ゲーム

新型!Newニンテンドー3DSが電撃発表に思う事

投稿日: / 更新日:

Newニンテンドー3DS LL

2014年8月29日、任天堂よりニンテンドー3DSの新型「Newニンテンドー3DS/3DS LL」が発表されました。従来の欠点を改善し、驚きの機能も搭載されています。

右スティック追加

本体サイズはほぼ同じ大きさのまま、右スティックが追加されました。携帯ゲーム機でもかつての据え置き機レベルのゲームも発売されていますが、視点移動や操作感は左スティックだけでは不満もあり快適な操作ができませんでした。

その改善として、拡張スライドパットがオプションとして発売されています。しかし、右スティックを得た代わりに本体重量もかなり増えてしまいました。

それが本体重量も従来とほぼ変わらず右スティックが追加されたのは嬉しい進化です。右スティックを使わないゲームがあるにしろ、拡張スライドパットを着脱する手間がなくなりますしあっても困りません。

ZL ZR ボタン追加

拡張スライドパットにあったZR/ZLボタンも追加されています。

3Dブレ防止機能

ニンテンドー3DS は 3D 機能を ON にする事で立体視、3D 映像でゲームをする事ができますが、真正面から見ていないとその機能を果たせていませんでした。動きの激しいゲームで本体が視界の正面からずれると、ブレが生じて見難くなります。その為、気持ち悪いと思う人もいました。

NEWニンテンドー3DS ではその欠点が改善され、視界の正面からずれてもブレないというのです。どうやらインカメラで顔の位置を認識し、3D表示位置を調整する仕組みのようです。謎技術すぎてわかりません。

CPU高速化

何とスペックもアップ。CPU 高速化により本体機能の動作も高速化、ニンテンドーeショップからのダウンロード速度も向上するようです。

従来の3DSソフトは全て使用可

従来の 3DS ソフトも全て使えるので安心です。ただし今後は Newニンテンドー3DS 専用ソフトも発売されるようで、かつてのゲームボーイからゲームボーイカラーの進化のようなイメージとなるようです。

Newニンテンドー3DS 専用ソフトとして、Wii で発売されたゼノブレイドのリメイクが来年2015年発売予定であると発表されました。

主な機能は以上。他にも多数新機能が搭載されていますが、詳しくはプレゼンテーション映像をどうぞ。

お値段は

Newニンテンドー3DS は1万6000円、Newニンテンドー3DS LLは1万8800円。これだけ盛りだくさんの機能が搭載されてお値段さほど変わらず。さすがです。

発売日は2014年10月11日発売予定。

Newニンテンドー3DSが電撃発表に思う事

コンシューマゲームのグラフィックの強化はそろそろ止めるべきと思ってました。開発費は高騰、売上は減少という流れではいつか破綻します。それでも尚 PS4 が発売されたのには驚きました。

据え置き機がかつてのように振るわない昨今、その流れを変えるのは据え置き機と携帯機の融合ではないかと思っていましたが、Newニンテンドー3DS でそちらに舵を切ったのかなという印象を持ちました。今のところ WiiU も柱に据えていますが、次の世代では据え置き機と携帯機の隔たりも無くなるんじゃないかと予想しています。

文末リンク

ニュースリリース : 2014年8月29日

-ゲーム

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.