インターネット

素材サイトで広告収入は得られるか?

投稿日:

sphones

自分の特技やスキルをお金にしたい。そういう考えは間違いではないと思いますし、有効な手段だと思います。その一つの方法として素材サイトをやってみたいという考えを持つ人もいるでしょう。素材サイトにも扱う分野によって様々な種類があります。

例えば、写真・音楽・効果音・イラスト・壁紙・動画・3Dモデリング・エフェクトなどなど、アイデア次第で何でも出来て挙げればきりがありません。特に写真であれば、カメラさえあれば誰でも簡単に始められます。フリー素材を求める人は多いです。そこをつけば集客ができるかもしれません。

しかし、誰でも簡単に出来るという事はライバルも多いという事です。似たような素材サイトならごまんと溢れていて、何か特色を出すなど差別化する必要があります。写真素材サイトならぱくたそさんが強すぎてもう太刀打ちできないでしょう。

イラストや音楽素材なら作る人の個性を出せれば人気が出て成功する可能性はあります。イラスト素材サイトであれば、いらすとやさんが今では有名ですね。独特な絵のセンスと、時事ネタをイラスト化するという手法でごまんとあるイラスト素材サイトの中から飛び抜けた知名度を獲得しました。テレビはもちろん、パンフレット、ポスターなど日本全国でどこでも見かけるようになったほどです。

このようにライバルがたくさんいても抜群の独自性と差別化で一躍トップに登り詰める事も可能ではあります。逆に言えば、誰でもできてどこにでもあるような素材サイトでは埋もれてしまって成功できないでしょう。

前置きが長くなりました。素材サイトで広告収入は得られるか?という話ですが。

結論から言えば、労力に見合う収入は得られません。それはたとえ少し成功してアクセスを集める事が出来ても同様です。大型素材サイトになれば収入は増えるでしょうがその分労力や維持費用がかさみ労力に見合う収入にはならないでしょう。もちろんそれは広告収入に限っての話です。素材サイトを起点に有料素材を販売するなど別途収入にするという方法もあります。アイデア次第でビジネスに発展させる事も可能です。

どうしても素材サイトをやりたいのであれば、ニッチな所を攻める事をおすすめします。例えば一言に写真素材サイトと言っても、魚専門とか分野に特化する方法です。それが一つの独自化となります。イラスト素材サイトであれば、ダンボールデザイン特化サイトなどニッチな需要に当たれば光明があるかもしれません。

-インターネット

Copyright© ウェブミスト(Webmist) , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.