土産物

六花亭創業85周年記念のパイ菓子「十勝六花」をお土産に買ってきた

投稿日:

六花亭のお店を見て回っていたら2018年7月に新商品が出ていました。それは六花亭創業85周年を記念して作られたお菓子のようで「十勝六花」といいます。これは新千歳空港には売っていないようで、空港以外の六花亭店舗でしか買えません。

十勝六花とは

六花亭の「六花」を冠する名前ですが由来は異なるようで、そのまま北海道を代表する六つの花「ハマナシ・オオバナノエンレイソウ・カタクリ・エゾリュウキンカ・エゾリンドウ・シラネアオイ」をモチーフとしたパイのお菓子です。ちなみに、六花亭の由来は6角形の花「雪の結晶」に由来します。

白いパッケージに北海道の6つの花が描かれておりとてもカラフルでおしゃれです。

開封してみると中身も六角形のパイ菓子が出てきました。大きさの目安は女性の手のひらサイズほどです。表面にはザラメ砂糖が付いておりザラザラしています。砂糖がパラパラと落ちてくる心配はありません。

そして、もう一つの特徴は縦に入った線です。実はこの線に沿って縦にパキッと折れるんです。

別の折って食べようがそのまま食べようが個人の自由なのですが、六花亭公式が折って食べる事を推奨しています。

そのまま食べるより折って食べたら、より上品にいただけますね。

ちなみに裏にはザラメ砂糖は付いていません。

食べてみるとサクッと軽やかな口当たり。ザラメ砂糖の甘さと、バターの風味が濃厚な一枚です。ザラメの砂糖の味が一枚上手で甘さが際立っています。

価格と賞味期限

十勝六花は1枚100円。3枚入り、7枚入りが販売していました。

パイ菓子ですので常温保管が可能で、常温で持ち帰れます。賞味期限が購入から約半月です。

購入できる場所は六花亭各店舗や、百貨店の六花亭店舗など。新千歳空港には売っていません。

おわりに

六花亭の縦に割って食べるパイ菓子「十勝六花」。新千歳空港には売っていない商品です。お土産はいつも空港で済ませる私も、空港では売っていませんというパネルをみてついつい買ってしまったクチです。

六花亭の創業85周年記念菓、気になったら是非手にとってみてください。

-土産物
-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.