*

2018年版!日本で購入できる丸型スマートウォッチまとめ

公開日: : 最終更新日:2018/07/08 端末

lgwatch-urbane3

スマートフォンと連携して使う腕時計、スマートウォッチはまだまだマイノリティな存在です。Apple Watch の登場で世間的にスマートウォッチの存在も多少知られてきましたが、そこまで普及している印象はありません。

それはやはり、スマートウォッチ=ダサいという印象を持たれてしまったからではないかと思います。Android Wear のスマートウォッチも正直ダサかったです。しかし、2015年の年末になり実用に耐える見た目も良いスマートウォッチも増えてきました。

ここでは日本で購入できる Android 対応丸型スマートウォッチを紹介します。

Activité Pop

activitepop

2015年7月に発売された Withings Activité Pop です。体重計で有名なフランスメーカー製。このスマートウォッチは他のものとは毛色が違います。

スマートウォッチと言えば、液晶ディスプレイで盤面も自由にデザインが変更可能なものがほとんどですが、これは画面ではなくアナログ時計そのもの。物理的に時計の針が動いています。もちろん、Android4.3以上のスマートフォンと同期が可能です。ただの腕時計ではなく、活動量計として歩数計・睡眠トラッキング・スイミングトラッキングなど特徴的な機能を備えています。ディスプレイがない為、他のスマートウォッチと比べて段違いなバッテリー持ちを誇ります。

睡眠トラッキングは、深い眠り・浅い眠りを検知、目の覚めた回数も記録し合計睡眠時間も記録します。

他のスマートウォッチと比べて女性にも合うデザインですね。

価格:20,800円(税込)

Huawei Watch

huaweiwatch

2015年10月に発売された丸型スマートウォッチです。高級腕時計を意識したモデルだけあり、メタリックな筐体で高級感があります。価格はレザーバンドモデルが45,800円から。

現在 Google Play 公式ストアでの販売が始まっており、ステンレスバンドモデルのみとなっています。スマートフォンレベルのやや高い価格設定です。開発元はファーウェイ。

価格:51,800円(税別)

moto360 2nd

moto3602nd

2015年12月以降に発売予定で2016年4月に発売された moto360 2nd です。moto360 は世界的に見て初めて登場した丸型スマートウォッチだったのですが、日本で発売されませんでした。卓越したお洒落なスマートウォッチだっただけに残念でした。しかし、後継機種の moto360 2nd が日本で正式に発売されます。moto360 が欲しかった人には朗報ですね。

開発元は Motorola。Google Play 公式ストアや Amazon で購入できます。

価格:44,500円(税別)

Gear S2

Gear S2

2015年12月に発売された丸型スマートウォッチです。なかなか未来的でオシャレなデザインですね。開発元はサムスン。

時計の円形部の縁(ベゼル)を回転させて操作するインタフェースが組み込まれている事が特長です。他のスマートウォッチにはありません。また、バッテリー持続時間は2~3日は持つそうです。

スマートウォッチと言えば、購入場所と言えばインターネット通販か Google 公式ストアくらいしかありませんでした。しかし、Gear S2 はドコモ、AUショップの他、家電量販店でも取り扱われます。

価格:42,000円から

Casio Smart Outdoor Watch

casiowatch

何とあの G-shock のカシオがスマートウォッチ界に参入です。見た目も G-shock に似ています。2016年3月末に発売予定となっています。

Casio Smart Outdoor Watch は他のスマートウォッチとはコンセプトが違い、アウトドアに特化したスマートウォッチです。その為いかに強靭である事に注力されています。耐落下、耐振動、耐高温、耐低温は米国軍用規格をクリアしているとの事。

価格も他のスマートウォッチよりも強靭な価格です!

価格:70,000円から

Fossil Q

fossil

アメリカの時計ブランドフォッシル(Fossil)からスマートウォッチが初めて日本に上陸しました。Fossil Q ワンダー、Fossil Q マーシャル、ベルトや形状が異なる8モデルが日本で2016年9月4日より発売されています。Fossil Q は Android、iOS 両方に対応。

バッテリー容量は360mAhで、最大24時間もつようです。また、防水にも対応しています。

日本正規品の購入場所は Fossil の国内直営店で、インターネット通販では Fossil 公式ショップで購入可能です。

価格:39,960円から

wena wrist

wena wrist はソニーのハイブリッドスマートウォッチです。他のスマートウォッチと違う所は何とスマートウォッチの主要機能はバンド部に埋め込まれているという点です。通常スマートウォッチといえば時計の盤面が液晶ですが、wena wrist は普通のアナログ時計です。

液晶に表示しない為、スマートウォッチの機能が埋め込まれているバンド部は1週間ほど電池が持ちます。時計部の電池は3年も持ちます。また、バンド部をかざすことでおサイフケータイも使う事ができます。Androidはバージョン5.0以上が必要です。

価格:42,800円から

ZenWatch 3

zenwatch3

ASUS から3作目のスマートウォッチが日本で登場します。今まで ASUS は丸みを帯びた女性にも合いそうな四角型スマートウォッチを発売していましたが、3作目でついに丸型スマートウォッチに進出です。金環日食をイメージしたもので見た目も美しくとても華やかでオシャレで ZenWatch3 も女性にも合いそうです。バッテリーは1日半の持続を実現しています。

ZenWatch 3 は2016年12月10日より発売されます。ASUS 公式サイト、楽天ブックスで購入可能です。

価格:39,800円から

エコ・ドライブ Bluetooth

あの時計メーカー CITIZEN から遂にスマートウォッチが登場です。他と違って秀でているのは、スマートウォッチの最大の欠点を克服した事です。それは何と充電が不要!太陽光発電を採用し、毎日の充電の煩わしさからも開放されます。

