車の座席の下に指輪や小物を落として取れない時の対処法

投稿日: / 更新日:

座席の下に落とした

自動車には意外と至る所に隙間があります。車に乗る上では普段気にもしないような所にも手も入らないような狭い隙間があります。それは自動車の座席の下もその一つです。自動車の座席の下なんて普段見る事もないでしょう。そんな所に指輪など小さな身の回り品や小物などを落とすと悲惨な事になります。

自動車の座席の下

これが車の座席の下です。座席の下に物を落としたといっても目に見える部分なら簡単に取る事ができます。しかし、座席の下には金具や金属レール部など様々な障害物があります。もしそのような隙間に入り込んでしまったら手で取るのは困難です。取れないからといってあまりに奥まで手を入れてしまうと大きなケガの原因となるのでやめましょう。

では、どうすれば良いのでしょうか。

carring4

今回問題となった出来事は指輪を座席の下に落としてしまった事です。助手席のシートとサイドブレーキの間の小さな隙間に落ち、座席下の金属部の隙間に綺麗にすっぽりと入り込んでしまいました。おおよそ上の写真の赤枠部分です。

まずはディーラーに相談を

いつも行きつけのディーラーに相談してみましょう。ディーラーでなくてもお近くの自動車整備屋でも良いでしょう。

とりあえずいつもお世話になっているディーラーに座席下に指輪を落としてしまったと電話で問合せてみました。すると、一度見せてもらわない事には何とも言えないので一度来てくださいとの事でした。という事で後日ディーラーへ行ってきました。

座席の下に落としてしまった指輪の位置はだいたいわかっていたので、この辺にありそうですと伝えると専用の工具を持ち出してきてドライバーでねじを外すようにいとも簡単にカバーを取り外しました。

carring3

ありました!指輪を発見です。これで指輪を救出することに成功しました。

工賃について

数千円はかかる事を覚悟していたのですが、カバーを取り外しただけなので工賃はいらないですよと言ってもらえました。ありがたや。

ただし、更に奥の隙間に入り込んでしまった場合は座席を取り外す事になるのでその場合は最大1万円の工賃がかかるという事でした。結構大掛かりな作業となるので1日程度車を預けて作業を行うそうです。

おわりに

工具でいとも簡単に取り外していたので工具さえあれば自分で何とか取り出せそうでしたが、素人にはどうやって取り外していたのか見当もつかない構造をしています。自分で無理にやって壊すよりもやはりプロにお任せする方が安心ですね。

関連記事

車のシートの汚れが気になるならこれ!

車のシート
意外と気になる車のシートの汚れを落とす方法

自分の車に誰かを乗せる機会はそれほどないのですが、気づくと助手席のシートのいたるところが黒ずんでいる事に気づきました。ベージュのシートなのでかなり目立ちます。一度気づくとかなり気になり、誰だよ汚したの ...

続きを見る

-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.