*

ネットショップの営業日カレンダーを自動更新にして手間を省く

公開日: : 最終更新日:2014/11/27 ネットショップ

カレンダー

ネットショップと言えば必ずと言っていいほどありますよね。休業日と営業日をお客様に知らせる為の営業日カレンダー。お店によって実装方法は様々です。カレンダーは画像であったり、table タグでカレンダーを html で直打ちしたり…。これを毎月更新となると結構面倒で手間もかかります。複数ショップを運営していたら尚更です。

この営業日カレンダーが自動で更新出来たら、どんなに楽なものか。今回はカレンダーを自動で更新してくれるツールを紹介します。

営業日カレンダーを自動更新

シンクグラフィカさんで公開されているフリーのスクリプト素材です。下記ページからダウンロードしましょう。

calendar2

デフォルトだと上図のような状態になっています。お休みの日は背景が赤くなり、マウスカーソルを合わせると何のお休みか(定休日)などをポップアップで表示してくれます。カレンダーのサイズなどは付属の CSS で編集が可能です。

このまま使ってもいいのですが、真ん中の大きい予定表がいらなかったので消しました。

まず付属の html ファイルを開きます。以下の部分をサクッと消します。

<div class="schedule_wrapper">
  <h3>予定表</h3>
  <!-- 0番目の予定リストを表示する場合は以下のタグを配置 -->
  <div id="schedule0" class="schedule_list">
    <ol>
      <li value="210">テスト</li>
    </ol>
  </div>
</div>

定休日などの設定方法

各自店舗のお休みを入力しないことにはそのまま使えません。定休日を設定するには付属の「cal.js」を開きます。

なかなか難しいソースコードですが、上の方は設定になっています。「// (○月) 第× △曜日の場合」というコメントがあるのでその下を編集します。

calObj[0].month["0-1"] = 'Holyday;定休日';

上記は定休日設定の例です。肝となるのは["0-1"]という部分です。まず最初の数字は0が日曜日、次の数字は第何週目という意味になっています。つまり、第一日曜日を定休日とする設定です。0は日曜、1は月曜というように数字が増えていきます。これに習って、毎週土日を定休日とするには以下のように設定します。

calObj[0].month["0-1"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["0-2"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["0-3"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["0-4"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["0-5"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["6-1"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["6-2"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["6-3"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["6-4"] = 'Holyday;定休日';
calObj[0].month["6-5"] = 'Holyday;定休日';

holyday というのは、日付の背景を赤くする為に必要なもので変えられません。後ろの「定休日」はポップアップに表示する文字列なので自由に変えても問題ありません。

夏季休業日などの設定方法

夏季休業日などは、毎月第○曜日という設定ではできません。その場合は、以下のようにします。

calObj[0].month["8-3-2"] = 'Holyday;夏季休暇';

3つの数字に着目してください。これは8月の第二水曜日を夏季休暇にする設定です。何日かある場合は、その分行数を追加して設定します。

休日以外の設定をしたい場合

休日設定だと日付の背景が赤くなりますが、赤以外で休日以外の設定をしたい場合もあると思います。その場合は、付属の CSS を開いて設定します。

div.cal_wrapper table.cal tr td div.任意の文字列 {
	font-weight: bolder;
	color: #F00;
	background-color: #FEE;
}

「…div.Holyday」という箇所が休日設定の CSS となているので、これを丸々コピーします。.Holyday の箇所を任意の文字列に変更し、「background-color」の箇所で任意のカラーコードを入力します。

前述の定休日設定で「Holyday」の部分を今回決めた任意の文字列に変えると、背景が違う色で設定が可能です。

運用中のメンテナンス

年が変わると、夏季休業日や冬季休業日の日が変わるのでその部分は設定変更する必要があります。

おわりに

これで毎月のカレンダー更新作業が無くなってかなり時短に繋がりました。是非店舗運営にお役立てください。

上部広告

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

ランキング1位獲得
要注意!楽天商品ページへのランクイン実績表示についてルールを制定

楽天で買い物をしていると商品ページに「この商品は楽天ランキングで1位獲得!」というようなアピールをよく見かけると思います。売れてるアピールをする為に、楽天ランキングのランクイン実績を画像なりにまとめて商品ページにドンッと […]

snapp
手間不要!楽天スマホページ自動で楽に作れる「Snapp」が凄い

ネットショップにおいてもスマートフォンからの利用者が PC 利用者を上回りつつある事は周知の事実となっています。PC のページは作りこんでいても、スマートフォンページまでは手が回らない!という方もいらっしゃると思います。 […]

photoshop-bt
初心者でも簡単、Photoshopでバナーのボタンを簡単に作成できる作り方

Photoshop で簡単にバナー画像などに付けるボタンの作成方法を紹介します。Web 制作や EC ショップ運営をされている方なら作成する機会も多い事でしょう。Photoshop でボタン作成は難しく感じますが、知って […]

Yahoo×CSS
Yahoo!ショッピングの商品ページで外部CSSを使用する方法

Yahoo!ショッピングで出店されているショップ運営者さんもたくさんいらっしゃると思います。 Yahoo!ショッピングといえば、商品ページで使えるタグが制限されていたり、文字数も制限され、外部スタイルシートも使えずデザイ […]

iphone
Yahooショッピングのトリプルページを手っ取り早くスマホ対応に

Yahoo!ショッピングにショップを出店している方で、jquery や CSS が自由に使えてデザインができる「トリプル」を契約していらっしゃる方も多いと思います。しかし、トリプルで普通に PC 用のトップページを作った […]

スマートフォン
楽天ショップの商品ページスマホ版が見やすく改善されリニューアルしてました

2015年9月下旬、楽天ショップの商品ページのスマートフォン版が見やすく、買いやすく改善されました。楽天本家の仕様改善です。告知はされていますが、ひっそりといつの間にか改善されていたので知らない方もいるかもしれません。そ […]

上部広告

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

上部広告

       
スマホサイト
プラグイン無しで簡単に実現するスマホサイトの上からドロワーメニューの作り方【jQuery】

近年どこでもスマートフォン向けサイトが用意されているのが当たり前です。

sumaho-footer2
これを見れば簡単!スマホサイトのフッターメニューをサクッと作るサンプル

スマートフォンなどのモバイル端末でウェブサイトを見る人が急増し、今の時

gifuparking
名鉄岐阜駅直結の最も近い駐車場、24時間営業で2日以上停められます

名鉄岐阜駅から名古屋方面へ旅行やお出かけ、また中部国際空港へ電

wordpressengry
WordPress管理画面の投稿一覧で表示される投稿数を変更するには

WordPress の管理画面と言えば、WordPress でブログや

パンケーキ
札幌市大通で絶品サッポロパンケーキ!タイル貼りのカフェ「ミント」

札幌の地下鉄大通駅から徒歩3分、アクセスも良いタイル貼りのオシ

→もっと見る