カフェ

驚愕のアンティークカフェ!札幌円山の古屋カフェ「森彦」

投稿日: / 更新日:

森彦外観

本日は古屋フェチも大歓喜の驚愕のアンティークカフェをご紹介します。札幌円山の閑静な住宅街にある「森彦」さんです。

品格ある築60年を越えるカフェ「森彦」

ただし、オープンは1996年。

札幌の地下鉄東西線の円山公園駅から徒歩約5分の所にあります。閑静な住宅街を歩いて行くとカフェ森彦が見えてきます。木や蔦に侵食された古屋が…。最初は失礼ながら「え、ここ?」と驚きました。

アンティーク感あふれる空間

建物の中に入ったら雰囲気は様変わりしました。歴史を感じさせる佇まい、内装やオブジェなども何から何までアンティークさが漂います。それはもうジブリの世界観に入りこんだような不思議な空間でした。

入ってからしばらく待つと超急な階段を登った先にある二階席へ案内されました。

森彦内装

ゼンマイ式の古時計がカチカチと時を刻み、年代を感じさせるテーブルを白熱電球が淡く照らし、ゆったりと落ち着く雰囲気です。公式サイトをご覧頂ければその雰囲気の片鱗を感じることができますよ。

呼び鈴

2階からどうやって呼ぶんだろうと思いましたが、テーブルの脇に何やら古風なオブジェが…。実はこれ呼び鈴でした。

深みがあり上品な珈琲

コーヒーだけで9種類ほどの種類があり迷いましたが、Morihikoブレンドフレンチ(550円)を注文しました。

森彦コーヒー

香りが豊かで、口当たり良い飲みやすいコーヒーでした。

北海道と言えば森彦コーヒーと言われるくらいに有名らしいです。注文を受けてから一杯一杯ネルドリップされているようで、別格のコーヒーでした。美味しかったです。

※注文を受けてからのドリップなのでコーヒー1杯でも結構待ちます。時間に余裕を持って訪れてください。アンティークな内装が物珍しくてさほど待ち時間は長く感じませんでした。

おわりに

ただのカフェではありません。この驚愕のアンティークカフェはその雰囲気を味わうだけでも一見の価値ありです。もちろんコーヒーの質は太鼓判を押す程です。

また、名前に「彦」が付く人は良い事があるそうです。名前が「森彦」だと更に…。

お店情報

森彦
住所:北海道札幌市中央区南二条西26-2-18
営業時間:12:00~22:30
公式サイト:MORIHICO 森彦 札幌 コーヒー豆通販 カフェ コーヒーギフト販売
食べログ:メニュー写真 : 森彦 (ATELIER MORIHIKO もりひこ)[食べログ]

-カフェ
-

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.