ラーメン

バーのような雰囲気で頂く常滑市のラーメン「家紋らーめん茶屋快」

投稿日: / 更新日:

愛知県常滑市、中部国際空港の近くに一風変わったラーメン屋さんを見つけました。そこは昭和なバーのような雰囲気の中、メインで出しているのはラーメンという異色なお店です。バーカウンターには様々なお酒が並んでいる様子はバーそのものです。お酒メニューも豊富で、ラーメンを食べながらお酒も楽しめる居酒屋風ラーメン屋でした。

家紋らーめん茶屋快の場所

家紋らーめん茶屋快は知多横断道路の常滑インターチェンジで降り、常滑インター入り口交差点を右折。そのまま直進して原松町交差点の東側角にあります。

名鉄常滑駅からは南側から出て常滑駅前交差点を左折して徒歩10分です。

駐車場について

お店の前に共同駐車場が10台分ほどの駐車スペースがあります。家紋らーめん茶屋快の両隣には焼き肉屋や喫茶店があり、複数店舗の共同駐車場となります。駐車場に「共同」という文字が書かれています。

店内の雰囲気について

外観は居酒屋か和食屋のようで特に入りにくくはありませんでしたが、店内はレトロなバーのような雰囲気でした。カウンター席が7席ほど、小上がりのテーブル席が3つあります。

まわりを見ると昭和な食堂な印象ですが、カウンターを見ればお酒のボトルがずらりと並んでいてここだけレトロなバーカウンター。まさにバーとラーメン屋が融合してしまったような雰囲気です。居酒屋のように夜しかやってないみたいです。

家紋らーめん茶屋快のメニュー

ラーメンメニューは何種類かありますが、一番のおすすめメニューは卵担?(らんたんめん)です。ここだけのオリジナルラーメンで、担々?に卵をブレンドしたようなイメージ。

お酒メニューも豊富で、各種カクテルが450円。日本酒系もいろいろあります。

.info/wp-content/uploads/2017/10/ramenkai5.jpg" alt="" width="546" height="306" class="aligncenter size-full wp-image-9549" />

卵担?

卵担?(750円)を注文しました。卵の黄色さが際立つとろみがある感じ。具材はメンマ、刻み葱、味玉、そぼろ風になったお肉。

スープを飲んでみると、卵が入っているのでやはりまろやかなスープでした。ゴマ風味の卵とじスープのような感じですが、ただまろやかなだけではなく担々?のようにピリッと辛い味わいがアクセントになっています。まろやかさだけだったら物足りなかったと思います。

麺は中太な縮れ麺でした。卵のスープが絡んできます。そして炙りチャーシューは胡椒の風味が効いていて、端でつかむだけでほろっと崩れてしまう柔らかさ。香ばしくておいしかったです。

家紋らーめん茶屋 快でもおすすめされているのが、ラーメンを食べ終えてからの「あと入れめし」です。ただのご飯ではなく味付けに工夫を凝らしたもので、残ったスープに入れれば雑炊を楽しめます。100円から注文できます。

あと入れめし(100円)を注文しました。ご飯に胡椒が少々かけられており、刻み葱も少々。あと粒はアーモンドです。ご飯の量は一般的な茶碗1杯分はありますね。

これが卵のまろやかスープはそろそろ飽きたなという所にご飯を投入するとまた味が変わるんです。アーモンドの粒が歯ごたえもあって新鮮な味わいでした。これでスープの最後までおいしくいただけました。ごちそうさまです。

おわりに

ラーメンがメインですが、店内は居酒屋の空気でゆったりとした時間が流れていました。レトロなバーカウンターで食べるラーメンも乙なものです。

お店情報

家紋らーめん茶屋 快
住所:愛知県常滑市長間35-1
営業時間:18:30~25:30
定休日:日曜日
煙草:喫煙可
食べログ:家紋らーめん茶屋 快 - 常滑/ラーメン [食べログ]

-ラーメン
-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.