*

Stingerで特定記事だけAdsenseを表示しないようにする

公開日: : WordPress

widget5

このブログでも使っている WordPress の人気テーマ Stinger3 で Adsense を表示しないようにする方法を紹介します。Stinger5 でも同様です。

Adsenseを非表示にする必要性

Stinger3、Stinger5 のテーマを使っているならほとんどの方が Google Adsense で広告を表示させていると思います。なぜ Adsense を非表示にする必要があるかと言えば、Adsense の広告を貼っているならブログにどんな記事でも書いて良いわけではないという事です。

Adsense の規約に禁止されている内容が書かれています。

禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ

禁止コンテンツについて知らないままブログ記事を公開してしまい、Adsense の広告配信停止処置を受けてしまう事も大いにありえます。

特に注意が必要なのは、アルコール・タバコ系のコンテンツ、CERO Z の18歳以上向けのゲーム系のコンテンツ。危ない橋を渡るくらいなら最初から Adsense を表示しない方が良いでしょう。

Stingerで特定記事だけAdsenseを表示しないようにする

今回は php でプログラムが書けない場合でも出来るようにプラグインを使った方法を紹介します。

プラグイン「Widget logic」を使用

Widget logic とは、ウィジェットをページの種類ごとに表示・非表示を切り分ける事ができるプラグインです。Stinger3 でも Stinger5 でも Adsense 広告領域はウィジェットに登録されています。このプラグインを使えば容易に Adsense を特定ページだけ表示しないような設定が可能です。

具体的方法について

Widget logic

まずは、プラグインの新規追加より Widget logic をインストールしましょう。

widget3

Widget logic をインストールすると、左メニューより「外観」→「ウィジェット」を開いた所にある管理画面で各ウィジェットに「Widget logic」というテキストエリアが追加されているのがわかります。Stinger の Adsense 用ウィジェットにも追加されているので、ここに条件を追加するわけです。

条件に追加できる項目は多数ありますが、よく使うものだけ紹介します。特定ページだけ Adsense を表示しない目的であればこれだけ覚えてもらえれば問題無いと思います。

is_home():トップページの場合
is_404():404ページの場合
is_single():個別投稿記事の場合
is_category():カテゴリページの場合

例えば Adsense 用ウィジェットの Widget logic の欄に「is_404()」と記入して保存すると 404 ページだけ Adsense が表示されます。404 ページは Adsense を表示したくないのでこれでは困ります。

なので「!is_404()」と記入します。ビックリマークは否定を意味するので、これを追加する事で 404 ページじゃない場合という意味になります。

個別の記事の場合は「is_single()」を記入します。記事を判別する為にカッコ内に投稿 ID を入力するのですが…

widget4

WordPress の管理画面より投稿一覧画面を出して、タイトルにマウスカーソルを合わせて上図のように投稿のリンク先を見ます。ブラウザ左下のステータスバーにリンク先 URL が出るので、赤枠の数値を確認します。これが投稿 ID です。

つまり上の例で行くと「!is_single(2465)」と記入します。ビックリマークを付けないとその記事のみで Adsense を表示する事になり、その記事以外で Adsense を表示する事にはなりません。

また、Adsense を表示したくないページが複数ある場合は以下のように記入します。

!is_single(array(2465,2466))

array のカッコ内にセミコロンで投稿 ID を列挙します。

複数の条件を指定したい場合

例えば、404ページと特定記事のみ Adsense を表示したくない場合は以下のように記入します。

!is_404() && !is_single(array(2465,2466))

&& は条件を連結する為のもので、日本語で言えば「かつ」という意味になります。つまり両方の条件に合致した場合 Adsense を表示する設定となります。

注意事項

Stinger のデフォルト Adsense スペース以外にも Adsense 広告を表示している場合は更に個別の対応が必要です。

if(!is_single(array(2465,2466))){ 広告コード }

上の例のような php プログラムを書く必要があります。別途広告を設置できるなら php の知識等はあると思うので詳しくは割愛させて頂きます。

おわりに

条件を記入する所が慣れてないと多少難しくて敷居が高いですが、php でプログラムを書くよりは簡単です。知っている、知らないに関わらず Adsense の規約に違反していたら Adsense 広告配信停止の処置は突然やってきます。そうなる前に可能性は少しでも潰しておきたいですね。

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

WordPress管理画面の投稿一覧で表示される投稿数を変更するには

WordPress の管理画面と言えば、WordPress でブログやサイトを運営しているなら必ず目にするものですが、投稿一覧に表示される記事の数を変更する必要がありました。普通にブログを書くだけなら、投稿一覧の記事数な […]

全記事一覧
WordPressで全記事一覧と投稿日を一緒に出力する方法

WordPress を使う前は Movable Type や Serene Bach を使用しておりましたが、その時は対して苦労しなかった「全記事一覧と投稿日を一緒に出力する」事が WordPress では結構実現に手間 […]

WordPress管理画面の固定ページの属性の中にテンプレートが表示されないのは何故?

WordPress の固定ページの新規作成画面にテンプレートのドロップダウンメニューがない事に気が付きました。固定ページのテンプレートとは、固定ページに独自のデザインを適用するためのものです。WordPress をカスタ […]

WordPressのパーマリンクに%E2%80%8B%E2%80%8が混入する原因と正体

WordPress のパーマリンクに不可解な文字列「%E2%80%8B%E2%80%8」が混入するという現象が発生しました。 パーマリンクとは上図のやつですよ。ようするに投稿記事の URL です。WordPress 管理 […]

wordpress
今何記事目?WordPressで公開記事数を表示する

WordPress で公開記事数を調べたければ管理画面(ダッシュボード)に行けばすぐにわかっちゃうのですが、サイト上に表示したいという人もいるかもしれません。 ブログならそんなに記事数をわざわざ閲覧者にアピールする必要も […]

WordPressでログイン時だけ表示する条件分岐を行うには?

WordPress では色々条件分岐があります。トップページだけ、カテゴリページだけ、固定ページだけ、単一記事ページだけ等、様々な条件分岐を行って表示を制御する事ができます。 WordPress でサイトを作っているうち […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Googleフォトにアップした写真がどこで撮影したのか確認する方法

あなたのスマートフォンの中にもたくさんの写真があるのではないで

長浜IC前「らーめん専家味噌壱」癖になる濃厚味噌ラーメン

北陸自動車道の長浜インターチェンジ前に、2018年にラーメン屋

WordPressのWP_Queryでカスタムフィールドで絞り込み今日の日付以前の記事は表示しない

WordPress で条件に応じた記事を一覧で表示したいという

電子レンジで冷凍食品のあたため500W/600Wってどこで判別?地域によって違いは?

冷凍食品を温めるのには電子レンジを使用しますが、冷凍食品の裏側

Premiere Elementsで動画の一部を切り抜きトリミングする方法

せっかく動画を撮影したけど、肝心な部分は動画の中央部分だけでま

→もっと見る