Webサービス

Tumblrで独自ドメインを使う方法を解説(Value Domainの場合)

投稿日: / 更新日:

Tumblrとはブログ型 SNS で Facebook や Twitter とは違い、見た目はブログそのものです。WordPress のようにテーマにも対応しデザインを自由に作り込めるなどカスタマイズに富むのが特長。更に独自ドメインまで使う事ができます。

Tumblr で独自ドメインが使える事がわかり、この度レンタルサーバーで月額料金を払っていた別サイトを無料の Tumblr へ移転しました。しかし、この独自ドメインの設定方法が非常にわかりにくかったので設定までの奮闘を書き起こしておこうと思います。

Tumblrで独自ドメインを設定

Tumblr 公式サイトにも独自ドメインの設定方法が案内されています。

2つのレベルがある場合(mywebsite.comなど):ドメインのAレコード(IPアドレス)を66.6.44.4に指定してください。
3つ以上のレベルがある場合(www.mywebsite.com または blog.mywebsite.comなど):CNAMEレコードを"domains.tumblr.com?"に指定してください。

なんのこっちゃ!

かなり上級な専門用語が並んでいます。これでは一般の人には理解は難しいです。現に私もこれには困惑です。

独自ドメインを取得

まず独自ドメインを取得しなければ始まりません。既に持っている人は次の項へどうぞ。

ドメインを取得できる所は様々ですが私は Value Domain で取得しているのでここを前提に解説します。取得サイトが違ってもページデザインが違うだけで基本的に設定は同じです。

独自ドメインとTumblrを紐付け

2つのレベルがある場合(mywebsite.comなど):ドメインのAレコード(IPアドレス)を66.6.44.4に指定してください。
3つ以上のレベルがある場合(www.mywebsite.com または blog.mywebsite.comなど):CNAMEレコードを"domains.tumblr.com?"に指定してください。

ここで重要になってくるのが公式サイトにもかかれている上の文章。ようするに、このブログのような「webmist.info」というドメインなら1行目の A レコードを設定、「www.webmist.info」というドメインなら2行目の CNAME を設定という事です。

tumblr1

まずは Value Domain のコントロールパネルへログインします。左メニューからネームサーバーの設定を選択し、「Value Domain独自のネームサーバー(国内)」に設定した後に変更ボタンを押しましょう。既に設定されている場合は必要はりません。

tumblr2

次は左メニューより「DNS情報/URL転送の設定」です。ここでようやく公式サイトに書かれていたアレが登場です。

「cname www domains.tumblr.com?.」と記入します。「www.webmist.info」というドメインを使う例ですので cname の後に www と書いていますが、例えば「blog.webmist.info」というドメインを使う場合は www の代わりに blog と記入します。あと、最後のピリオドは必須ですので忘れないようにお願いします。

www 無しドメインの場合は「a @ 66.6.44.4」と記入します。設定が終わったら「保存する」ボタンを押しましょう。

Tumblr側の設定

次は Tumblr にログインします。

右上の人型マークをクリックして設定を開きます。

tumblr4

更に右メニューから該当のブログをクリックしてブログの設定画面を開きます。

tumblr5

ユーザー名の欄にある右側の鉛筆マークをクリックします。

tumblr6

「独自ドメインを使用する」のスイッチをオンにして使用するドメイン名を入力します。ドメインのテストをクリックして OK と表示されれば完了です。

※注意
OK となっても最大72時間は独自ドメインにアクセスしても Tumblr へ飛ばない場合があります。自分は独自ドメインで Tumblr へ行けても他の人は行けないという事態もあり得ますので気長に待ちましょう。

「独自ドメインを使用する」がない!

私、ここで躓きました。ユーザー名の下に「独自ドメインを使用する」のスイッチがなかったのです。公式サイトを見てもない場合の対処法は書かれておらず困りました。

実は Tumblr アカウントを取ったばかり、メールアドレスを変更したばかりなどメールの承認を行っていない場合、「独自ドメインを使用する」スイッチは表示されません。メールの承認については Tumblr からメールが届いている筈なので確認してみてください。

おわりに

Tumblr 自体は誰でも気軽に使える敷居が低いウェブサービスですが、独自ドメインの設定で途端に敷居が高くなりました。Tumblr 公式も独自ドメインの設定はサポートしておらず、解説も外部サイトに丸投げという不親切さ。参考になれば幸いです。

関連サイト

お名前.com でドメインを取得している場合

-Webサービス
-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.