*

今こそ同人音楽即売会M3でもダウンロード頒布をするのはどうか

公開日: : 最終更新日:2017/05/01 音楽

太陽誘電That's

CD-R や DVD-R など光ディスク事業で有名な太陽誘電社が撤退を発表しました。

国産光ディスクとして有数の信頼性を誇っていた太陽誘電社の撤退は衝撃的です。CD や DVD のプレス業者はマスターディスクはなるべく太陽誘電社の光ディスクを使用してくださいと推奨していたくらいです。

このニュースで痛手を負うのは私も足を突っ込んでいる同人音楽界隈です。自分の音楽作品を主に太陽誘電製の CD-R をマスターディスクとして利用したり、焼いたりしていました。これが無くなると死活問題です。

太陽誘電製のCD-Rじゃなきゃダメなのか?

国産でなくても海外産の CD-R ももちろんあります。しかし、エラーや焼きミスが少ないのは国産の太陽誘電製しか選択肢がありませんでした。せっかく頒布した CD が再生できないなどのトラブルが頻出しては厄介な事になりますし、なるべくそのようなトラブルの種は取り除いておきたいです。

同人音楽即売会M3でもダウンロード頒布を推進するべき

太陽誘電の CD メディアが無くなる前に買い占めてもいずれは無くなります。そのうち次の手段は考えなくてはいけません。

今一部の界隈が騒いだ所で時代の流れには抗えません。太陽誘電社が光ディスク事業の撤退を機に CD を作るのを止めるという選択はどうですか?代替手段に USB メモリ、SD カードなどが挙がっていますが、そこまでするならもう記憶メディアに作品を収める事自体にこだわらなくても良い気がします。同人即売会でもダウンロード頒布をすればいいのです。

今でもCDというメディアを使う事が正しいのか?

CDメディア

CD を作るのも材料費など結構な金がかかります。時間も労力も多大にかかります。

作り手側は多くの制作費をかけて CD を作っても売上によっては赤字になる事もよくある事でしょう。それで売れ残りは自宅で在庫の山。自宅のスペースを圧迫します。(売れれば問題ないのですが)

聞き手にとっては、買った CD をパソコンに取り込んで CD はラックに山積み…。

もうこうなると CD というメディアを使う事がもったいないのではないかと思います。

M3などでダウンロード頒布をする方法について提案

名刺サイズの紙に従来の CD ジャケットのようにデザインを施し、ダウンロードコード、若しくは音源データの URL を記載したカードを作って CD の代わりに頒布する方法を思いつきました。ダウンロードファイルには音源データと一緒にジャケット、曲目リストなども一緒に封入します。

パソコンを持ってない人のフォローができない事がデメリットでありますが、それは SD カードや USB メモリを代替手段に選んでも同じ事です。

CDを作るには枚数によりますがプレスなら6、7万円。手焼きにしろ約1万円程かかります。これが名刺サイズの紙を業者に依頼しても100枚で1000円もかかりません。CDと違って増産も容易です。これが一番のメリットだと思います。

カードによるダウンロード頒布のメリット

  • CDより制作費が安い
  • 音源データを作るだけでOK、焼き梱包という作業が不要
  • CDには収録できないハイレゾ音源を頒布する事も可能
  • 増産が容易
  • 荷物のかさが減り搬入も容易
  • 在庫リスクがない
  • 原材料費が減り頒布価格の再考ができる
  • 聞き手はCDをリッピングする必要もない
  • 再生できないなどの焼きミストラブルはなくなる
  • 後から通販する場合自家通販でも送料不要

カードによるダウンロード頒布のデメリット

  • パソコンがない人は再生できる手段がない(スマホで出来るか要検討)
  • コレクターズアイテムとしてCDを買いたいという人のニーズに応えられない

即売会でのダウンロード頒布はデメリットもありますが、これだけのメリットがある事には大変魅力に感じます。課題は半永久的にファイルをアップロードしておく場所を用意できるかという所です。

かつてインターネット上での同人音楽即売会「Apollo」が開催されました。当然ダウンロード頒布限定のイベントです。

ログインの不具合やクレジット決済の大きなトラブルが発生し残念な結果となりましたが、Apollo の盛り上がりようからダウンロード頒布の敷居は結構低くなっているのではと思いました。オフラインの同人即売会でもダウンロード頒布は結構いける線なのではないかと思っています。

