日常

体重計のタニタが味噌!?タニタ食堂の減塩みそで味噌汁を作ったら優しい甘みで美味しい

投稿日:

タニタ食堂の味噌

先日仲間内で味噌汁の話題になって味噌汁の好みやら具材の好みなど色々と話していたのですが、その時タニタの味噌があるという事を聞きました。

「タニタってあの体重計のタニタ?体重系メーカーが味噌を出している?そんな面白い話があるわけないでしょ。」

と最初は信じていなかったのですが、実際にありました。「丸の内タニタ食堂の減塩みそ」。タニタが味噌とか面白いんですけど。こんな面白いやつ買うしかないですね。

タニタ食堂の減塩みそとは

よく見るとタニタが直売しているわけではなく、味噌で有名なマルコメが製造者になっていました。何だ、タニタじゃないのかと思っていましたが、この商品はタニタ食堂とマルコメがコラボレーション(共同開発)して生まれた商品のようです。そして丸の内タニタ食堂で使われている味噌なのだとか。

タニタ食堂とはタニタの社員食堂を一般人向けに開いたお店で、東京の丸の内タニタ食堂を始めとして全国に9店舗点在しています。その他にもタニタ食堂メニューを提供しているお店も何箇所かあります。

店舗一覧|タニタ食堂

体重計メーカーならではの、健康と栄養バランスに配慮したヘルシーなメニューが揃っています。その中でタニタ食堂の味噌汁で使われているみそがこのタニタ食堂の減塩みそなのです。

実際に味噌汁を作ってみた

早速丸の内タニタ食堂の減塩みそで味噌汁を作ってみました。白味噌でも赤味噌でもなく米麹味噌という部類になります。無添加でだしは入っていません。だしなしなので、昆布や節でだしを取るかほんだしなどを使う必要がありますね。

フタを開けると、味噌の香りと麹の匂いが漂いました。

感想

まず最初に感じたのは優しい甘みです。減塩ですので刺激的な味ではなく実にまろやか。中には薄いという評価を下す人もいらっしゃるかもしれません。減塩の代わりに通常の2倍の麹を使い、甘みとコクで味をカバーしています。標準の味噌と比べて100gあたり20%の塩分をカットしているそうです。この口当たり優しい味わいは体に良さそうで好きです。減塩ですが味に物足りなさを感じるような事はありませんでした。

米麹味噌は関西ではよくあるので飲みなれた味でした。赤味噌はかなりクセを感じて慣れるまで飲みにくかったですが、白味噌や米麹味噌に慣れている人ならいつもと同じような感じで飲めると思います。

価格

丸の内タニタ食堂の減塩みそは総容量325gで、価格はだいたいスーパーで400円くらいです。一般的な味噌に比べるとやや高め。しかし減塩みその中でも美味しい部類だと思います。

-日常

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.