドバッグのようなお洒落さと高級

朝食もできる古民家パン屋カフェ、米原駅徒歩5分「ベーカリーカフェカシュカシュ」

2017年4月に滋賀県の米原駅東口から徒歩5分程度の場所にベー

大垣市の麺やらいじんが移転、一味違う豚骨スープとらいじんラーメンに舌鼓

かつて岐阜県大垣市浅中にあった「麺やらいじん」さんが2017年

ガソリンスタンドENEOSの看板にあるFCとは一体何?

ガソリンスタンドの ENEOS は日本全国にありますが、たまに

→もっと見る