そこまでするなら即売会に参加する意味もなくない?という声もあると思います。でも私はオフラインの同人即売会での人との出会いを最も重要視しているのでイベント参加は外せません。

おわりに

次の2015年秋 M3 に私も申し込みましたが、即売会でのダウンロード頒布を率先して試してみようかなと思っています。何事もやってみないとわかりません。これが吉と出るか凶と出るか。

太陽誘電社の光ディスク事業撤退のニュースはこれからの同人音楽のあり方について考える機会にもなりました。あなたのサークルは今後どうしますか?

関連記事

同人音楽即売会でダウンロード頒布ができるサービス conca のレビュー。

concaを使って実際に即売会でダウンロード頒布してわかったメリットとデメリット
日本の商業音楽市場でも CD からダウンロード販売や定額制ストリーミング配信が拡大しており CD メディアでの販売は縮小が続いています。音楽に限らず、Adobe 関係のソフ

  • Pocket

おすすめトピックス

関連記事

おしゃれなラウンジミュージック系バンド「Cymbals」が日本に存在した事に衝撃を受けた

時にラジオは今までに知らなかった曲、アーティストに巡りあわせてくれます。ラジオで流れた曲が琴線に触れたならば、その後もお気に入りアーティストとしてリピートする事も稀にあります。 いつも通り朝に車でラジオを聴いていたのです […]

NicoBox
NicoBoxは無料で合法的に常に新しい音楽が聴ける神アプリだ

2015年3月末にニコニコ動画の音声再生に特化した Android の公式アプリが公開されました。この NicoBox、こんなアプリを待ってた!というくらいに実に素晴らしいものだったのでレビューします。 目次1 Nico […]

ヘッドホン
新しい同人音楽に出会いたいなら「同人音楽超まとめ」しかないよ

アマチュア音楽家が集って自ら制作した CD を持ち寄りフリーマーケットのように頒布するイベントが年に数回開催されています。一番有名どころで言えば、コミックマーケット。音楽専門のイベント M3 などがあります。 毎回100 […]

進む音楽離れ、近い将来音楽の需要はなくなるかもしれない

音楽 CD が売れなくなり音楽業界が縮小、音楽不況と言われるようになって私達に取り巻く音楽の状況も変わってきました。その一つが定額制音楽配信サービスです。Google Play Music、Apple Music、LIN […]

oto
坂本龍一のピアノCD新譜が出なくて嘆く人におすすめのアルバム

私は坂本龍一氏が手掛ける音楽が好きで、その中でもピアノ曲は特に好きです。一番最初に知った坂本龍一のピアノ曲は、当時ヒーリング音楽のブームの火付け役となった「ウラBTTB」です(1999年リリース)。ここから坂本龍一のピア […]

Sachikoのブレスの入れ方、Sachikobushiの使い方 – VOCALOID4

2015年7月末、小林幸子さんの声を基に開発された VOCALOID、Sachiko が発売されました。(ダウンロード版先行) VOCALOID4 Library Sachiko 小林幸子さんと言えば紅白歌合戦での豪華で […]

著者について

名前:Azell
作曲したり風景写真撮ったりWeb制作したりする人です。 好きな事を楽しくブログに綴れていけたらと思います。

フォローはこちら

       

       
Aipo8.1.1オープンソース版で2018年の祝日設定を行う(さくらのVPS)

オープンソース版の無料グループウェア「Aipo」のサポートが2

タイヤのホイールナットが緩んで紛失、1個で買う方法はあるか

車の発進時や曲がる時にわずかなゴリッという音がする事に気づいて

高速道路
高速道路の上りと下りってどっち方面?全国高速道路総まとめ

高速道路には進行方向によって「上り」と「下り」という表現があり

名古屋久屋大通(丸の内)の「Cafe One」で居心地良い空間でおうちごはんランチ

名古屋観光で名古屋テレビ塔と久屋大通公園を見に行った際にランチ

豊田合成リンク
名古屋栄の豊田合成リンクで氷じゃないスケートリンクで滑ってきた感想

名古屋市の栄に氷じゃないスケートリンクがあるという話を連れに聞

→もっと見る