CITIZEN のスマートウォッチは画面が液晶ではなく、常に目に見えるアナログ時計です。それでもスマートフォンからの着信通知、自動時刻修正、スマートフォンを探すという機能はあります。確かに他のスマートウォッチと比べると出来ることは少なくなっています。それは消費電力削減の為に取捨選択した結果で、必要最低限の機能が実装されています。しかし、それでも充電不要というメリットは何よりも大きいです。

2017年3月より発売されます。価格は他のスマートウォッチと比べてダントツに高価。

価格:85,000円から

HUAWEI WATCH2

2017年6月に発売されたスマートウォッチ。Huawei からスマートウォッチの第二弾です。第一弾と比べてよりスポーティな見た目になっています。重さも56gで軽量タイプです。

ステンレスよりも強度が高いセラミックベゼルで、更に防水にも対応しています。特徴的な機能として過去6時間分の心拍数をモニタリングする機能を備えています。ちなみにいつも心配される電池持ちですが、公称で電池持続時間3日と発表されています。

Android / iPhone 共に対応し、Android 4.3以降、iOS8.2以降に対応します。

価格:37,000円程度

DIESEL タッチスクリーンスマートウォッチ

イタリアの時計ブランド「DIESEL(ディーゼル)」から初のタッチスクリーンスマートウォッチが登場です。2017年9月25日発売。

電池持ちは約1日と心もとない。マグネット式ワイヤレス充電に対応しています。DIESEL STORE各店、オンラインショップで販売されます。

価格:43,000円程度

MATRIX PowerWatch

米国企業「MATRIX INDUSTRIES」が開発した丸型スマートウォッチです。これは一般の出資者から資金を募るクラウドファンディングによって製品化に至ったもので、何が凄いかと言えば充電が不要というところです。

スマートウォッチと言えば一番充電がネックとなるところですが、MATRIX PowerWatch は何と体温で充電を行います。体温は生きている限りなくなりませんから腕に巻いている限り電力が供給され続けます。スマートウォッチの常識を覆した画期的な商品です。

あなたの体温で1日にどれだけの電力を発電したかという事も数値化されます。もちろん、歩数、消費カロリー、睡眠量なども計測されます。

Amazon や公式サイトなどで購入できます。

価格:35,000円程度

おわりに

2018年時点での丸型スマートウォッチを紹介しましたが、これからも続々と丸型スマートウォッチが発売されてくると思います。

スマートウォッチって正直絶対必要なものではありません。しかし普通の腕時計と比べたらそれにはない沢山の機能が付いています。通知機能、歩数計、スマートフォンを探す機能などなど。普通の腕時計に5万出すくらいなら、スマートウォッチの方が面白そう、という人におすすめです。見た目は普通の腕時計と変わりませんので。

参考記事

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

話題のiPhone6sとHTC J Butterfly HTV31を比較してみた

2015年9月10日、今年も iPhone の新しいモデル 6s が発表されました。発売は9月25日より。 iPhone6S を検討されている方の中でも Android とどちらにするか悩まれている方もいらっしゃると思い […]

ガラケーとスマホ
私がガラケーからスマートフォンにした理由

私がガラケーからスマートフォンにしたのは、2010年6月の事です。丁度日本でもスマートフォンが活発に発売され始めた頃で、スマートフォン元年と言われた年でした。一番最初に興味を持ったスマートフォンは Google の Ne […]

HTL23 Lolipop
auのHTL23にAndroid5.0 Lolipopのアップデート開始!感想など

2014年夏に発売された au の Android スマートフォン「HTC J Butterfly HTL23」に Android のメジャーアップデートが2016年3月8日より提供される事になりました。バージョンは A […]

lg wacth1
日本正規品!LG G Watch R で始めるスマートウォッチ生活

日本で初めての Android Wear 搭載丸型スマートウォッチ「LG G Watch R」が2014年11月12日より Google Play ストアで販売開始されたので購入しました。まずは特にカスタマイズなしで1週 […]

HTC10にmicroSD
auスマートフォンHTV32(HTC10)にmicroSDカードを入れる方法

au より2016年夏モデルとして発売された HTV32(HTC10)ですが、microSD カードの入れ方がわからず困惑しました。従来であれば爪でカバーを外せるものが多かったのですが、今回は外せそうにありません。まさか […]

HTV32(HTC10)本体・各種機能についてレビューとおすすめ保護フィルム

(左:HTL23 右:HTV32) HTC J Butterfly2 HTL23 から HTC10(HTV32)に機種変更しました。色はトパーズゴールドです。HTV32 は従来の機種とは違い J シリーズではありません。 […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Tシャツ
夏でも涼しい蒸れない無地TシャツならグリマードライTシャツがおすすめ【レビュー】

以前なんでも良いからとりあえず無地Tシャツを買おうと思って手に

長浜市の手打ちうどん処「二福亭」地元で美味いと話題のうどん屋さん

滋賀県長浜市にある手打ちうどん屋さんの「二福亭」は地元でうどん

彦根市の緑豊かで温かい雰囲気の民家カフェ「MokuMoku」でランチ

滋賀県彦根市にある隠れ家的民家カフェ「MokuMoku(モクモ

世界一のジェラート
彦根市にある世界一のジェラート店「ジェラテリアアズーロ」で滋賀ならではの味を堪能

世界一のジェラートのお店が滋賀県に、彦根市にあるなんて。半信半

スマホで遊園地経営ゲーム「ローラーコースタータイクーンタッチ」レビュー

自分で夢のワンダーランドを作る遊園地経営シミュレーションゲーム

→もっと見る